特別インタビュー

渋谷直角
男が憧れる、男の持ち物。
トートの楽しさを教えてくれた人。

2019.10.02

写真・図版
18オンスの頑丈なキャンバス素材でノートPCも余裕で持ち運べる。バッグ¥16,000、スカーフ¥11,000/ともにアナトミカ(アナトミカ 東京 03-5823-6186

いつしかカバンは、トートバッグ偏重になってしまった。ここ10年を振り返っても、小さめのサコッシュを買ったぐらいで、あとはトートしか買った記憶がない。旅行もかなり大きめの、ヒモで口を閉じられるようになっているトートひとつで行く。 これもまた、荷物をポンポン入れるだけでラクだから、という理由だが、そもそもなぜトートが好きになったのかを考えると、ある女性の影響だったかもしれない、と思い出す。

その女性とは、ミュージシャンのaikoだ。昔インタビューしたとき、彼女のバッグがトートで、「いつも入っているモノ」として、ゴムヘビだとかパッチンガムだとか、いたずらグッズがたくさん出てきた。それで友達を驚かせたり、コミュニケーション取ったりしていると言う。あとは駄菓子もたくさん入っていた記憶。「アホですね」と茶化すと、「アホちゃうわ!」と笑顔で突っ込まれた。

でも、彼女のそのトートの使い方がいいな、すてきだな、と思ったのだ。ドラえもんがテンパったときに四次元ポケットからムダなモノばかりが飛び出てくるように、普段持ち歩くトートにもムダなモノを忍ばせておきたいと思った。

ちなみに、いまの僕のトートには、こんなモノが入っている。「マーブルチョコ」の空のケース(フタを開けるとき「ポン!」と音がして楽しい)。コロッケが千 昌夫から、ちあきなおみに顔を変化させていくパラパラ本。いい香りのするキャンドル。星の形の砂が入った小さなボトル。知らない子がバスの中でくれたドングリ。……どれも持ち歩く必要はまったくないモノだが、何かを取り出すときにそういったムダなモノが見え隠れすると、どこかホッとする。機能性のみを追求するのは、美しいけれど少し息苦しい。トートバッグのキャパシティーの広さが、自分に余裕を与えてくれる。

<<渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。僕がシャツを着る理由。 はこちら

  渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。キャップとおじさん。 はこちら>>

「アエラスタイルマガジンVOL.44 AUTUMN 2019」より転載

Photograph: Tetsuya Niikura(SIGNO)
Styling: Akihiro Mizumoto

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
    スタイリスト 佐藤 魁さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.09.16

  2. 写真・図版

    「あなたと歩く。ユニクロのジーンズ」第2弾!
    WEBムービー「ユニクロのジーンズ LIFE 篇」に、
    内田篤人を筆頭に、豪華出演者4名が登場。

    カジュアルウェア

    2022.09.15

  3. 写真・図版

    岩井千怜、川崎春花、尾関彩美悠 新ヒロイン続々誕生の一方で、
    ベテランが抱く思い「あと何回ゴルフが……」。

    週末の過ごし方

    2022.09.26

  4. 写真・図版

    ローマの旅路動画を公開!
    アンバサダーである山下智久が、
    ブルガリ本店&工房を訪問。

    週末の過ごし方

    2022.09.12

  5. 写真・図版

    黒スーツ(ブラックスーツ)はビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2022.09.16

紳士の雑学