紳士の雑学

ペイズリーのネクタイ
[Vゾーンラボラトリー]

2019.10.21

写真・図版
タイ¥12,000/ユナイテッドアローズ、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ともにユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、スーツ¥130,000/ソブリン、チーフ¥7,000/シモノゴダール(ともにザ ソブリンハウス 03-6212-2150

ネクタイの達人、アイネックスの並木孝之氏に教わるVゾーンテクニック。今シーズン注目すべき5つのキーワードとおすすめのネクタイをご提示いただき、それぞれのコーディネート術をご伝授願う。その3つ目はじわじわと関心が深まり、いま最も注目を集めるモチーフ、ペイズリーの登場だ。

「ペイズリーは、トレンドということもあってファッション性の高い柄と捉えられがちですが、もともとオーセンティックな柄のひとつですから、ベーシックなアイテムに実は無理なく採り入れることができます」(並木氏)。ピンクにネイビーのモチーフのペイズリータイもこれだけを見るとファンシーな印象だが、ブルーの正統派ストライプのシャツとネイビーのスーツを合わせ、ブルー系のトーンで調えれば、エレガントなVゾーンに仕上げることができる。

写真・図版
タイ¥16,000/ホリデー&ブラウン、スーツ¥115,000/ビームスF(ともにビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、チーフ¥7,000/シモノゴダール(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150

「はっきりしたペイズリーには気後れしてしまう場合は、モチーフが小さいものを選べば手に取りやすいでしょう」(並木氏)。たとえば、ここで紹介するネクタイはペイズリーの大きさや配置がクラシックなスタイルを踏襲しているので、小紋の延長のように扱える。また、渋みのあるパープル地はさほど派手ではなく自分らしさを表現できるので着目したい。柄のブルーになじむサックスのシャツとネイビーのジャケットを合わせるとシックなビズスタイルが仕上がる。

写真・図版
タイ¥16,000/シーワード アンド スターン、スーツ¥177,000/パイデア(ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、チーフ¥7,000/シモノゴダール(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150

「大柄のものや派手に感じるものも、シャツとスーツを組み合わせたVゾーン全体をひとつの絵として捉えることで、統制の取れた見栄えに調えることができるようになります」(並木氏)。ベースに対して大きなペイズリーのこちらのタイは色数が控えめで同調しやすいデザイン。柄色に合わせた白シャツに、ネイビーに限りなく近いパープルの地色と好相性のグレーのスーツを合わせる。スーツは光沢を抑えた起毛系を選ぶことで大柄の印象を中和させている。

写真・図版
タイ¥14,000/アーディ アンド シー(ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、スーツ¥180,000/ソブリン、チーフ¥7,000/シモノゴダール(ともにザ ソブリンハウス 03-6212-2150)、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501

「無地場が広く柄の間隔に開きがあるペイズリータイは、無地感覚で捉えることができるので受け入れやすいもののひとつです」(並木氏)。同系色のモチーフ使いで、よりブラウンソリッドに見立てやすいこちらのタイは、このようなストライプのスーツと調和し、クラシックな感覚でコーディネートできる。さらにストライプと同色のホワイトシャツをあてることで、それぞれを引き立たせている。

写真・図版
ネクタイ¥16,000/フィオリオ、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ともにユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)、スーツ¥180,000/ソブリン、チーフ¥7,000/シモノゴダール(ともにザ ソブリンハウス 03-6212-2150

「スモールモチーフで無地感覚に扱うことができるペイズリーですが、ベースカラーに明度の高い色を選べば、アクティブな印象を演出することができます」(並木氏)。前回は濃色のブラウンでクラシックなスタイルを紹介したが、今回は明るいベージュを選ぶことで快活さを表現。ベースの色を引き立たせる濃いグレーのスーツは濃色のモチーフともバランスよく収まる。シャツはスーツのストライプ色を引き立てる白を選びハーモニーを形づくる。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

<<ワイドピッチのストライプタイはこちら

テラコッタベースのネクタイはこちら>>

Photograph:Ryohei Oizumi(2S studio)
Styling:Takayuki Namiki, Hidetoshi Nakato(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Koki Nakasu

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ 166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学