旅と暮らし

夏のカッコいいカラダになるために!
ビジネスマンのためのダイエット講座
【第2回】ダイエットは「正しい・正しくない」で選んではいけない

2018.06.11

写真・図版 松尾伊津香

こんにちは。

前回は、夏に向けてかっこいいカラダを作るためのダイエット理論に関してお話しした。メインのポイントは、ダイエットは「正しい・正しくない」ではなく「合う・合わない」で見分けることが必要、ということである。

結婚相談所のようなものだ。もしあなたが誰かとデートをしてうまくいかなかったとする。
しかし、その女性が「不正解」なわけではなく、単に「合わなかった」だけなのだ。合わなければ、次を探す、そして自分に合う人を見つける……。それを繰り返して自分に最高の相手を探し出す。

ダイエットも同じだ。年齢や性別、環境および趣味嗜好が違うのだから、ぴったりのダイエット法が人それぞれで違って当たり前なのだ。

「大事なのは、歩みを止めないこと」。

ダイエットは一生付き合っていくパートナーだということをお忘れなく!

こんにちは。プロボディデザイナーの松尾伊津香です。私は現在、疲労回復専門ジムZERO GYMでビジネスマンに対して仕事パフォーマンスを上げるためのフィットネスと瞑想の指導をしています。

前回は、ダイエット情報の3つのタイプに関してお話ししました。
①「生理学的根拠」タイプ
②「ストレス除去」タイプ
③「ライフスタイル」タイプ

今日はこの続きを書いていきますので、もし前回の記事を読まれていない場合は、そちらの記事を先にお読みくださいね。

では、早速続きに入っていきましょう。

■ピッタリなダイエット方法を選ぶには?

①「生理学的根拠」タイプ
②「ストレス除去」タイプ
③「ライフスタイル」タイプ

この3つが、ダイエット情報を構成する3要因です。

写真・図版

そして、これらは独立して存在しているわけではありません。下の図のように重なり合っているのです。

写真・図版

たとえば、5人のお子さまをお持ちで走ることが好きなお母さまの場合、ダイエット法として「ジョギング」を選択するとどうなるでしょう。

①「生理学的根拠」⇒〇ジョギングは痩せることが可能な運動です。
②「ストレス除去」⇒〇自分の趣味なのでストレスはありません。
③「ライフスタイル」⇒×5人の子どもを置いて毎日走りには行けません。

つまり、図のここに当てはまります。

写真・図版

生理学的根拠も精神的ストレスも満たしている、しかし、環境を満たしていない。そのため、その方に合うダイエット法はジョギングではないことになります。

ほかの例を挙げましょう。例えば糖質カット。簡単に痩せるダイエット法として有名です。それで失敗する場合は次の表の部分です。

写真・図版

生理学的根拠と環境を満たしている、しかし精神的ストレスが高すぎる。だから失敗します。

では問題です。すべての食事のカロリーを減らし、しかし、食事内容をお菓子だけにしたらどうなると思いますか?

お菓子なのでストレスなく続けられ、しかも手に入りやすいものです。さらに、一日の摂取カロリーは減るので理論上は痩せます。しかし、それでは血糖値が急上昇するので余計に脂肪がつくられやすくなります。つまり生理学的根拠を満たしていない。図で言うと以下の部分です。

写真・図版

このように見ていくと、あなたが選ぶべき部分は明らかです。この3要素を満たしている部分になります。前回の記事に挙げた辻 希美さんの豆腐の例はこのすべてを満たしています。

・豆腐というダイエット寄りのものを夜に食べる
・豆腐にハマることでストレスがない
・安くて手軽に摂れる

だから痩せるのです。

写真・図版

あなたに必要なダイエット方法は何なのでしょうか? それはあなた自身しかわからないのです。なぜなら何がストレスでどんな生活をしているのかなんて、トレーナーにはわからないからです。

ちなみに、いまのダイエットの主流は次の表の部分だと感じています。

写真・図版

何の栄養素がダイエットにいいのか、どう食べ合わせたらいいのか、という情報が主流です。というよりすべての人に共通する情報というのはそういう性質をもっているものなので、あとはあなたが自分で精神的ストレスと環境の観点で見極める必要があります。ダイエット情報は正しく利用しましょう。

いかがでしたか? 少しでもダイエットを選ぶときのお役に立てましたら幸いです。

それではまた次回!
今日も良いダイエットライフ……じゃない、ビジネスライフを!

プロフィル
松尾伊津香(まつお・いつか)
疲労回復専門ジムZERO GYM エグゼクティブプログラムディレクター。『一生太らない魔法の食欲鎮静術~食事瞑想のススメ~』著者。ミスター&ミスモデルジャパン2016 日本大会「ミス・モデルジャパン ガールズ部門」3位。福岡県福岡市博多区出身。修猷館高校、関西学院大学文学部総合心理科学科卒業。在学中、 心理学・精神医学を学ぶ傍ら、ヨガ哲学やメディテーションに出合う。アメリカ留学にてその知識を深め、帰国後は銀座でヨガインストラクターとして勤務。その後、全国に50店舗以上展開する女性専用ダイエット専門ジムShapes International の六本木本店店長兼スーパーバイザーに。現在は日本初の疲労回復専門ジム「ZERO GYM」で、働く人の心身のコンディションを整える指導をする傍ら、食欲や食事制限・リバウンドに苦しむ人たちの悩みと日々、向き合っている。
https://matsuoitsuka.com/
https://business-life.jp/

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  2. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  3. 写真・図版

    リモートワークに便利な一着。
    ポロニットを選ぶときの条件は!?

    AERA STYLE MARKET

    2023.02.01

  4. 写真・図版

    帽子の裏歴史と意外と語られないコーディネートの基本
    ファッショントレンドスナップ171

    カジュアルウェア

    2023.01.31

  5. 写真・図版

    リゾートに革命を起こしたレジェンド
    日本に旅館をつくる
    【センスの因数分解】

    週末の過ごし方

    2023.02.01

紳士の雑学