カジュアルウェア

ファッショントレンドスナップ 118
97年前のパリオリンピックのころのスーツを着こなす激レアさんに銀座で遭遇。
いまマニアックなスーツが再注目されるわけとは?

2021.09.17

写真・図版

ディテールを見ていくと現代のスーツにはないデザインをいくつか発見。まずは、上着の袖口ですが折り返しになっています。これは、ブリティッシュスタイルのスーツに見られたデザインでターンナップカフと呼ばれるもの。

生地は、V字の織り模様が特徴的なヘリンボーン柄のツイード。「実はこの生地は、北海道で育った羊の毛を使い、国島という生地メーカーが織り上げた純国産ツイード生地です。国島は、創業が1850年という日本の毛織物業の草分け的なところで、現在もその生地は国内だけでなく、海外の有名ブランドから指名買いされるほどのクオリティーを誇っています。そこが、今回原毛から国産にこだわり、昔ながらの織り機でゆっくりと織り上げ、初の純国産ツイードを作ったのです」と大西さんの熱い解説。

写真・図版

国島の純国産ツイードは、ジェイ シェパーズ というシリーズ名が付けられていて、その生地見本帳がこちら。本場スコットランドのものとはまたひと味違う存在感と着心地が味わえるのが特徴。

この生地を使って1920年代のブリティッシュデザインを再現したのが大西さんのスーツというわけで、ここまでこだわった激レアスーツは、本場サヴィル・ロウでもなかなかお目にかかれないはず。

写真・図版

背中は、見てのとおりの複雑なデザイン。中央に織り込まれたひだがあり、ウエスト部分にはベルトのような帯が付いています。こうしたディテールは、デザインとして付いているものではなく、上着のボタンを留めたときに体にフィットしながらも、スムーズに動けるようにするためのものだったのです。これらは、いまのアウトドアウエアの機能的なデザインのルーツだとか。

次ページクラシックでエッジィなものが再評価!

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
    スタイリスト 佐藤 魁さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.09.16

  2. 写真・図版

    ローマの旅路動画を公開!
    アンバサダーである山下智久が、
    ブルガリ本店&工房を訪問。

    週末の過ごし方

    2022.09.12

  3. 写真・図版

    黒スーツ(ブラックスーツ)はビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2022.09.16

  4. 写真・図版

    「ポアール・デ・ロワ」のフルーツソルベ
    自慢の手土産 #98

    接待と手土産

    2022.09.21

  5. 写真・図版

    岩井千怜、川崎春花、尾関彩美悠 新ヒロイン続々誕生の一方で、
    ベテランが抱く思い「あと何回ゴルフが……」。

    週末の過ごし方

    2022.09.26

紳士の雑学