週末の過ごし方

俳優・町田啓太と考える、装う美学。
「師走」に変わりゆくタキシードを。
【第二期】

2023.12.22

俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>「師走」に変わりゆくタキシードを。<br>【第二期】

日本には四季折々に豊かな表情があり、それぞれにふさわしい「装い」がある。それは単に体感的な暑さや寒さをしのぐといった「機能」を追求するだけのものではなく、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)、つまりはTPOにそぐうものであるべき。そして、そのことに通底するストーリーを理解し装うことは、正しい「大人のたしなみ」と言えるだろう。

本連載は、一年の12カ月それぞれに季節を意識したテーマを掲げ、大人の男にふさわしいスタイルを模索しようというもの。小誌が培ってきたTPOに合うトラッドスタイルの知見と、現代を代表するファッションアイコン=町田啓太の表現力とのコラボレートにより、アエラスタイルマガジン流現代版「服飾歳時記」(第二期)としてつづっていく。

「師走」のタキシード、再び。

1050_fix231130_町田啓太

本連載の開始は202212月。一巡し、再び「師走」を迎えた。

「改めてこの連載を読み返すと、いろいろなことが思い出される。個人的に興味深いのは、これまで筆でしたためてきた和風月名。この一年で重ねてきた経験や、その時々の心境が、不思議と文字に表れている。やはり本質的に、“人”は変わりゆくものなのだろう」

1050_fix231130_町田啓太

そう語る町田に、今年もわれわれは師走に華やぎを添える「タキシード」を用意した。それも、あえて正統とされるブラックやミッドナイトブルーではなく、大人の色香を品よく漂わせるボルドーのものを。

1050_fix231130_町田啓太

「正統派のクラシカルな装いは素晴らしい。そこに息づくルールや意味、ストーリーは自分にとって興味深く、それらを知り、まとうことは気持ちを高ぶらせることにつながる。言うなれば服が、オンとオフを切り替える“スイッチ”になる感覚。とはいえ、もしもTPOが許すならば、より自分らしく、自由に服を楽しむこともしてみたい。その意味で、ボルドーのタキシードという選択は、エレガントなヒネリがあっていい」

1050_fix231130_町田啓太

メンズファッションの歴史は、保守本流、正統派をよしとしながらも、小さなヒネリを繰り返し進化してきた。そしてそこには、有名無名のスタイルセッターが関わっているケースが少なくない。例えば、ミッドナイトブルーのタキシードを発明したり、異なる複数の柄を組み合わせる「パターン・オン・パターン」のコーディネートを一般的なものにしてきたりしたウィンザー公(エドワード8世)や、ネイビーブレザーにデニムパンツを合わせるスタイルを広めたアンディー・ウォーホル。実際には事実無根のエピソードだったようだが……ジャン・コクトーが最愛の恋人と自分のためにカルティエに三連リング(トリニティリング)を特注し、恋人の死後は自身でそれらを重ね付けしたなどなど、語り草は枚挙にいとまがない。

1050_fix231130_町田啓太
ジャケット¥658,900、シャツ¥181,500、パンツ¥247,500、カマーバンド¥71,500、蝶タイ¥46,200、シューズ¥211,200/すべてブルネロ クチネリ(ブルネロ クチネリ ジャパン 03-5276-8300

冒頭の町田の言葉どおり、人間は本質的に「変わりゆく」ものである。その一端は、本連載を振り返れば垣間見ることができるだろう。そして、2024年の師走にはきっと、町田啓太はさらに大きな存在に進化して、より気高く、より軽やかにヒネリを利かせたタキシードスタイルでわれわれを魅了してくれるはずだ。

歳月を重ねていくのも、悪くはない。

FROM EDITOR
以前、雑誌の巻末に自分の仕事について、「読者を代表して旅に出て、その“見聞”を魅力的にお伝えする係のイメージです。旅先は、無限。見たい、聞きたい、感じて知りたい。そしてそれを伝えたいと思えば、もう旅の始まり」と書いたことがあります。その意味で、今年もたくさんの旅をしました。町田啓太さんとは沖縄、軽井沢、ミラノ……、もちろん都内スタジオでのクリエイティブな試行錯誤の旅にも。アエラスタイルマガジンの雑誌とWEBには、その記録と記憶がたっぷりと記されています。さて、町田さんとの旅はまだまだ続きます。実はこの師走にも、日本を離れた地へ――。2024年も、アエラスタイルマガジンにご期待ください!

アエラスタイルマガジン編集長[雑誌・タブロイド] 藤岡信吾

1050_fix231130_町田啓太

町田啓太(まちだ・けいた)
1990年生まれ。俳優、劇団EXILEメンバー。映画『チェリまほ THE MOVIE ~30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい~』『太陽とボレロ』『ミステリと言う勿れ』、テレビドラマ『テッパチ!』(フジテレビ系)、『ダメな男じゃダメですか?』(テレビ東京)、『unknown』(テレビ朝日系)、『漫画家イエナガの複雑社会を超定義』(NHK)など話題作に多数出演。来年には大河ドラマ『光る君へ』の出演が控える。5号連続で表紙出演中の『アエラスタイルマガジン』vol.55も要チェック!

<<『アエラスタイルマガジン』vol.55はこちらからご購入いただけます

<<【Voicy】俳優・町田啓太さんと一緒に2023年を振り返りました!

<<「俳優・町田啓太と考える、装う美学。」一覧はコチラから

Photograph: Satoru Tada(Rooster)
Styling: Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make-up: KOHEY
Edit & Text: Shingo Fujioka(AERA STYLE MAGAZINE)

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. なじみの街、浜松町「東海飯店」で<br>MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!<br>マッチと町中華。【第11回】

    なじみの街、浜松町「東海飯店」で
    MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!
    マッチと町中華。【第11回】

    週末の過ごし方

    2024.03.29

  2. ホテルインディゴ軽井沢で、<br>憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    ホテルインディゴ軽井沢で、
    憧れの“別荘時間”を楽しむ。

    週末の過ごし方

    2024.04.15

  3. 半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く<br>絶品つけめんに舌つづみ!<br>マッチと町中華。【第12回】

    半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く
    絶品つけめんに舌つづみ!
    マッチと町中華。【第12回】

    週末の過ごし方

    2024.04.12

  4. 祈りのアーティスト・小松美羽、<br>高野山の霊性と大気を描く。

    祈りのアーティスト・小松美羽、
    高野山の霊性と大気を描く。

    週末の過ごし方

    2024.04.16

  5. 発売を記念したポップアップストアも登場!<br>「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との<br>新作カプセルコレクションを発表。

    発売を記念したポップアップストアも登場!
    「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との
    新作カプセルコレクションを発表。

    カジュアルウェア

    2024.04.11

紳士の雑学