週末の過ごし方

日常のラグジュアリーなパートナーに
香りを記憶として刻む【香水とVゾーン #3】

2021.04.14

誰かとのコミュニケーションを意識して香りを選ぶことは必要だが、一方で、自分だけの楽しみとして香りを我儘に選ぶことも忘れてはいけない。とりわけワークスペースは一日の大半を過ごす場所だからこそ、こうしたささやかな豊かさに満ちていてもよいのでは? デスクまわりを整えたりステーショナリーを新調するのもいい。さらなる気分転換にはお気に入りの香りの相棒を。アイリスの豊かな香りが重なる『フロレンティーン アイリス』をシュッとひと吹き。優雅なベールに包まれ気持ちが上がる。

同系色でまとめたこなれ“Vゾーン”に忍ばせた香りは、自分だけでなく周りをも心地よくしてしまう。

男性に香らせてほしい5つの香水のなかから、ビジネスパートナーにふさわしいひと品を。集中力アップしたあなたに、女性は印象のスイッチを入れ直すだろう。

センスのよさを印象づける、仕立てのよい香り

研ぎすまされた感性で独創的な香りの世界を築く「エルメネジルド ゼニア」。世界中の厳選された原材料から抽出され、貴重な成分で構成される洗練された香りは、ひとつひとつが独特の個性と深みを有する。素材と調香に贅(ぜい)を尽くし真のラグジュアリーを極めている。

写真・図版
フロレンティーン アイリス100ml¥31,900/エルメネジルド ゼニア

柔らかで豊かな三種のアイリス、強いバイオレットにブランド独自のベルガモットが明るくはじけるように香り立ち、深みのあるやさしいウッディ フローラルが包み込む。「ほどよい男らしさ」と「洗練」と「モダニティ」、そんな表現が似合う。重厚感のあるボトルデザインとは裏腹に、爽やかさから癒やしにつながるような、女性にも好感度が高い香り。

写真・図版
写真・図版
ジャケット¥225,500、パンツ¥75,900、シャツ¥79,200、ニット¥103,400、チーフ¥20,900/すべてエルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス 03-5114-5300

アイリスを核としたフレグランスは、「エルメネジルド ゼニア」の真骨頂とも言える美しくエレガントなスーツスタイルを思わせる。振る舞いまでをも、おのずと紳士にしてしまう上質感。そこから漂う色香に、女性は甘い言葉をかけられたかのような幸福感に満たされる。そして男性自身も心地いい。

▶色香増しのアドバイス

注意力が散漫だと感じる午後、天井へ向かってひと吹き。香りをまとったフレグランスシャワーを静かに浴びて。身体からふんわりと香らすことができ、その空間も軽やかな香りで包み込む。集中力回復とともに、素敵イメージもこっそりサポートしてくれるはず。

※掲載した商品はすべて税込み価格です

問/エルメネジルド ゼニア(ゼニア カスタマーサービス)03-5114-5300

プロフィール
狩野明日香(かりの・あすか)
ファッション企画を中心に活動中のエディター兼キッズファッションスタイリスト。美容にまつわるネタが好きで、最近は男性美容にもアンテナを。フードコーディネーターとしてレシピ本製作にも携わる。近い目標は酒蔵巡り。プライベートでは2児のママ。

Photograph & Movie: Yuji Kawata(Riverta Inc.)
Styling: Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make: Yurie Taniguchi
Edit & Text: Asuka Karino(keynine)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    1970年代と“いま”をつなぐ、
    オニツカタイガーのスニーカー。

    2021.06.22

  3. 写真・図版

    より開かれたパブリックな建築へ。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【後編】

    週末の過ごし方

    2021.06.22

  4. 写真・図版

    こと足りてないのがこれからのぜいたく。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【前編】

    週末の過ごし方

    2021.06.16

  5. 写真・図版

    昨年登場し大ヒット!
    梅雨の季節に使いたい、
    マッキントッシュのおすすめアイテム。

    小物

    2021.06.17

紳士の雑学

調べ・見立て