PROMOTION

バッグ

リモワの新ブランドキャンペーン「Ingenieurskunst」で
エンジニアリングの芸術性を垣間見る

2022.09.30

写真・図版

スーツケースには旅の思い出が詰め込まれている。楽しかった記憶や旅先での新たな出会い、はたまた予期せぬトラブルも、振り返ってみれば旅の思い出だ。スーツケースに刻まれた傷もまた旅をした証し。旅のパートナーであるアイテムゆえに、長く付き合えるスーツケースは旅行者にとっての必需品と言える。

1898年にドイツで誕生したリモワは設立以来、旅人のニーズに応え、常に進化を続けているプレミアムラゲージブランドだ。伝統を守りながらも革新的な技術を採り入れることで、堅牢であり、機能的であり、そして普遍的な美しさを持つ。だからこそリモワのスーツケースは、いつの時代も旅人たちを魅了し、愛されつづけているのだ。

そんなリモワが新たなブランドキャンペーンとして「Ingenieurskunst(インジニアスクンスト)」を発表した。インジニアスクンストとはドイツ語で「エンジニアリングという芸術」という意味を持つ。このキャンペーンでは、リモワの優れた機能性を実現させるためのプロセスや素材、製造工程の「真の美しさ」を表現することを目指している。

本キャンペーンに関連して、世界中のさまざまな場所で展開されたインスタレーションを記録したのがこの動画だ。6000個のリベット、180枚の陽極酸化アルミニウムシート、そしてリモワを象徴するスーツケース「CLASSIC Cabin」のシェルから作られたインスタレーションは、どれも職人技に敬意を表したものである。

リモワのチーフマーケティングオフィサーであるエミリー・デ・ヴィティス氏は、「ドイツのエンジニアリングは、無味乾燥でテクニカルなものだとイメージされることがあります。しかし、私たちのヘッドエンジニアは“エンジニアリングとはまるで協奏曲のようなもの”だと言います。私たちは、リモワの中核をなすドイツのエンジニアリングが、真の芸術として見なされていることを示したかったのです」とコメントしている。ぜひ映像をご覧いただき、“エンジニアリング”が織りなすアートを体感してほしい。

そして、今年の725日以降に購入されたリモワのスーツケースには、全ての機能面を生涯保証する新たなサービスが付与される。これで文字どおり一生涯のパートナーとなったわけだ。やはりリモワ、こういったところが、いつの時代も旅人たちを魅了し、愛されつづけている理由なのだ。

問/リモワ クライアントサービス 072-994-5522
www.rimowa.com

Text:AERA STYLE MAGAZINE

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ 166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学