旬のおすすめ

オンでもオフでも!
オールデイ セットアップ。

2019.05.10

写真・図版

いよいよ、ビジネススタイルにカジュアルな装いが定着した。一方で、休日セットアップが人気を集めるなど、オンとオフの境は曖昧になる一方だ。その潮流の起点は、時代がコンフォータブルを求めたことにある。それはビジネスのみならず、カジュアルにおいてもスポーツがトレンドキーワードとなったように。デザインワークスのセットアップは、まさしくそんないまの実情に沿う1着だ。

「もはや、スポーツウエア並みの快適さ」。そんな触れ込みは伊達じゃない。生地に採用するのは、4方向ストレッチに加えて通気性と吸水速乾性に優れたメッシュ編み。メッシュといっても、立体的な格子状に編み上げることで透け感を抑制。スポーティーな着心地を享受しながらも、ビジネスでの着用に耐えられる見栄えを両立させた。

付属のバッグに収納できるパッカブル仕様や、家庭の洗濯機で丸洗いが可能とあらば、日々のビジネスシーンではもちろん、休日やトラベルシーンでの活躍も容易に想像できる。その汎用性の高さは、コンフォータブルとともに重視されるいまどきビジネスマンのキーワードである、コストパフォーマンスもかなえてくれる。

写真・図版

色はオンオフともに使いやすいネイビーとブラックの2色展開。胸ポケットの裏地を引き出すとチーフになり、またパンツの右フロントポケット横にはコンシールジップポケットを配するなど、細部での実用性も抜かりない。

写真・図版

ナイロン75%に対して、ストレッチ素材のポリウレタンを25%も混紡。一般的なストレッチデニムが1~2%であることを考えれば、いかにストレッチ性に優れているかわかるはず。

写真・図版

表面は立体的な格子状だが、裏面はドット状に突起。それにより、肌との接触面を減らすことができ、高い通気性や吸水速乾性と相まって汗をかいてもさらりとした肌触りをキープできる。

写真・図版

同素材のパンツは、ベルトループとともにウエストサイドにのみシャーリングを採用。ストレッチ性を高めながらもジャケット着用時は隠れることから、あからさまにコンフォート感をアピールしない。

写真・図版

ジャケット¥39,000、パンツ¥25,000、ポロシャツ¥29,000、ベルト¥19,000/すべてデザインワークス(デザインワークス 銀座 03-3573-6210)、バッグ¥27,000/マキャベリック×アバハウス(アバハウス 原宿 03-5466-5700)、その他スタイリスト私物。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

Photograph:Sunao Ohmori(TABLE ROCK.INC)
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make-up:Tomokazu Akutsu
Text:Masafumi Yasuoka(BEARD MAN)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    スーツやビジカジに合わせたい 最新の黒スニーカー3選

    2020.07.30

  2. 写真・図版

    野菜たっぷり。一流フレンチのラップサンド。
    丸の内テイクアウトグルメ厳選10 その④
    【mikuni MARUNOUCHI】

    週末の過ごし方

    2020.07.31

  3. 写真・図版

    おいしさとボリュームがうれしいイタリアンランチ。
    丸の内テイクアウトグルメ厳選10 その③
    【デリツィオーゾ フィレンツェ】

    週末の過ごし方

    2020.07.29

  4. 写真・図版

    スーツやビジカジに合わせたい 最新の白スニーカー3選

    2020.07.17

  5. 写真・図版

    オーストラリア在住のイラストレーターによる
    優雅で涼しげなプリントTシャツ

    カジュアルウェア

    2020.07.31

紳士の雑学

調べ・見立て