コート

メゾンブランドのクラシックなコート。
新しい時代に欲しいもの。02

2020.11.11

先行きが不透明なこれからの時代に、手に入れたくなるものとはなんだろう。それはきっと、体だけではなく、心にもフィットするもの。晴れやかな気分になる、自信がわいてくる、足取りが軽くなる……。新しいエッセンシャルなアイテムが、前向きな自分像をつくり上げる。

不確実性の時代に手にしたいのは、確かな価値を有する一着。だからこそ、クオリティーに信頼を置けるメゾンブランドをのぞいてみたくなる。そうすれば、見つかる。直感的に着たくなる、オーラをまとったコートが。どれもクラシックが根底に根付いているから、着こなしに難しさはない。そのうえで、モードなアレンジにより、 ほかにはない個性を発揮。もう買い物を控えてはいられない。

PRADA(プラダ)

写真・図版
¥805,000 (予定価格)/プラダ(プラダ クライアントサービス 0120-45-1913

プラダらしい無駄のないミニマルなデザイン。それにより、カシミヤメルトン素材の上質さや流麗なAラインシルエットが際立つ。どんなふうに着こなそうか、想像は無限大に広がる。ダブルブレストのボタン位置の設定が高いため、視覚的にスタイルアップの効果も期待できそう。

DIOR(ディオール)

写真・図版
¥440,000(参考価格)/ディオール(クリスチャン ディオール 0120-02-1947

男らしいトレンチコートにアレンジを加えて、モードの感性を表現。特徴的なのはレザーをあしらったダブルカラー。馬鞍(うまくら)から着想を得た、サドルをモチーフとしたフラップも襟と同じレザーで目を引く。長く愛用して、くたくたになった姿も格好いいに違いない。

DUNHILL(ダンヒル)

写真・図版
¥600,000/ダンヒル(ダンヒル 0120-914-675

その名も“キモノコート”。日本の着物からインスピレーションを受けたデザイン。ウエストのベルトを巻くと、ドレープの美しいシルエットが浮かび上がる。サイドの深いスリットにもオリジナリティーが。素材はやわらかなカシミヤで、体をふんわりと包み込む。英国ブランドの意欲的な作である。

JIL SANDER +(ジル サンダー+)

写真・図版
¥275,000/ジル サンダー+ バイ ルーシー アンド ルーク・メイヤー(ジルサンダージャパン 0120-919-256

ルーシー&ルーク・メイヤー夫妻がクリエイティブディレクターを務め、メインコレクションを補うラインとしてスタートしたジル サンダー+のダッフルコート。素材はメルトンで、トグルには水牛の角を使用。クラシックを極めた一着。

<<新しい時代に欲しいもの。01 はこちら

新しい時代に欲しいもの。03 はこちら>>

掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

「アエラスタイルマガジンVOL.48 WINTER 2020」 より転載

Photograph: Masanori Akao(whiteSTOUT)
Styling: Masayuki Sakurai , Akihiro Mizumoto
Hair & Make-up: Masayuki(The VOICE)
Edit & Text: Kenji Washio

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  2. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  3. 写真・図版

    リモートワークに便利な一着。
    ポロニットを選ぶときの条件は!?

    AERA STYLE MARKET

    2023.02.01

  4. 写真・図版

    帽子の裏歴史と意外と語られないコーディネートの基本
    ファッショントレンドスナップ171

    カジュアルウェア

    2023.01.31

  5. 写真・図版

    リゾートに革命を起こしたレジェンド
    日本に旅館をつくる
    【センスの因数分解】

    週末の過ごし方

    2023.02.01

紳士の雑学