腕時計

オメガ
【~深き海へ~ 旅する腕時計。】

2022.12.09

写真・図版
オメガ「シーマスター プラネットオーシャン ウルトラディープ」
2019年の「ファイブ・ディープス探査」で地球の最深部に到達し、海でも新しい伝説を打ち立てたウルトラディープ。水深6000mまでの防水性能を備えており、オメガのパイオニア精神を象徴するモデルとして脚光を浴びている。ベゼルと文字盤、ラバーストラップの端に配された鮮やかなブルーが、スポーティーでありつつスタイリッシュな味を醸し出す。自動巻き、O-MEGAスティール、ケース径45.5mm、6000m防水、¥1,540,000(オメガお客様センター 03-5952-4400

人は鳥のように空を飛びたいと思い、海を魚のように泳ぎたいと願う。ともに重力から解き放たれるが、飛翔とは異なり、海への潜行は青から深い藍、そして漆黒に包まれていく。

潜水具をつけずに深海へ向かうフリーダイバーは、最もその願望を体現した存在だろう。たとえば、映画「グラン・ブルー」の主人公のモデルになったジャック・マイヨールも、佐賀県の唐津でイルカの泳ぎに魅せられたことが原点だった。

フランス、アメリカ、イタリア、そして日本と世界各地の深海への旅を繰り返したジャックだけではなく、ダイバーたちは基本的にコスモポリタンだ。国境は陸上と海面にしかなく、海の中はパスポートのいらないユートピアのような共和国。だからこそ、彼らのパートナーとなるダイバーズウォッチ自体、海でつながる世界時計と言えるかもしれない。

【旅する腕時計まとめ】

「アエラスタイルマガジンVOL.53 AUTUMN / WINTER 2022」より転載

Photograph:Masanori Akao(whiteSTOUT)
Styling:Ai Imada
Illustration:Michiharu Saotome
Text:Keiji Kasaki(TEAM SPIRAL)
Edit&Text:Mitsuhide Sako(KATANA)

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  2. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  3. 写真・図版

    コートスタイルをスマートに格上げするうわさのセーター。
    タートルネック、モックネックどちらが正解!?
    ファッショントレンドスナップ 170

    カジュアルウェア

    2023.01.24

  4. 写真・図版

    BEST BAGS FOR DIFFICULT REQUEST
    ラフに肩掛けしても様になるジョルジオ アルマーニ
    【“旅するバッグ”を探せ。】

    バッグ

    2023.01.04

  5. 写真・図版

    北海道ニセコの名宿「坐忘林」。
    美しくも厳しい自然と共存するソーシャルグッドな知恵と工夫。

    週末の過ごし方

    2023.01.20

紳士の雑学