特別インタビュー

俳優・町田啓太、共に育ちゆくモノたちと。

2020.11.19

写真・図版
スペイン王家愛用のレザーメゾンとしても知られるロエベ。今季は定番のバッグに加え、カリフォルニアを連想させる鮮やかな色使いが特徴の“ケン・プライス カプセルコレクション”を発表。ロエベが得意とするマルケトリー製法(パズルのように革パーツをはめ込み柄を完成させる)を駆使したバッグは特に注目品。リュック(右)¥290,000、ヒールポーチ(中)¥146,000、スリングバッグ(左)¥172,000、カーディガン¥112,000、パンツ¥84,000、スカーフ¥28,000/すべてロエベ(ロエベ ジャパン クライアントサービス 03-6215-6116

今年30歳を迎え、その演技に深みを見せている俳優の町田啓太さん。時間を掛けてつやを増すという意味では、上質なレザーグッズに通じるポテンシャルだ。豊かな伸び代を誇る両者の共演を、ぜひじっくり味わい尽くしていただきたい。

上質なレザーアイテムを選ぶということ

今回撮影において新作のバッグやシューズを手に、町田さんにはいろいろとポーズを取っていただいた。昨今、格段の成長を見せる新進俳優とレザーグッズ。ともに時を経て深い味わいを見せるモノということで、〝革〞にまつわるお話を同時に聞いてみた。

「革は非常に好きな素材のひとつです。靴にしても鞄にしても、長く付き合っていけるところが特徴的。また、プライスが比較的張ることもあり、購入の際に決断が必要です(笑)。それだけに手に入れた後、いろいろ振り返ることができます。その時々の感慨を込められるところも、革製品の特別な部分だと感じます。役者にとって思い出や経験は非常に大事な財産。役作りの取っ掛かりとして、自分の中に多くの経験や感情があることで、演じたときにリアル感や深みを加えていけるわけですから」

町田さんが愛用している革製品には、どんなものがありますか?

「いろいろ持っていますが、思い出深いものと言えばブーツでしょう。オブリークトウ気味のユニークなデザインの一足ですが……

この続きはアエラスタイルマガジンVol.49で。
ここでは見られない写真も多数掲載!
購入はコチラから>>

町田啓太(まちだ・けいた)
1990年生まれ。劇団EXILEのメンバー、俳優。テレビ東京 ⽊ドラ25『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』、映画『きみの瞳が問いかけている』に好評出演中。12/10にはNetflixオリジナルシリーズ『今際の国のアリス』の全世界配信も控えている。

Photograph:Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC)
Styling: Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make-up: Kohey
Text: Tsuyoshi Hasegawa(TRS)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    サステイナブルなバッグコレクションの最新作。
    ロンシャンならではの職人技が光る、
    都会的でシックなコレクション。

    バッグ

    2021.06.07

  3. 写真・図版

    八ヶ岳で“避暑ワーケーション”のすすめ。
    仕事後は日本ワインと絶品イタリアン。

    週末の過ごし方

    2021.06.11

  4. 写真・図版

    心まで洗われるようなピュアホワイトがまぶしい、
    サントーニのスニーカー。

    2021.06.10

  5. 写真・図版

    革靴に匹敵するクオリティを追求!
    サイドゴアブーツタイプの
    レインシューズ「防水 誠十郎」が発売。

    2021.06.01

紳士の雑学

調べ・見立て