紳士の雑学

テラコッタベースのネクタイ
[Vゾーンラボラトリー]

2019.10.28

写真・図版
ネクタイ¥16,000/ホリデー&ブラウン(ユナイテッドアローズ 原宿本店 03-3479-8180)、スーツ¥180,000/ソブリン、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)チーフ¥7,000/シモノゴダール(ともにザ ソブリンハウス 03-6212-2150

ネクタイの達人、アイネックスの並木孝之氏に教わるVゾーンテクニック。今シーズン注目すべき5つのキーワードとおすすめのネクタイをご提示いただき、それぞれのコーディネート術をご伝授願う。。第4回は、Vゾーンを新鮮に彩る注目すべきカラー、テラコッタ(赤土色)ベースのネクタイだ。

イタリア語で焼いた土を意味するテラコッタ。「インパクトのある色ですがブラウンの延長線上にある色ですから、ブラウンと同じ感覚でコーディネートしていただける、扱いやすい色です」(並木氏)。テラコッタベースに一般的なピッチのグレーとベージュのストライプのネクタイは、チャコールにホワイトストライプのオーソドックスなスーツでクラシックな着こなしを目指す。テラコッタのタイとグレースーツとの関連性はホワイトシャツがうながしている。

写真・図版
タイ¥14,000/フラテッリ ルイージ、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ともにユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、スーツ¥180,000/ソブリン、チーフ¥7,000/シモノゴダール(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150

「グレーとテラコッタは好相性の色の組み合わせですから、一本ご用意していただくと、お手持ちのスーツで手軽に雰囲気を変えることができます」(並木氏)。さて、こちらは前述の同じシャツとスーツに、ストライプに代えて、テラコッタベースの小紋プリントのネクタイをコーディネート。プリント柄なので表面感に落ち着きがあり、ストライプ×小紋のパターン・オン・パターンの組み合わせを、気後れすることなく着こなすことができる。

写真・図版
タイ¥16,000/ホリデー&ブラウン、スーツ¥177,000/パイデア(ともにビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、チーフ¥7,000/シモノゴダール(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150

「テラコッタは鮮やかな色調ですが、決して派手派手しいものではありません。大胆なモチーフもエレガントに見せることができるので選択肢に加えたいものです」と言い添えながら白のシャツに結んだのは大柄のタイ。テラコッタ地のスペースは広く取られているが、ここまで大柄だと前述のストライプのスーツでは柄と柄とがけんかをしてしまう。そこでここでは、グレー無地のスーツで、なおかつ起毛感のある素材を合わせ、柄のインパクトを中和させている。

写真・図版
タイ¥28,000/アット ヴァンヌッチ、スーツ¥177,000/パイデア(ともにビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、チーフ¥7,000/シモノゴダール(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150

「多色づかいのストライプのタイも、テラコッタベースなら普段のオーソドックスな配色とは違う印象をVゾーンに採り入れることができます」とレコメンドされたのが、テラコッタにパープルが利いたストライプタイ。大柄の場合と同じように、グレー無地で起毛素材のスーツを合わせて、柄の強さを軽減させ落ち着きのある見栄えを作り上げる。シャツはストライプの中にあるホワイトに合わせて、コントラストを調える。

写真・図版
タイ¥16,000/フランコ バッシ、スーツ¥100,000/ビームスF(ともにビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623)、シャツ¥36,000/アヴィーノ ラボラトリオ ナポレターノ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、チーフ¥7,000/シモノゴダール(ザ ソブリンハウス 03-6212-2150

「ここまではグレーとの組み合わせに言及してきましたが、テラコッタはネイビースーツとの組み合わせにもよくマッチングし、ノーブルなVゾーンを演出できます」(並木氏)。ここではネイビーのシャドーチェックのスーツに、テラコッタにネイビーとベージュのワイドピッチのストライプタイを選択。シャツはスーツとタイの橋渡しの役割を果たしてくれるサックスのシャツを合わせてコントラストを抑え、バランスのいい色合いを作り上げている。

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

<<ペイズリーのネクタイはこちら

ソリッドタイはこちら>>

Photograph:Ryohei Oizumi(2S studio)
Styling:Takayuki Namiki, Hidetoshi Nakato(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Koki Nakasu

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ110
    夏の必需品、短パン選びの新基準!
    女性の視線を釘付けにする花柄短パンの魅力とは

    カジュアルウェア

    2021.07.07

  2. 写真・図版

    メンズのスーツスタイルに合うベルトの条件とは?
    人気ブランドとともに解説

    スーツ

    2021.07.20

  3. 写真・図版

    雪駄(せった)を現代的にアップデートさせた、
    トウキョウ サンダルのサンダル。

    2021.07.27

  4. 写真・図版

    メンズスーツが際立つ
    ワイシャツのおすすめブランドを紹介

    スーツ

    2021.07.27

  5. 写真・図版

    不朽の名作を夏仕様にモディファイした、
    コンバースのサンダル。

    2021.07.06

紳士の雑学

調べ・見立て