紳士の雑学

渋谷直角
男が憧れる、男の持ち物。
キャップとおじさん。

2019.10.09

写真・図版 掲載された商品の詳細や在庫の確認はチャットで相談

写真・図版
熟練の職人による手作業で作られたキャップは、やわらかくて上質。キャップ(直営店限定)各¥10,000/キジマ タカユキ(キジマ タカユキ 03-3770-2174

自分をイラストにしたキャラクターのアイコンはいつもキャップをかぶっている。それは実際の自分もよく帽子をかぶるからで、若いころ、天然パーマで髪をセットするのが難しく、帽子でゴマかすようになっただけ。

キャップにハット、ニット帽、キャスケットなど、いつしか大量な数。また帽子のイメージが強いとプレゼントされることも増え、自然と集まる。コーディネートには困らないが、一度もかぶらないままの帽子も多い。

いちばん好きなのは、写真のようにワークキャップの形をしたモノだ。いわゆる作業着的な。海外のパン屋さんや郵便屋さんのイメージで、手軽にクシャッとかぶったり、脱いだらヒップポケットに突っ込んじゃう、というノリが理想である。友人にも同じ趣味のヤツがいて、彼はもっと「○○カレー」とか「〇〇鉄道会社」といった企業名がプリントされている、ガチの業務用の珍しいモノをたくさん持っている。それをアクセント的にかぶりこなしているからたいしたもの。女性ウケはあまりよくないみたいだけれど。

そう、おじさんになると普通のキャップが似合わなくなる。オシャレとしてかぶっていたつもりが、なんだか「マニアのおじさん」っぽさが出てくるのだ。「こんな人、骨董市(こっとういち)とか中古レコード屋さんによくいたな……」と思う姿になっている。自分も十分「マニアのおじさん」の部類なのでしょうがないが、モテずともせめて小ぎれいには思われたいと、仕立てのいいキャップ(それなりの値段のモノ)を選ぶようになる。すると今度は服が安物だとチグハグで、高い服を着るか、ド派手な服で自分をもっとキャラ化させるという方向になる。いまのところ自分は「ド派手」方向でやっている。おかげで「マニアっぽさ」は薄らいだが、今度は「変なおじさん」感が止まらない。おじさんの格好は難しい。

<<渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。トートの楽しさを教えてくれた人。

  渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。ジージャン色落ち狂想曲。>>

Photograph: Tetsuya Niikura(SIGNO)
Styling: Akihiro Mizumoto

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    光沢のあるダウンがシックなスーツにマッチ
    スノーピークのダウン
    【語れる、ダウン。15】

    旬のおすすめ

    2019.12.03

  2. 写真・図版

    「帝国ホテル」のシュトレン
    すべて実食! 自慢の手土産#40

    旅と暮らし

    2019.12.09

  3. 写真・図版

    レザーバッグに極限まで“軽さ”を追求。
    コーチの新作バッグ。

    旬のおすすめ

    2019.12.06

  4. 写真・図版

    クローゼットと向き合うことは、
    人生と向き合うこと。

    紳士の雑学

    2019.12.06

  5. 写真・図版

    シート状ダウンでスタイリッシュに
    マッキントッシュのダウン
    【語れる、ダウン。19】

    旬のおすすめ

    2019.12.09

紳士の雑学

調べ・見立て

迷ったら聞く。
ASM webは
チャットを装備!

気になるアイテムがあれば、すぐにチャットで相談。着こなしに迷ったら、すぐにチャットで相談。
ギフトで購入するものに迷ったらチャットで相談。簡単な会員登録で、店舗のお調べや予約もできます!
※14時~20時の間はチャットコンシェルジュがお待ちしております。

特典

着こなしで困らない!
有人のチャットに相談

どう着る?何を買う?
着こなしコンシェルジュが回答します

特典

買い物で困らない!
取り置き&予約が可能

購入を検討したい店舗への
訪店予約が可能!(一部ブランドのみ)
※取り置き&予約サービス利用には
会員登録が必要となります。

特典

ギフト選びで困らない!
チャットで良品をお見立て

あの人に贈るには、何がいい?
そんなときにはチャットで相談

close