旅と暮らし

アメリカンスタイルのボリューム満点サンド
変わらぬ味を楽しむ
[部長の名店]

2018.06.06

写真・図版
写真は『コンビーフ・キャベツサンド』(1080円)。時代をリードしつづける店らしく著名人のファンも多い。

接待、歓送迎会、家族の記念日に使うハレの店なら、部長に聞こう。今日は自分においしいランチを奢(おご)りたい、そんな日も部長に聞こう。そっと会社の近くのいい店を教えてくれるはずだから。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

米国留学を経験したご夫妻が「アメリカのサンドウィッチを日本でも」と1978年に開業した世田谷のシンボリックなダイナー。

天然酵母と国産小麦に塩と水だけを加えた特注のイギリスパンを鉄板でトーストすれば、外側はパリッと、中はモチモチに。サンドする具材も60種類以上と、どれをセレクトするか迷うほどだ。

写真・図版

上野毛駅より徒歩2分。テイクアウトもOKなので、電話でオーダーしてピックアップするのが通。

カウンターとテーブル席で25席と小さなスペースだが、外光の入る大きな窓とフレンドリーな接客、なにより本格仕様のインテリアが心地いい。開業当時から変わらない木目調のテーブルやカウンターは、年月を経てアンティークとなった。同様にメニューも40年変わらない。「本物」は決して色あせない、そんな真実を知る名店だ。

<<プライベートジェットで通う常連客も! 極上の赤身肉を味わう

  知る人ぞ知る赤坂の日本料理の名店 魚系定食が大充実>>

Photograph:Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    世界で恥をかく日本ルールの着こなし

    紳士の雑学

    2019.04.11

  2. 写真・図版

    山里亮太の男が憧れる、男の持ち物
    [ウオッチ]

    旬のおすすめ

    2019.04.17

  3. 写真・図版

    NHK連ドラ『まんぷく』女優の小川紗良、働き方が一変
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2019.03.12

  4. 写真・図版

    普段の着こなしをアレンジして春の装いを鮮やかに

    旬のおすすめ

    2019.04.05

  5. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#21
    「オーボンヴュータン」のプティ・フール・サレ

    旅と暮らし

    2019.04.15

紳士の雑学

調べ・見立て