週末の過ごし方

射手座“新世界”を生き抜くには?
財力開運アカデミー2021<上半期>

2020.12.28

Holy

保守的だった厳格な王を、天才肌の若き王子が倒し、世代交代する。それが2021年上半期の世界のイメージ。そのストーリーは、2020年12月22日にすでにスタートしている。古い因習が壊され、新常識が生まれているいま、始まったばかりの“新世界”をどう生き抜くべきか。タロット&西洋占星術研究家のHolyが、人類未開の地の歩き方を、不安への処方箋とともに送り届ける。

射手座

11月22日~12月21日

写真・図版

【2021年上半期の運勢】
相棒に支えられ、自分を取り戻す

革新の時代の幕開けを誰よりも敏感に感じ取り、「古い価値観からの脱皮」と「新常識へのアップデート」を辛抱強く実践してきた射手座にとって、2021年はようやく訪れる飛躍の年。ただそれを上手にコントロールしてくれる右腕の存在が必要で、年明け早々からその人物探しに目を配っておきたい。

おそらく、そのキーマンのチャームポイントは「天然の明るさ」。振り返ると2020年は、チャンス→後退→チャンス→後退の繰り返しで、自信を失ってしまった射手座も多いはず。そのムードを断ち切ってくれるムードメーカーの存在が不可欠となる。

あとは思うがままに進むのみ。IT、医療関係、不動産分野に目を向けると道が開ける可能性大。また、自分の思想を言語化して人に伝えていくのも吉。その何げない言葉に背中を押されたり、勇気づけられた人々から意外なオファーが来ることも。これからの時代に必要な「グレーゾーンで生き抜く力」を共有できる仲間が集結し、本来の射手座らしさ=「知性と行動を共存させる力」がさらに磨かれていく。

【不安を溶かすエナジーワーク】

2020年は厳しい年だったと感じる人ほど、意識してほしいのが「罪悪感を手放すこと」。冒険をモットーとする射手座にとって、行動が制限されがちないま、つらさを抱えるのは当然のこと。ある程度は時代のせいにすることを覚えて、とにかく心をラクにすること。実際に手を閉じたり開いたりして“手放す”というイメージトレーニングを行うのも有効。

【上半期の流れ】

1月:神から啓示が降りてくる
2月:日常に旅を採り入れると吉
3月:運動がラッキーアクション
4月:お茶の時間を大切に
5月:一気に仕事モードへ
6月:意外な人と意気投合する

プロフィル
Holy/タロット&西洋占星術研究家
幼少から天体物理学、量子力学、ギリシャ神話、西洋占星術、タロットリーディングに興味を持ち、独自の研究を重ねる。アイルランド本校の魔女学校にてその才能を爆発的に開花。趣味は人の話を聞くこと。

<星座一覧はこちら>

Illustration:Kenji Asazuma
Edit:Tomoko Komiyama

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ネクタイでスーツの表情が変わる。
    結び方の代表的な種類を解説

    スーツ

    2021.04.02

  2. 写真・図版

    「ティファニー@キャットストリート」限定!
    ティファニーのコンセプトストアの
    レザーグッズに新色が登場。

    小物

    2021.04.07

  3. 写真・図版

    いまさら…な人のためのゴルフ入門
    GEAR 002 ファッション性と機能性を両立
    [先輩ゴルファーも認める ウエア&グッズを選ぶ。]

    カジュアルウェア

    2021.04.08

  4. 写真・図版

    視線を上げれば、そこはカリフォルニア!
    逗子で見つけた最強ワーケーションホテル。

    週末の過ごし方

    2021.04.09

  5. 写真・図版

    スラックスとは?
    メンズのスマートなコーディネートを解説

    スーツ

    2021.04.08

紳士の雑学

調べ・見立て