スーツ

オンライン面接で好印象を与える服装とは?
着こなしの注意点やマナーを解説

2021.11.02

写真・図版

オンライン面接は対面での面接と状況が異なるため、服装に悩む人は多いはず。自宅で面接を受ける場合においても、採用担当者に好印象を与える着こなしを心がけることが大切です。オンライン面接におけるコーディネートのポイントを押さえて選考に臨みましょう。この記事では、オンライン面接の需要が高まっている背景や服装のマナー、コーディネートのポイント、おすすめのブランドなど紹介します。

コロナ禍で増えるWEB面接

写真・図版

新型コロナウイルスの流行以来、テレワークが広く社会に浸透しており、その流れで面接もオンライン上で行うケースが増えています。自宅やサテライトオフィス、コワーキングスペースなどで仕事ができるテレワークを活用すれば感染拡大のリスクを軽減。多くの会社が、テレワークを導入することで社員だけでなく社会全体の安全と健康を守ろうとしているのです。

感染拡大の予防以外にも、テレワークは会社にとってさまざまなメリットがある勤務形態です。例えば、毎日オフィスに通う手間が省けるため、従業員は自由に使える時間を増やすことができます。ワークライフバランスが向上し、余裕のある精神状態で働けるようになることで生産性の向上が期待されそうです。また、災害が起きて出勤できなくなったときも、テレワークが普及していれば平常どおり業務を続けられます。不測の事態に備えるリスクヘッジとして、テレワークは現代社会で広く受け入れられはじめているのです。テレワークが当たり前になった社会において、オンライン面接というスタイルが広く採用されているのは当然の流れといえるかもしれません。

オンライン面談における服装のマナー

オンライン面接では、服装が指定されている場合がありますが、そうでない場合も多いものです。在宅で実施されることも多く、何を着ればよいのか迷う人も多いのでは? まずはオンライン面接に臨むときの基本的な服装マナーを押さえておきましょう。

たとえ服装が指定されていなくても、部屋着などで面接に臨むのはもちろんNGです。能力をアピールする以前に、横着でだらしない人間だと判断される恐れがあります。オンライン面接の服装に迷ったときは、通常の面接と同じようにスーツを選ぶのが無難です。場合によっては堅すぎる印象を与える恐れがありますが、だらしない印象を与えるよりは遥かによいです。

オンライン面接で画面に映るのは上半身のみですが、自分の気持ちを切り替える意味でもきちんと上下で服装を整えることが大切です。相手に敬意を表して服装を選べば、それが受け答えの態度にも表れるはず。ただし、スーツよりもビジネスカジュアルのようなスタイルが望ましい場合もあるので適切に見極める必要があります。はじめから私服が指定されているときは、きちんとした印象が与えられる清潔なシャツなどを着るのが賢明です。服装自由の場合はなるべくジャケットをはおり、不安であればスーツを着るのがおすすめです。

オンライン面談での服装の例、コーディネートのポイント

写真・図版

オンライン面接では、相手と直接顔を合わせないからこそ服装にしっかり気を配りたいところです。オンラインだからといって気の抜けた格好をしていると採用担当者の印象が悪くなる可能性が高いので、好印象を与えられるコーディネートのポイントを押さえておきましょう。ここからは、オンライン面接における服装のポイントについて解説します。

スーツはダークトーンがおすすめ

オンライン面接でスーツを着る場合、オーソドックスなダークトーンを選ぶのが賢明です。チャコールグレーやダークネイビーのスーツには誠実で真面目なイメージがあるため、オンライン面接でも積極的に活用したいものです。ただし、就活生がよく着るようなブラックスーツはビジネスシーンには適しません。また、画面全体が暗くなって顔の印象も陰気になるため、暗すぎるコーディネートは避けたほうが賢明でしょう。

シャツは白無地が定番

スーツを着てかっちりとした印象を与えたいときは、シャツも定番の白無地で手堅くまとめることをおすすめします。ワイドカラーやレギュラーカラーなど、定番の襟型を選べば誠実な印象が強まります。ストライプやチェックなどの柄物のシャツはあまり面接向きではないので注意が必要です。ネクタイも無地やレジメンタルストライプなど、オーソドックスなデザインにするのが適切です。オンライン面接ではVゾーンの存在感が強くなるため、奇抜な印象を与えるコーディネートはおすすめできません。スーツには白無地シャツにネイビーのネクタイを合わせるなど、統一感のあるコーディネートで好感が持てる雰囲気を演出しましょう。

服装自由ならジャケパンスタイルもあり

志望している企業が比較的カジュアルな社風なら、ジャケパンスタイルでオンライン面接に臨むのもひとつの方法です。ジャケットは清潔感に配慮し、フケやホコリ、シワがついていないか確認しましょう。インナーは爽やかな明るいトーン、ジャケットはネイビーやグレー、ベージュなどの色がおすすめです。汎用性の高いグレーのセットアップなどを採り入れるのもよいでしょう。

私服指定なら清潔感のある服装を

オンライン面接で私服が指定されている場合、スーツだと不自然な印象を与える恐れがあります。とはいえラフな印象を与えるのも避けたいので、なるべく清潔感のあるきっちりとしたコーディネートを心がけてください。基本的にはシャツを着用し、シンプルな服装で真面目な雰囲気を演出しましょう。シャツの色は白やサックスブルー、ピンクなどの明るいトーンを選ぶと爽やかな印象になり、ダークトーンを選んだ場合より表情も明るく見えます。カーディガンやセーターなどを上にはおって知的な雰囲気を演出するのもおすすめですが、オーバーサイズなどのだらしないシルエットのものは避けてください。

次ページ2ページへ

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    メンズのダウンジャケット選びで
    知っておきたい15ブランドとは?

    カジュアルウェア

    2021.11.25

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ125
    ユニクロから、デザイナー ジル・サンダーとコラボした+Jがついに本日発売!
    イチ推しはオン・オフで使えるダッフルコート。

    カジュアルウェア

    2021.11.12

  3. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階
    紳士靴 副店長 那須一樹さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2021.11.26

  4. 写真・図版

    ヒルトングループが初めて京都に!
    アジア初進出のリゾートホテル
    「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」が誕生。

    週末の過ごし方

    2021.11.11

  5. 写真・図版

    マフラー選びで知っておくべき人気ブランド20選

    小物

    2021.11.18

紳士の雑学