週末の過ごし方

牡牛座“新世界”を生き抜くには?
財力開運アカデミー2021<上半期>

2020.12.28

Holy

保守的だった厳格な王を、天才肌の若き王子が倒し、世代交代する。それが2021年上半期の世界のイメージ。そのストーリーは、2020年12月22日にすでにスタートしている。古い因習が壊され、新常識が生まれているいま、始まったばかりの“新世界”をどう生き抜くべきか。タロット&西洋占星術研究家のHolyが、人類未開の地の歩き方を、不安への処方箋とともに送り届ける。

牡牛座

4月20日~5月20日

写真・図版

【2021年上半期の運勢】
変革期のクライマックスを迎える

まだまだ続く、牡牛座の変革期。2021年上半期もその様相は変わらずで、「人生で本当に得たかったものは何か」という“本来そうなりたかった姿”が、むくむくと湧いてくる暗示。守護星を金星にもつ牡牛座の素顔は、「豊かさに浸って生きる」こと。ならば「自分は何を豊かだと感じるのか」、その価値観や美意識を3月までにしっかり見極め、アップデートしておきたい。

そんな心の変容と無関係に、仕事面でスポットライトを浴びつづけるのが2021年。以前から希望していたポジションに大抜擢されたり、研鑽(けんさん)を積んできた分野でブレイクするなど、キャリアアップは確実。注意すべきは、巡ってくるチャンスが玉石混交ということ。先述の“豊かさの基準”から外れるものはきっぱり断ってOK。忙しいだけにその判断をスピーディーに下す必要があり、改めてその基準をきっちり明確にしてしておきたい。

多忙ぶりと並行して収入もアップ。楽しみごとは削らず、牡牛座らしく潤沢な資金を有効に使うことで、運が巡っていく。

【不安を溶かすエナジーワーク】

変革期真っ最中なだけに、理由もなく不安を感じやすい2021年。そこでおすすめなのが、「香りをまとう」こと。その際「自分は宝石の原石であり、香りによって磨かれ、さらに邪気から守られる」というイメージを抱くといい。香水だけでなく、アロマキャンドルをともす、お香をたくなども効果あり。

【上半期の流れ】

1月:協力者が現れる
2月:人に相談すると運気アップ
3月:ひとりで考える時間を
4月:チャンスが巡ってくる
5月:多忙を極める
6月:さらに価値観が変わる

プロフィル
Holy/タロット&西洋占星術研究家
幼少から天体物理学、量子力学、ギリシャ神話、西洋占星術、タロットリーディングに興味を持ち、独自の研究を重ねる。アイルランド本校の魔女学校にてその才能を爆発的に開花。趣味は人の話を聞くこと。

<星座一覧はこちら>

Illustration:Kenji Asazuma
Edit:Tomoko Komiyama

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ネクタイでスーツの表情が変わる。
    結び方の代表的な種類を解説

    スーツ

    2021.04.02

  2. 写真・図版

    「ティファニー@キャットストリート」限定!
    ティファニーのコンセプトストアの
    レザーグッズに新色が登場。

    小物

    2021.04.07

  3. 写真・図版

    いまさら…な人のためのゴルフ入門
    GEAR 002 ファッション性と機能性を両立
    [先輩ゴルファーも認める ウエア&グッズを選ぶ。]

    カジュアルウェア

    2021.04.08

  4. 写真・図版

    視線を上げれば、そこはカリフォルニア!
    逗子で見つけた最強ワーケーションホテル。

    週末の過ごし方

    2021.04.09

  5. 写真・図版

    スラックスとは?
    メンズのスマートなコーディネートを解説

    スーツ

    2021.04.08

紳士の雑学

調べ・見立て