旬のおすすめ

トレンドの潮目。
ニットスタイルは、どこへ向かう?

2019.02.07

写真・図版 柴田 充

写真・図版

ピッティ会場を回っていると、メンズクロージングのカジュアル化を強く感じます。来場者もかつてはスーツ姿が多かったものですが、いまではジャケットやブルゾンが主流となり、ドレスシャツにタイドアップという着こなしも少数派に。

そのなかでクローズアップされるのがニットであり、グランサッソはメイドインイタリーの品質にこだわり、3代続く家族経営を守るニットブランドです。デザイナーのカルロ・ディ・ステファノ氏に話を聞きました。

写真・図版

「まず新作のトピックスとして挙がるのが、トラベルウールですね。旅行者の快適性を考えて開発しました。コンパクトになり、畳んでもシワが寄らず、若干の撥水性もあります。ウォッシャブルで自宅でも洗えるので、旅先でも重宝しますよ。通気性が高いのも特徴です。ジャケットとポロ、パンツ。ボマーやクルーネックなどアイテムのバリエーションも豊富です」

これまで化繊の機能性素材が多かったトラベルユースのアイテムに対し、発色のいい同系色でまとめたスタイリングは新鮮な印象を与えます。

「移動や旅先ではスニーカーにイージーな格好でもいいのですが、やはりジャケットやシャツがあればドレッシーでいられます。またスポーティーな機能性素材のパンツと合わせれば、より現代的なラグジュアリー感が演出できます。トラベルウールは、糸の段階から開発し、ケミカルな加工をせず、ビオロジカルなので肌に優しいのも特徴です」

写真・図版

ニットという天然素材を扱うからこそエコロジーに対しても積極的に取り組みます。エコムートンもそのひとつ。

「数年前に発表して日本でも評判になりましたね。新作ではより改良を加えました。メリットは、やはりサスティナビリティーということ。動物保護や自然環境の保護の観点から、私たちはフェザーダウンの使用も控えています。また機能的にもドライクリーニングでき、耐久性も優れます。カラーリングできるのも特徴で、袖のニットとのカラーコーディネートで新たな表現ができます。私たちはニットブランドとして培った技術的な強みとともに、従来のニットの概念を超えて、ジャケットやブルゾンといったアウターへの可能性も自由に広げていきたいと思います」

写真・図版

http://sdijp.jp/brands/gransasso

<<トレンドの潮目。ジャケットスタイルは、どこへ向かう?

プロフィル
柴田 充(しばた・みつる)
フリーライター。コピーライターを経て、出版社で編集経験を積む。現在は広告のほか、男性誌で時計、クルマ、ファッション、デザインなど趣味モノを中心に執筆中。その鋭くユーモラスな視点には、業界でもファンが多い。

Photograph:Mitsuya T-Max Sada
Text:Mitsuru Shibata

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    キーホルダーは、自分に似合わないものを。
    [渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。]

    特別インタビュー

    2021.01.13

  2. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館 地下1階
    紳士靴スタイリスト 齋藤里沙さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2021.01.18

  3. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ90
    しゃれたコートの着こなしはこれ!!
    決め手はインナーに合わせたフーデッドパーカ。

    カジュアルウェア

    2021.01.14

  4. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ91
    エルメス、ルイ・ヴィトンだけじゃない!!
    日本で根強い人気のフランスの老舗「パラブーツ」の魅力を探る

    カジュアルウェア

    2021.01.19

  5. 写真・図版

    ユナイテッドアローズが別注した「剣」、
    150年以上の伝統を誇る英国傘の真価。

    小物

    2021.01.05

紳士の雑学

調べ・見立て