週末の過ごし方

ピッティで見た、ファッションとサステイナブルのゆくえ。

2022.02.14

ピッティで見た、ファッションとサステイナブルのゆくえ。

101回「ピッティ・イマージネ・ウオモ」トレード・フェア(以下ピッティ)が、111日よりフィレンツェのバッソ要塞にて開催された。コロナ後のリアル開催2回目を終え「この3日間、盛況のうちに無事終了したことを関係者の皆さまに心より感謝申し上げます」と語るラファエロ・ナポレオーネ会長による関係者をねぎらう閉会あいさつには特別な重みがあった。

というのはオミクロン株が1月初頭から荒れ狂い、フェア初日には1日の感染者数が22万人という数値に跳ね上がってロックダウン寸前の事態であったからだ。会場は土壇場になってメインイベントやブルネロ クチネリなど約60社ものキャンセルが相次ぎ、関係者は対応に追われながら戦々恐々と現場に臨んだのであった。

幸いにもふたを開けてみたら出展社数548ブランド(海外企業30%含む)で前回比38%増、総来場者数も約8000人を超え同33%増、そのうちバイヤーは4900人でヨーロッパを中心に約60カ国からの参加数を記録。冬の青空に縁取られた派手な特設ブースが広場のそこかしこを彩り、前回よりも活況に満ちたフェアとなった。そんななか、今回群を抜いて目立ったのがサステイナブルに特化した新興ブランドの台頭である。

1050_STL5914
入場には事前予約とグリーン・パス提示、FFP2マスクが義務付けされ、チェック後は証明書代わりに毎日色違いのブレスレットを配布。各ブース入場時にもチェックを受けるが、前回開催よりずいぶんスムーズに。

合言葉はリサイクルとサステイナブル

会場の広々とした中庭には、サステイナブル・ブランドの派手なブースが林立する。「地球環境を守るために服をつくる」スペインのEcoalf、その向かいには環境保護とアニマル・フリー100%で急成長し、今年創業10年目を迎えたイタリアのSave The Duck。社会責任とサステイナブルを目指すドイツのMarc’Opolo、サステイナブル経営のパイオニアHernoの大ブースは前回同様のポジションに鎮座しシルバーミラーに輝いている。コロナ前とは大きく様変わりした光景である。

1050_STL6302
2021年は前年度比売上37%増の4800万ユーロと順風万歩な10周年を迎えたセイブ・ザ・ダック。
1050_STL6292
創業者の子息誕生時に、次世代の未来のために立ち上げたというエコアルフ。海洋廃棄物回収、研究開発などにも熱心で2020年には世界経済フォーラム系シュワブ財団より服飾界初のソーシャルイノベーター賞を受賞。
1050_STL6000
今回はサステイナブル・エリアも大きく取り扱われ、国内外からスタートアップブランドが結集。エコ、サステイナブル、ハイテク素材、リサイクル、インパクト・ゼロ、ハイブリッドなどのキーワードが飛び交う。

「グリーン・モーダ」は足かせか金脈か

クラシコ系が主流のメインパビリオンでもサステイナブル系のブースは目立つ。ハイテク&エコ素材で2023年は売り上げ2000万ユーロを見込むPeaple of Shibuya、2年前からサステイナブルと機能デザインの融合を目指し、今回も飛躍的な商品展開を見せたピクアドロなど、コロナ下でも順調に成長しているブランドだ。いずれもグローバル市場相手にAI導入やD2Cを徹底するなどイノベーションに抜かりがないのは言うまでもない。

その背景には、世界のデジタル化の加速に加えて、「グリーン・モーダ」をキャッチフレーズにEU委員会や各国がコロナ下に次々と発布している最重要課題の「掟」がある。既存のアパレル企業の多くはその対応に必死だが、それをビジネスチャンスと捉えたプレーヤーには最新の「金脈」となったわけだ。

1050_STL6408
ピクアドロはコンセプトをストレートにビジュアル化したひと際目立つユニークなブース。近年ザ・ブリッジとランセルを買収し2月にはミラノ証券取引所に上場。

ヨーロッパのファッション業界に課せられた、まったなしの体質改善

その「掟」とは環境保護のための循環型経済を目指して、まず2025年までに各社で廃棄物回収とリサイクルシステムを構築するなど、環境汚染の原因ワースト2と言われるファッション業界にとっては耳の痛い、構造的改革を求められる内容ばかり。

今回のピッティは各社の最新の取り組みがクローズアップされる機会ともなり、やはりビジュアル優先の新興ブランドが目立ってしまっていたが、老舗ブランドも未来を見据えたサステイナブル戦略を確実に進めていた。では実際にどのような取り組みを展開しているのか。イタリアの代表的な4社にその奮闘ぶりを聞いてみた。

次ページ2ページへ

1 2 3 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く<br>絶品つけめんに舌つづみ!<br>マッチと町中華。【第12回】

    半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く
    絶品つけめんに舌つづみ!
    マッチと町中華。【第12回】

    週末の過ごし方

    2024.04.12

  2. レザー製という意外性も新鮮<br>TUMI(トゥミ)<br>【勝負の鞄と靴。】

    レザー製という意外性も新鮮
    TUMI(トゥミ)
    【勝負の鞄と靴。】

    バッグ

    2024.04.10

  3. よりカジュアルに楽しめる!<br>本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、<br>青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    よりカジュアルに楽しめる!
    本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、
    青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    週末の過ごし方

    2024.04.10

  4. 発売を記念したポップアップストアも登場!<br>「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との<br>新作カプセルコレクションを発表。

    発売を記念したポップアップストアも登場!
    「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との
    新作カプセルコレクションを発表。

    カジュアルウェア

    2024.04.11

  5. ホテルインディゴ軽井沢で、<br>憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    ホテルインディゴ軽井沢で、
    憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    週末の過ごし方

    2024.04.15

紳士の雑学