特別インタビュー

俳優・大野拓朗、美しい神戸建築の旅へ。

2021.03.23

写真・図版
ジャケット¥110,000/バブアーフォー マーガレット・ハウエル(アングローバル 03-5467-7864)、ベスト¥13,000/エストネーション(エストネーション 0120-503-971)、Tシャツ¥15,000/チルコロ 1901、パンツ¥25,000/ブリリア 1949(ともにトヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-55678)、腕時計¥1,060,000/ゼニス(LVMH ウォッチ・ジュエリージャパン ゼニス 03-3575-5861)、バッグ¥95,000/ハンティング・ワールド(ハンティング・ワールド青山店 03-3486-8818

洗練された和洋折衷が織りなす港町で
受け継ぎ紡がれてきた物語に出合う。

「神戸は何度も訪れています。明治維新や文明開化を感じられる建物の雰囲気が大好きです」

異国情緒あふれる神戸は、俳優・大野拓朗さんにとって心地いい場所のひとつだった。

「旧乾家住宅の門をくぐって見えた重厚感のあるたたずまい、シャンデリアに高揚しました。いつか僕の家にも欲しい!と思ったのは、旧グッゲンハイム邸のようなサンルーム。住宅街に歴史的建造物があるってすごいことですよね。孫文記念館の海辺の爽やかな光が入る窓も気持ちよかったですし、オリエンタルホテルは優雅で雰囲気もよく、神戸建築はどこも大切に守られてきたのだと感じました」

写真・図版
コート¥65,000、シャツ¥20,000/ともにランバン オン ブルー(ジョイックスコーポレーション 03-5213-2532)、パンツ¥38,000/チノ(モールド 03-6805-1449)、ソックス¥3,400/パンセレラ(真下商事 03-6412-7081)、シューズ¥65,000/パラブーツ(パラブーツ 青山店 03-5766-6688)

大野さんは一昨年の12月から、新たな挑戦と夢を実現させるためニューヨークに留学していた。バイタリティーあふれ、古き良き伝統を継承する文化のあるニューヨークは彼にとって刺激的でもあり、あらためて日本の良さを振り返るきっかけもくれた。

「日本映画では情緒を“間”で表現するのですが、それはほかの国にはない日本のいい文化なんです……

この続きはアエラスタイルマガジンVol.50で。
ここでは見られない写真も多数掲載!
購入はコチラから>>

大野拓朗(おおの・たくろう)
1988年、東京都出身。2009年に第25回ミスター立教に選出。10年に俳優デビュー。NHK連続テレビ小説や大河ドラマに出演するなど、映画やドラマ、CMなどで幅広く活躍。21年8月~東京・名古屋・大阪・博多と全国主要都市で公演のブロードウェイ・ミュージカル『エニシング☆ゴーズ』(原田 諒演出)にヒロインの相手役として出演予定。

Photograph: Yuji Kawata(Riverta Inc.)
Styling: Masahiro Tochigi (QUILT)
Hair & Make-up: Maki Morioka
Text: Tomoko Komiyama

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ145
    夏の定番スタイルをオシャレに激変させる究極の一撃!
    その必殺技アイテムの使い方を解説。

    カジュアルウェア

    2022.06.20

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ144
    レザースニーカーの新エースは、オン・オフ使える二刀流。
    おまけにイタリア生まれでコスパ最強!?

    カジュアルウェア

    2022.06.14

  3. 写真・図版

    日本焼肉、ここにあり!
    銀座の夜に、新しい大人の選択肢が登場。

    週末の過ごし方

    2022.06.23

  4. 写真・図版

    【目覚めの一発】義務化しないことが習慣への道
    10年後の自分を幸せに! 日々の生活に採り入れる簡単ストレッチ

    週末の過ごし方

    2022.06.24

  5. 写真・図版

    俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
    #02 フレッド

    小物

    2022.06.22

紳士の雑学