接待と手土産

「明神水産」の藁焼きたたき
すべて実食! 自慢の手土産 #71

2021.10.14

香りとうまみのために欠かせない生産者の思い

この自慢の藁焼きに欠かすことのできないのが、根元で刈られた長い藁だ。大人の腕でひと抱えほどの束を、年間で2万5000束以上も消費する。そのため、毎年、稲刈りの時期になると、主に山間部にある契約農家をスタッフが訪ねて、藁を干したり、束ねたりする作業を手伝いながら、トラック一杯に積んで会社へ戻る。

ただし、水も空気もきれいな山間部は農作業には過酷な環境。高齢化とともに休耕田が増える状態が続いている。休耕田が増えると、藁の生産が減るだけでなく、雑草が生えることで害虫が増え、周囲の田にも悪影響がある。そこで明神水産は自ら米を作るプロジェクト「明神ファーム」をスタートさせた。

荒れた棚田を再び耕し、稲を植える。藁の乾燥に使う「稲木」など、 古くから行ってきた農作業の方法を教えてもらいながら、良いものは継承する。たたきのために始めた活動は、いま、地元の人々の協力を得ながら「美しい風景と、継続できる暮らし」を創るサステイナブルな活動へと進化しつつある。

海の鰹と山の藁、どちらが欠けても成り立たない、高知の海と山の恵みを享受した藁焼きたたきには、一本釣りの漁師、山間の農家、そして明神水産のスタッフたちの想いが詰まっているのだ。

写真・図版

明神水産
高知県幡多郡黒潮町黒潮1
価格/藁焼き鰹たたき1節セット3456円、2節セット5616円など(税・送料込み)
問/0880-55-2800
https://www.myojinsuisan.com/

<<自慢の手土産 #70 「瀬戸内ジャムズガーデン」のローズクラウン はこちら

過去の手土産の記事はこちら

Edit & Text:Yuka Kumano

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ145
    夏の定番スタイルをオシャレに激変させる究極の一撃!
    その必殺技アイテムの使い方を解説。

    カジュアルウェア

    2022.06.20

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ144
    レザースニーカーの新エースは、オン・オフ使える二刀流。
    おまけにイタリア生まれでコスパ最強!?

    カジュアルウェア

    2022.06.14

  3. 写真・図版

    日本焼肉、ここにあり!
    銀座の夜に、新しい大人の選択肢が登場。

    週末の過ごし方

    2022.06.23

  4. 写真・図版

    【目覚めの一発】義務化しないことが習慣への道
    10年後の自分を幸せに! 日々の生活に採り入れる簡単ストレッチ

    週末の過ごし方

    2022.06.24

  5. 写真・図版

    俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
    #02 フレッド

    小物

    2022.06.22

紳士の雑学