旅と暮らし

インド料理を旬の食材で、カリフラワーのサブジ
[長尾智子 料理の歳時記]

2018.11.30

写真・図版

食材は旬の時期に味わうのがいちばん。出盛りの食材をいかにおいしく料理するか。料理研究家の長尾智子さんに教えていただきます。

冬の食材『カリフラワー』

キャベツの仲間でアブラナ科。旬は11月~3月。

味が淡白なので、サラダやグラタン、スープ、パスタ、ピクルスなど、料理に幅広く使える。白い部分は「花蕾(からい)」。外葉がいきいきとして、蕾がかたくしまり、全体に重みのあるものが新鮮。ビタミンCが豊富。冬の風邪予防にぜひ。

「サブジとはインド料理で、野菜の蒸し煮や炒め煮のこと。インドでは、基本的に水を加えずに作りますが、焦げやすいので水を足して作るレシピにしました。こうすれば失敗することがありません。中途半端な火の通り方ではおいしくないので、軟らかくなるまで時間をかけること。じゃがいも、かぼちゃ、にんじんなどで同様に作れます」

写真・図版

<レシピ>
材料(約4人分)

カリフラワー 小さめ1株
ベーコン 2枚
玉ねぎ 1/2個
しょうが(すりおろし) 小さじ1
にんにく(すりおろし) 小さじ1/2
カレー粉 小さじ1
ガラムマサラ 小さじ1/2
トマトピュレ 大さじ4
塩 少々
植物油 大さじ1


<作り方>
1.カリフラワーは根元を切って小房に分け、大きいものは2等分して大きさをそろえる。内側の柔らかい葉も使う。玉ねぎは皮をむき、縦に薄切りする。しょうがとにんにくはすりおろして合わせておく。ベーコンは1cm幅に切る。

2.深めのフライパンか鍋に植物油を入れて弱火にかける。ベーコンと玉ねぎ、しょうがとにんにくを加えて炒める。軽く塩を振り、しんなりするまで炒めたら、カリフラワーを加えて混ぜる。

3.2にカレー粉とガラムマサラをふり、トマトピュレと塩も少し加えて、底から返すようにして混ぜる。水100ml(材料外)を注ぎ入れ、ふたをして弱めの中火で蒸し焼きにする。

4.10分ほど経ったらふたを取り、ざっと混ぜる。水気がなくなっていたら水大さじ2〜3を加え、再びふたをしてさらに10分くらい火を通す。カリフラワーが軟らかくなって、水気が少し残る程度に減ったらでき上がり。好みで、網で焼いたチャパティ、ナン、トルティーヤなどを添える。

写真・図版

プロフィル
長尾智子(ながお・ともこ)
フードコーディネーター。レシピのみならず、調理道具、器、食文化全体を大きくとらえた独自の世界観が、性別を問わず支持を集める。「食べ方帖」(文化出版局)など著書多数。12月初旬にお茶とお菓子、お酒と肴を一冊にまとめた「ティーとアペロ」(柴田書店)発売予定。
vegemania.com

Photograph : Masanori Akao
Food Coorditate : Tomoko Nagao
Edit : Mika Kitamura

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    SIHH2019 ジュネーブサロン・リポート
    IWC

    美しい時計

    2019.02.15

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ36
    スーツの着こなしに異変あり!?
    ピッティもカジュアル化が止まらない!?

    旬のおすすめ

    2019.02.14

  4. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  5. 写真・図版

    コクがあるのに爽やか、アンチョビとオリーブのとろとろマッシュポテト
    [長尾智子 料理の歳時記]

    旅と暮らし

    2019.02.14

紳士の雑学

調べ・見立て