カジュアルウェア

ファッショントレンドスナップ139
アメカジのカリスマが推す激レアなペインターパンツ。
メイド・イン・USAでまさかの低価格!

2022.04.08

500_2 IMG_6766

「このパンツは、いまでもニューヨーク州のブロンクスで、3世代にわたりペインターアイテムを生産しつづけているワークウエア会社のトレーズマンという自社ブランドのもの。形は、ペインターパンツと呼ばれるもので、その名のとおり、ペンキ屋さんが仕事のときにはくパンツです。アメリカでは、ファッションアイテムというイメージはあまりなく、作業着のイメージが強いですね。デザインの特徴は、右脚にはハンマーループやルーラー(定規入れ)ポケットが付いていること。ペインターパンツの色は、白が基本です」と塚田さんが解説。

白パンツだったのでディテールがよく見えませんでしたが、改めて見るとペインターパンツならではのディテールが見て取れますね。ヒップポケットには、クラシックなブランドの織りネームがついていますが、これがアクセントになり、全体にほどよいファッション感を出しています。

500_3 IMG_7477
ペインターパンツ¥7,700/トレーズマン(バリー ハーベスト シーズン 問い合わせはインスタグラム @barleyharvestseasonのメッセージで)
500_4 IMG_7467
パッケージされた状態で販売されているのも、アメカジ好きにはたまらない部分。いまでもニューヨークのブロンクスで作っていると右隅にプリントされていますが、よく残っていましたよね。アメリカでは奇跡的な存在、シーラカンスの生け捕り並みの衝撃です。
500_5 IMG_6789
前から見たシルエットはこんな感じ。塚田さんいわく、裾丈は短めにロールアップし、スニーカーやサンダルをスッキリ見せてはくのが気分だとか。

シルエットは、腰まわりから腿(もも)にかけてゆとりのあるアメリカンワークウエアの王道。裾幅は、ウエスト32インチ(約82cm)のもので約22.5cm。

1万円を切る低価格ながら、アメリカ生まれのワークウエアの特徴のひとつである、トリプルステッチが力のかかる部分にきちんと入っています。生地は、一般的なアメリカ製のワークブランドで使用されるキャンバスやドリル素材に比べ、ライトなコットンツイル素材を使っているので、これからの季節に最適。

塚田さんのように王道のアメカジのスタイリングから、ブレザーにボーダーTシャツというトレンドアイテムに合わせるのも面白いのではないかと思いますが、いかがでしょうか?


トレンドスナップのまとめはこちら

Photograph & Text:Yoichi Onishi

1 2 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  3. 時を駆けて、クラシックを知る。<br>─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    時を駆けて、クラシックを知る。
    ─旅する町田啓太とトッズのいい関係─

    特別インタビュー

    2024.05.10

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学