小物

俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
#02 フレッド

2022.06.22

写真・図版

女性とは違い、ジュエリーを脇役と考える男性は多いかもしれない。
だが、着こなしが華やいで気分までもアップし、
同時にさまざまなキャラクターを演じることができる。
時に男らしく、時に色っぽく、時に個性的に ――。
数々のキャラクターと向き合ってきた、
俳優・塩野瑛久が魅惑のジュエリーを自由に纏(まと)う。

写真・図版

自分らしく自由にスタイリングを楽しむ。

パリで創業したフレッドを象徴する「フォース10」は、小粋なアイデアで生み出されたコレクション。ヨットなどの連結用の金具であるシャックルをモチーフにしたバックルとケーブルのコンビネーションは、さりげなくラグジュアリーで、カジュアルさと優雅さも絶妙に融合されている。人気のブレスレットは1本でも存在感は十分だが、あえて異なる素材や色を重ね着け。リングは直線と曲線が織りなす、モダンなデザインが印象的な「サクセス」のツーフィンガーリングとスタイリング。ジュエリーに身構えてしまう男性も多いが、ビジネススタイルと違ってルールがない。だからこそ自分らしく自由に身に着けることができ、そうすることでジュエリーの可能性もより広がっていく。

写真・図版
リング(WG)30万8000円、リング(WG)58万3000円、ブレスレット上から (YG)102万3000円、(WG)50万2700円、(YG)59万700円、ピアス(WG)60万5000円/すべてフレッド(フレッド カスタマーサービス 03-6679-2011)

塩野瑛久(しおの・あきひさ)
1995年、東京都出身。2012年より俳優活動をスタート。『獣電戦隊キョウリュウジャー』『来世ではちゃんとします』シリーズ、『探偵が早すぎる~春のトリック返し祭り~』などへの出演が話題に。8月からは舞台「VAMP SHOW ヴァンプショウ」公演、9月には映画『HiGH&LOW THE WORST X』の公開が控える。

掲載した商品はすべて税込み価格です。

<<#01 カルティエ
  #03 アクレード>>

Photograph:Akira Maeda(MAETTICO)
Styling: Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make-up:Yu-suke Tokita(ECLAT)
Text:Kyoko Chikama

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学