接待と手土産

「天城軍鶏」の天城軍鶏セット
自慢の手土産 #91

2022.07.05

写真・図版

愛情たっぷりで育てられ、かみ締めるごとに深い味わい。

豊かな自然の中、平飼いで育てられ、飼育日数はブロイラーの3倍以上の110日から140日にもなる「天城軍鶏」は、触っただけで通常のブロイラーとの違いは歴然。一流シェフも認めるプロ愛用の鶏肉だ。自由に歩き回るので、当然筋肉が体に付く。そのため決して柔らかな肉ではないが、身が引き締まっていて、かみ締めるとうま味がじゅわっと口の中で広がるのだ。

丸どり一羽など、商品のラインアップはいくつもあるが、初めての人に贈るなら「天城軍鶏生肉メス(大、ガラなし)」が扱いやすい。もも、ムネ、ササミが2枚ずつ、個体差はあるがおよそ1kg前後の生肉が冷蔵の真空パックで届く。

この飛び切りおいしい軍鶏を存分に味わうには、シンプルな鍋料理がお薦めだ。この猛暑が続くなかで、鍋か、と思う人もいるだろうが、もちろん塩焼きでも、バーベキューでも文句のつけようがない。ただ鍋の場合は、肉はもちろん、うま味を吸った野菜がなんともおいしくて、余すところなく味わえるのだ。

引く手あまたのこの天城軍鶏を育てるのは、鶏舎のオーナーとしては3代目に当たる堀江利彰さん。元々は卵と食用のブロイラーを卸していたが、外国産などとの価格競争が激しくなるなかで、それなら反対においしい鶏を育てることにこだわろうと考え、比内地鶏、名古屋コーチン、薩摩地鶏の三大地鶏にも負けない鶏を目指したのが始まりだそう。

次ページ引く手あまたの軍鶏のおいしさの秘密

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学