接待と手土産

「パレスホテル東京」のカレー
すべて実食! 自慢の手土産#44

2020.01.27

写真・図版

ちょっとリッチで意外性のあるホテルのカレー。

高級ホテルで購入する上質な手土産、今週は「パレスホテル東京」のカレーを紹介。ちょっと変化球ではあるが、誰に贈っても本当に評判がいい。しかも、贈ればかなりの確率で感想のフィードバックがある。それだけおいしくて、そしてインパクトがあるのだ。

パレスホテル東京といえば、国有国営ホテルとして1947年に開業した「ホテルテート」を前身とした由緒あるホテル。昔からレストランに定評があり、グルマンたちに愛されてきた。なかでもリニューアル前の旧パレスホテルでカレー専門店として人気を集めていたのが「アイビーハウス」。ランチタイムのみの営業だったが、常にオープン前から行列ができていた。残念ながら現在のパレスホテル東京に店は存在しないが、その味を受け継いだレトルトカレーが地下のペストリーショップ「スイーツ&デリ」で購入できる。かつての名店の味を、自宅で気軽に楽しむことができるというわけだ。

「地鶏チキンカレー」「和牛ビーフカレー」「黒豚ポークカレー」の3種類があり、濃厚でコクのあるワンランクもツーランクも上のレトルトカレーだ。どれもやわらかな大きめの肉がゴロゴロと入って、食べ応えも十分。じっくりと炒めたタマネギにスパイスの溶け込んだつややかなルーが神々しい。辛い物好きの筆者にとっては、辛さは少々控えめだが、うまみがしっかり感じられるリッチな味わいだから、物足りなさはなし。レトルトとは信じがたい、さすがホテルクオリティーだ。

黒のボックスにリボンの付いたパッケージも、上品で手土産にはぴったり。かさばらず、持ち運びしやすい2種類のカレーのセットがおすすめ。レストラン時代に大人気だったチキンも捨てがたいが、個人的には、濃厚な肉の味わいが直球で感じられる黒豚ポークカレーと和牛ビーフカレーの組み合わせがお気に入りだ。

価格的にはちょっと奮発で、自分で購入するには少し覚悟がいるが、だからこそ手土産に最適なのだ。日持ちもするから、好きなときに温めるだけで、歴史を積み重ねてきたパレスホテル東京の味が再現できる。「手土産にレトルトカレー!」という意外性もあり、手土産通のリストにぜひ加えたい逸品だ。

写真・図版

パレスホテル東京 ペストリーショップ「スイーツ&デリ」
東京都千代田区丸の内1-1-1 B1
営業時間/10:00~20:00
定休日/無休
価格/2種詰め合わせギフトセット(黒豚&和牛)4860円など ※価格は税込み
問/03-3211-5315
https://www.palacehoteltokyo.com/restaurants-bars/sweets_deli/

過去の手土産の記事はこちら

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    原宿「Marvin’s」
    古着はやっぱり面白い 第3回

    カジュアルウェア

    2020.09.23

  2. 写真・図版

    伝説のコラボレーションが再び!
    デザイナー「ジル・サンダー」が「ユニクロ」と再タッグ、
    伝説のコラボ「+J」コレクションが復活。

    カジュアルウェア

    2020.09.11

  3. 写真・図版

    黒のスーツはビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2020.09.25

  4. 写真・図版

    使うほどに味わい深くなり、
    カジュアルながらも品格が漂う
    スロウのベジタルシリーズ。

    バッグ

    2020.09.25

  5. 写真・図版

    印象的なデザインに充実の機能。
    持つ人のライフスタイルに寄り添う
    ホグロフスを代表するバックパック。

    バッグ

    2020.09.18

紳士の雑学

調べ・見立て