旅と暮らし

黄金色のロティサリーチキンに
歓声が上がる居心地の良い空間[部長の名店]
ル・プーレ ブラッスリーうかい

2019.10.04

写真・図版
「ロティサリーチキン・スペイン産若鶏フルサイズ」(7340円)

「他社の女性の先輩に連れてきていただきました。女性ばかりの会だったのですが、焼き立てのチキンの丸焼きに歓声が!」と部長。

名店『うかい』のブラッスリーは、大手町1丁目という好立地に、ロティサリーチキンというスペシャリテを備え、客を迎える。

ご存じのとおり、フランスのパーティー料理の定番・ロティサリーチキン。この店の人気は、トウモロコシを食べて育ったプーレジョンヌというスペイン産若鶏。1時間かけてじっくり焼き上げるチキンは、うまみがあってジューシー、脂の乗った皮面はパリッと仕上がっている。

写真・図版
チキンが焼けるまでに食べたい「オマール海老のロースト」(3240円)。接待でコースメニューをご希望の場合は、シェアスタイルの「スペイン産プーレジョンヌとオマール海老のセット」(全6品・6480円)などのコースもおすすめ。

丸鷄は4人で食べてちょうどいい大きさだ。焼き立てを丸ごと見せてくれたあと、食べやすいように切り分けて出してくれるのがうれしい。ロティサリーチキンの種類は、スペイン産若鶏以外に、国産シャモ、スペイン産ホロホロ鶏と、選択肢は多い。

外光の入る店内は、堅苦しくない居心地のいい空間。肩ひじ張らない接待にぴったりだ。

「アエラスタイルマガジンVOL.44 AUTUMN 2019」より転載

<<フレンチを身近に感じる雰囲気ある隠れ家ビストロ「レ ジャルダン デ ドディーヌ」

<<過去の部長の名店一覧

Photograph: Reiko Masutani
Text: Sachiko Ikeno

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    1億円のコラボ作品も⋯⋯
    多才なアーティスト・三浦大地、
    自身初の個展を伊勢丹新宿店で開催中。

    特別インタビュー

    2022.07.29

  2. 写真・図版

    『TIME』誌で“世界一快適な靴”と称された、
    オールバーズのスニーカー

    2022.08.01

  3. 写真・図版

    井桁弘恵さんと巡る、TOKYO写真探訪。
    第3回 ライカ銀座店

    週末の過ごし方

    2022.08.03

  4. 写真・図版

    天然成分で染め上げた優しい色合いが目を引く、
    コンバース オールスター

    2022.07.28

  5. 写真・図版

    「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
    自慢の手土産 #93

    週末の過ごし方

    2022.07.26

紳士の雑学