旅と暮らし

最高峰の豚肉 六白黒豚のとんかつを
オリジナル醤油で[部長の名店]
のもと屋

2018.10.25

写真・図版
ここの豚肉はビタミンB1が牛肉の10倍! 疲労やストレス抑制に効果的とか。写真は「ロースかつ定食(160g)」(2200円)、少し軽めが良ければ120g(1850円)も。「ヒレかつ定食」(2200円)、ロースとヒレの「ロースミックス」(2500円)、「かつカレー」(1900円)なども人気。

接待、歓送迎会、家族の記念日に使うハレの店なら、部長に聞こう。今日は自分においしいランチを奢(おご)りたい、そんな日も部長に聞こう。そっと会社の近くのいい店を教えてくれるはずだから。

さまざまな企業で働く部長たちに聞いた「名店」をご紹介します。

鹿児島産の六白黒豚を原料に、選び抜いた2種のラードを使い、じっくりと揚げる。最高峰の豚肉を包むのは粗めのパン粉。サクサクッとした食感の次にくるやわらかさ、そしてジューシーな甘み。

テーブルには、とんかつソースや塩も用意されているが、ぜひとも味わいたいのは、茎わさび+とんかつ醤油。要は鹿児島で好まれる甘めのたまり醤油だ。甘めの醤油とピリッと利いたわさびが肉の甘さを引き立てて、とんかつの新たな魅力を引き出してくれる。

写真・図版

たっぷりのキャベツに、ご飯とトン汁、小鉢も付いて、小鉢以外のお代わりは各100円と良心的。行列必至だが、ランチにここのとんかつを食べれば、確実に午後のパワーチャージができる。

<<大山鶏と9種類の濃厚スープを味わう新感覚ラーメン

  ビルナカと思えないホスピタリティー、日本全国から届く旬の素材を堪能>>

Photograph:Reiko Masutani
Text:Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学