特別インタビュー

渋谷直角
男が憧れる、男の持ち物。
キャップとおじさん。

2019.10.09

写真・図版
熟練の職人による手作業で作られたキャップは、やわらかくて上質。キャップ(直営店限定)各¥10,000/キジマ タカユキ(キジマ タカユキ 03-3770-2174

自分をイラストにしたキャラクターのアイコンはいつもキャップをかぶっている。それは実際の自分もよく帽子をかぶるからで、若いころ、天然パーマで髪をセットするのが難しく、帽子でゴマかすようになっただけ。

キャップにハット、ニット帽、キャスケットなど、いつしか大量な数。また帽子のイメージが強いとプレゼントされることも増え、自然と集まる。コーディネートには困らないが、一度もかぶらないままの帽子も多い。

いちばん好きなのは、写真のようにワークキャップの形をしたモノだ。いわゆる作業着的な。海外のパン屋さんや郵便屋さんのイメージで、手軽にクシャッとかぶったり、脱いだらヒップポケットに突っ込んじゃう、というノリが理想である。友人にも同じ趣味のヤツがいて、彼はもっと「○○カレー」とか「〇〇鉄道会社」といった企業名がプリントされている、ガチの業務用の珍しいモノをたくさん持っている。それをアクセント的にかぶりこなしているからたいしたもの。女性ウケはあまりよくないみたいだけれど。

そう、おじさんになると普通のキャップが似合わなくなる。オシャレとしてかぶっていたつもりが、なんだか「マニアのおじさん」っぽさが出てくるのだ。「こんな人、骨董市(こっとういち)とか中古レコード屋さんによくいたな……」と思う姿になっている。自分も十分「マニアのおじさん」の部類なのでしょうがないが、モテずともせめて小ぎれいには思われたいと、仕立てのいいキャップ(それなりの値段のモノ)を選ぶようになる。すると今度は服が安物だとチグハグで、高い服を着るか、ド派手な服で自分をもっとキャラ化させるという方向になる。いまのところ自分は「ド派手」方向でやっている。おかげで「マニアっぽさ」は薄らいだが、今度は「変なおじさん」感が止まらない。おじさんの格好は難しい。

<<渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。トートの楽しさを教えてくれた人。

  渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。ジージャン色落ち狂想曲。>>

Photograph: Tetsuya Niikura(SIGNO)
Styling: Akihiro Mizumoto

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学