カジュアルウェア

脱ぎたくなくなるほどの魅惑的な履き心地、
イーリー キシモト×スブのサボ。

2023.09.28

脱ぎたくなくなるほどの魅惑的な履き心地、<br>イーリー キシモト×スブのサボ。
各¥5,280/イーリー キシモト × スブ

キャンプを中心としたアウトドア人気がとどまることを知らない。自然の中で楽しむ食事やたき火といった行為自体の面白さはもちろんだが、スタイリッシュに進化を遂げるウエアや道具が人気を後押ししているのは間違いない。タフな環境下で頼りになる機能性と気の利いたギミック、そして理にかなったデザインはタウンユースにおいても有用だ。そこで、この秋、気になるアウトドアアイテムをピックアップ。プロユースの本格派からハイブランドの意外なアイテムまでアエラスタイルマガジン独自の視点でセレクトした銘品を紹介しよう。

キャンプでテントを出入りする際など、いちいち靴を脱ぎ履きするのは面倒なもの。そんなときに重宝するのが、サンダルタイプの履きものだ。秋冬用のサンダルを展開する日本発のブランド「スブ」のサボは、まるでダウンのような暖かさで足全体を包み込むコンフォータブルな履き心地。特に出色なのが4層構造のインソールで、抜群のフィット感を生み出し、一度素足で履いたら脱ぎたくなくなるほど。写真はイーリーキシモトとのコラボレーションモデルで、オリジナルのテキスタイルデザインが気分をぐっと高揚させる。表面が汚れにくいテフロン加工に加え、持ち運びにも便利な専用ポーチ付きで、キャンプだけでなく、職場や自宅でのルームシューズとしても活躍してくれる。加えて、良心的な価格設定も魅力で、大切な人へのギフトとしてもおすすめしたい。
※サンダルとポーチの柄が同一のデザインになります。

問/マッハ55リミテッド 03-5846-9535

掲載した商品は税込み価格です。

<<<2023年アウトドアウエア特集 はこちら

Photograph: Ryohei Oizumi

Styling: Tomohiro Saito(GLOVE)
Text: Tetsuya Sato

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 日本イチのダンディー&セクシーがカムバック!<br>舘ひろし、柴田恭兵、土屋太鳳、<br>映画『帰ってきた あぶない刑事』への思い

    日本イチのダンディー&セクシーがカムバック!
    舘ひろし、柴田恭兵、土屋太鳳、
    映画『帰ってきた あぶない刑事』への思い

    特別インタビュー

    2024.05.30

  2. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>梅雨を迎え撃つ、「水無月」の重ね着。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    梅雨を迎え撃つ、「水無月」の重ね着。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.06.21

  3. 三笘 薫、厚さ“1mm”のスーツケース<br>「ゼロハリバートン」のアンバサダーに就任。

    三笘 薫、厚さ“1mm”のスーツケース
    「ゼロハリバートン」のアンバサダーに就任。

    週末の過ごし方

    2024.06.19

  4. 町田啓太さん、ベネチアの旅はいかがでしたか?<br>Voicyでは、撮影裏話も!

    町田啓太さん、ベネチアの旅はいかがでしたか?
    Voicyでは、撮影裏話も!

    週末の過ごし方

    2024.06.21

  5. 浅草『中華料理 ぼたん』の名物料理、<br>“江戸っ子”オムライスをパクリ!<br>マッチと町中華。【第15回】

    浅草『中華料理 ぼたん』の名物料理、
    “江戸っ子”オムライスをパクリ!
    マッチと町中華。【第15回】

    週末の過ごし方

    2024.06.03

紳士の雑学