旅と暮らし

気取らず楽しめる居心地のよさ
ワインリストも充実のイタリアン[部長の名店]
トラットリア ケ パッキア

2019.07.29

写真・図版
温かい前菜の「ホワイトアスパラガス 卵のソース」。

距離を縮めたい取引先との会食。お礼の気持ちを込めた食事会。ビジネスマンにとって、接待場所選びは重要だ。今回は気遣い上手な女性部長にこっそり聞いた接待がうまくいく名店を紹介。

イタリアンひしめく激戦区の麻布十番にあって突出した人気を誇るトラットリア。アラカルトは、鮮魚のカルパッチョやアマトリチャーナなどのイタリア定番料理。料理長の岡村光晃シェフによる、旬の食材を用いた季節を感じる味を堪能できる。

「何を食べてもおいしく、細かなリクエストにも応じてもらえたりと、接客もとてもいい」と部長。食べたいもの、飲みたいものをコミュニケーションしながらすすめてくれ、“お客さま主導”の心意気で、さまざまなリクエストにもできる限りの対応をしてくれるこの店。当日の予約や相談も受け付けてくれるという点も、心強い。

また、トスカーナやシチリアなど、産地ごとに並ぶイタリア産ワインリストも圧巻。マニアックな一本など、リスト外のものも入荷していることがある。専属ソムリエに尋ねてみてほしい。接待で利用するなら、予約時などにあらかじめ予算を伝えておくといい。さりげなく予算の範囲内からおすすめしてくれ、会計時も安心だ。

写真・図版
師匠考案のレシピを受け継ぎ、岡村シェフ独自のアレンジを加えた「青トウガラシとカラスミのソース」。接待ならばおまかせコース(7150円~)が便利だが、シンプルながら一度食べたらクセになるこのパスタ、オーダーの価値大!

イタリア中部・トスカーナ州の家庭をイメージした店内。4席あるカウンターや個室は、ゲストとの距離感を縮めるのにもってこい。

「アエラスタイルマガジンVOL.42 SPRING 2019」より転載

Photograph: Reiko Masutani[restaurant]
Text: Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学