旅と暮らし

Wホテルとは何なのか?
まずはご近所の台北でその元気さを知るのが楽しい!

2018.05.25

大石智子 大石智子

Wホテルとは何なのか?<br>まずはご近所の台北でその元気さを知るのが楽しい!

W TAIPEI(ダブリュー タイペイ)
台湾/台北

昨年の10月、マリオット・インターナショナルは2021年に日本で初めてのWホテルとなる「W OSAKA」をオープンさせると発表した。場所は大阪の南船場。計337室、ビル丸ごと一棟でWの世界観を体現する。

「やっと日本にWが!!」と、私もときめいたうちのひとり。さまざまな世界の都市にWホテルがあるなかで、日本だけとり残されているようにWがなかった。その数全世界で約50軒。(2018年5月現在)2020年までに75軒を開業予定だ。なんという景気のよさ!

そもそも、Wホテルとはどんなブランドなのかをご説明。Wホテルはマリオット・インターナショナルが展開するホテルのひとつであり、1998年にニューヨークにて誕生した。その際、24時間眠らない街の文化を色濃く出すことをテーマとし、そんなノリはいまも受け継がれている。平たく言うと、ラグジュアリーにしてイケイケなのだ。

ホテルに入ったとたん、聞こえてくるのはクラブっぽいBGM。デザインはクラシックやコンサバティブなホテルとは対照的で、色彩が多くてLEDを多用した演出も目立つ。都市によってはバーがクラブ化しているWホテルもある。

  • バンコク
    「W バンコク」
  • who3360gr-220649-Mega-Room-on-The-Bund-Med
    「W 上海」
  • 長安
    「W北京-長安」

客室もちょっと面白い。例えば「W バンコク」には巨大で派手なムエタイのグローブ(着用可)が置いてあるし、「W 上海」のクッションは小籠包と箸型。「W北京」はベッドの隣にバスタブが鎮座している。泊まりに来た、というより遊びに来たと思わせてくれる、テンションの上がるディテールで攻めているのがWホテルなのだ。

もちろん5つ星ならではのサービスも備え、Wの文字は“Whenever/Whatever” (いつでもどんなことでも)に応える姿勢を表している。また、ゲストに“WOW!”と言わせるような体験を与えたいという心意気も込められている。

つまりは、Wに似たホテルはいまの日本にはない。では近場だとどこで体験できるかというと、上海、台北あたり。私が初めて泊まったWも台北だった。ということで、「W 台北」を振り返ろうと思う。

玄関

「W 台北」は街のなかでも活気に満ちた、信義区の一等地に2011年にオープンした。着いてまず目を奪われるのが、エントランスにある巨大な鎖の柱だ。柱というよりもはやアート。「柱どうする?」「そもそも柱いるの?」「造れるなら面白いほうがいいよね」といったノリで決まったような、なんでもありを予感させる存在感である。

そうして中に入ると、LEDアートがお出迎え。エレベーターホールに進むと、そこには映像の壺が回っている。普通のホテルなら陶器の壺があったりするけれど、そうではなく“なんちゃって”の洒落が効いたハイテクな壺。それが陶器製より面白い。エレベーターにもLEDが駆使され、上にのぼる時間はSF映画の1シーンのようだ。

部屋

パブリックスペースのとんがったデザインを目にしたあと、部屋はいかにと思っていると、これが意外や機能的。実はWは、仕事のしやすいホテルでもあるのだ。Wi-Fiも速いし、ビジネスデスクのバランスもいい。なのでビジネスマンにもおすすめしたい。出張のスケジュールが忙しい人ほど、ホテルくらい遊びを感じられる所に泊まるのもいいのでは?

YEN-bar
「YEN Bar」

「W 台北」なら館内の3つのバーが充実しているので、外に出る時間がなくても夜に遊ぶことができる。私のおすすめは、31階の「YEN Bar」で「台北101」を眺めながら“ウーロン・マティーニ”を飲むこと。世界屈指の超高層ビルを間近に、茶葉が香るマティーニをあおれば、いつもより少し早くいい気持ちになってしまう。ふたりで使用できる個室もあるので、そこはデートにも最適だ。

woobar
「WOOBAR」

最近リニューアルした10階の「WOOBAR」は夜にはクラブになるし、プールサイドの「WET® Bar」ではプールパーティーに参加できる。いずれも金・土の営業は深夜2時まで。もし日中仕事に没頭したら、夜は弾けたほうがいいと思う。そんなメリハリのある滞在ができるのが「W 台北」。台北の夜を振り返ってみると、「W 大阪」への期待が高まる。そして、東京にも早く上陸してほしいと焦がれてしまうのだ。

1050_9

「W 台北」

http://www.wtaipei.jp

プロフィル
大石智子(おおいし・ともこ)
出版社勤務後フリーランス・ライターとなる。男性誌を中心にホテル、飲食、インタビュー記事を執筆。ホテル&レストランリサーチのため、年に10回は海外に渡航。タイ、スペイン、南米に行く頻度が高い。最近のお気に入りホテルはバルセロナの「COTTON HOUSE HOTEL」。Instagram(@tomoko.oishi)でも海外情報を発信中。

<<タイ/バンコク 「パーク ハイアット バンコク」

ホーチミン/ベトナム 「アン ラム サイゴン リバー」

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く<br>絶品つけめんに舌つづみ!<br>マッチと町中華。【第12回】

    半蔵門『三貴苑』で“麺喰い”マッチも驚く
    絶品つけめんに舌つづみ!
    マッチと町中華。【第12回】

    週末の過ごし方

    2024.04.12

  2. レザー製という意外性も新鮮<br>TUMI(トゥミ)<br>【勝負の鞄と靴。】

    レザー製という意外性も新鮮
    TUMI(トゥミ)
    【勝負の鞄と靴。】

    バッグ

    2024.04.10

  3. よりカジュアルに楽しめる!<br>本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、<br>青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    よりカジュアルに楽しめる!
    本場イタリアを思わせる陽気なトラットリアとして、
    青山グランドホテル20階に“大人の食堂”が誕生。

    週末の過ごし方

    2024.04.10

  4. 発売を記念したポップアップストアも登場!<br>「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との<br>新作カプセルコレクションを発表。

    発売を記念したポップアップストアも登場!
    「ボス」のブランドアンバサダー・大谷翔平選手との
    新作カプセルコレクションを発表。

    カジュアルウェア

    2024.04.11

  5. なじみの街、浜松町「東海飯店」で<br>MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!<br>マッチと町中華。【第11回】

    なじみの街、浜松町「東海飯店」で
    MCマッチ!?が餃子を頰ばり“生トーク”!
    マッチと町中華。【第11回】

    週末の過ごし方

    2024.03.29

紳士の雑学