接待と手土産

「パレスホテル東京」のカレー
すべて実食! 自慢の手土産#44

2020.01.27

写真・図版

ちょっとリッチで意外性のあるホテルのカレー。

高級ホテルで購入する上質な手土産、今週は「パレスホテル東京」のカレーを紹介。ちょっと変化球ではあるが、誰に贈っても本当に評判がいい。しかも、贈ればかなりの確率で感想のフィードバックがある。それだけおいしくて、そしてインパクトがあるのだ。

パレスホテル東京といえば、国有国営ホテルとして1947年に開業した「ホテルテート」を前身とした由緒あるホテル。昔からレストランに定評があり、グルマンたちに愛されてきた。なかでもリニューアル前の旧パレスホテルでカレー専門店として人気を集めていたのが「アイビーハウス」。ランチタイムのみの営業だったが、常にオープン前から行列ができていた。残念ながら現在のパレスホテル東京に店は存在しないが、その味を受け継いだレトルトカレーが地下のペストリーショップ「スイーツ&デリ」で購入できる。かつての名店の味を、自宅で気軽に楽しむことができるというわけだ。

「地鶏チキンカレー」「和牛ビーフカレー」「黒豚ポークカレー」の3種類があり、濃厚でコクのあるワンランクもツーランクも上のレトルトカレーだ。どれもやわらかな大きめの肉がゴロゴロと入って、食べ応えも十分。じっくりと炒めたタマネギにスパイスの溶け込んだつややかなルーが神々しい。辛い物好きの筆者にとっては、辛さは少々控えめだが、うまみがしっかり感じられるリッチな味わいだから、物足りなさはなし。レトルトとは信じがたい、さすがホテルクオリティーだ。

黒のボックスにリボンの付いたパッケージも、上品で手土産にはぴったり。かさばらず、持ち運びしやすい2種類のカレーのセットがおすすめ。レストラン時代に大人気だったチキンも捨てがたいが、個人的には、濃厚な肉の味わいが直球で感じられる黒豚ポークカレーと和牛ビーフカレーの組み合わせがお気に入りだ。

価格的にはちょっと奮発で、自分で購入するには少し覚悟がいるが、だからこそ手土産に最適なのだ。日持ちもするから、好きなときに温めるだけで、歴史を積み重ねてきたパレスホテル東京の味が再現できる。「手土産にレトルトカレー!」という意外性もあり、手土産通のリストにぜひ加えたい逸品だ。

写真・図版

パレスホテル東京 ペストリーショップ「スイーツ&デリ」
東京都千代田区丸の内1-1-1 B1
営業時間/10:00~20:00
定休日/無休
価格/2種詰め合わせギフトセット(黒豚&和牛)4860円など ※価格は税込み
問/03-3211-5315
https://www.palacehoteltokyo.com/restaurants-bars/sweets_deli/

過去の手土産の記事はこちら

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第4回 下北沢 発酵デパートメント

    週末の過ごし方

    2022.11.22

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館1階 メンズアクセサリー
    スタイリスト 星野聖人さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.11.25

紳士の雑学