スーツ

フォーマルスーツとは?
ビジネススーツとの違いや正しい選び方を知ろう

2022.03.17

フォーマルスーツとは?<br>ビジネススーツとの違いや正しい選び方を知ろう

フォーマルな場で身につけるスーツには、さまざまな決まりごとがあります。それらについては、社会人の常識として当然知っておきたいもの。この記事では、フォーマルスーツについて、ビジネススーツとの違いや正しい選び方などを解説します。

フォーマルスーツの定義

フォーマルスーツとは、授賞式や冠婚葬祭などの改まった席で着用する礼服のスーツに当たるものです。フォーマルという言葉には「公式であるさま、格式張っているさま」という意味があります。そのため、フォーマルスーツは「格式の高い場で着る、きちんとしたスーツ」ということになるのです。

詳しくはこの後説明しますが、礼服にはモーニングコートやイブニングコートなど、ジャケットとパンツが共布でないものも存在します。スーツという言葉は、もともと「一対の」という意味があるため、上下が共布でない礼服はフォーマルスーツとは言わずフォーマルウェアと呼ぶのが正しいでしょう。

しかし、一般的に「フォーマルスーツ」という言葉が広く使用されているということもあり、この記事ではフォーマルスーツという呼び方に統一します。

ビジネススーツとフォーマルスーツの違い

「冠婚葬祭なんてたまにしかないから、普通の黒いビジネススーツで行っている」という人も、少なくはありません。しかしビジネス用の黒色のスーツは、フォーマルスーツとは異なり、きちんとした場ではマナー違反となります。

ビジネススーツとフォーマルスーツの違いは、まずその色です。両方を並べて見比べてみるとよくわかりますが、フォーマルスーツのほうがより濃い色味の黒色になります。対する黒色のビジネススーツは、フォーマルスーツと比べると薄めな黒なはず。ものによっては、黒というよりもダークグレーに近いように見えるものさえあります。

また、素材も違います。結婚式など慶事に着用するためのフォーマルスーツは、質の良いウール素材でしっかりと仕立てられているため、上品な光沢があります。量産されているビジネススーツには、そこまでの華やかさや質感の良さは、通常ありません。そして、ディテールも異なります。フォーマルスーツにはベント(動きやすくするためにジャケットの裾に入れられている切れ込み)がありません。

ラペル(ジャケットの襟の下の部分)の形も違っています。たくさんの人が参列するのが、フォーマルな場です。ひとりだけ黒いビジネススーツを着て出席してはマナー違反に当たるばかりか、周りから浮いて悪目立ちしてしまうことでしょう。

黒のスーツについてはこちら>>

フォーマルスーツの種類

フォーマルスーツと一言でいっても、いくつもの種類が存在します。それぞれ着用する時間や場所、身につける人の立場などによって使い分けを行うので、注意することが必要です。それでは、フォーマルスーツの種類について、詳しく解説していきます。

正礼装

正礼装というのは、最も格式の高い場で身に着けるべきフォーマルスーツのことを指します。格式の高い場というのは、授賞式や任命式などです。内閣総理大臣の任命式で、新総理大臣が天皇陛下と接見する際にこの正礼装のフォーマルスーツを着用している姿をテレビで目にしたことがあるという人も多いはず。

また、由緒ある旧家の伝統を重んじるような結婚式で、新郎新婦の父親が着用する場合もあります。葬儀や告別式では、喪主だけが着用できます。

●モーニングコート

ソリマチさんイラスト3

モーニングコートとはその名の通り、昼間に着用する男性用フォーマルスーツの中で最も格式の高い正装になります。ジャケットの後ろの裾が、斜めに長くなっているものがモーニングコートです。下に合わせるのは、グレーのストライプのパンツが基本的なスタイル。それに、コールタイやアスコットタイなどのネクタイをつけます。

もともとは18世紀のイギリス貴族たちが、乗馬をしたあとにフォーマルな場へ出席できるようにと作ったもので、エレガントな乗馬服が由来となります。

●イブニングコート(ホワイトタイ)

1957321d10730beb98fa7c79ee2e29e6

対して、夜間に着用する最も格式の高い正装のフォーマルスーツは、イブニングコートです。こちらも乗馬服から来ているもので、ジャケットの裾の後ろ側がふたつに大きく分かれた形状がツバメの尾に似ていることから「燕尾服」とも言われます。

イブニングコートにはホワイトのベストと、同じくホワイトの蝶ネクタイを合わせます。このことから、別名で「ホワイトタイ」とも呼ばれることがあります。

準礼装

正礼装に次いで、改まった場で着用できるフォーマルスーツが準礼装となります。正礼装と略礼装の中間の正装です。具体的には「ディレクターズスーツ」や、よく耳にすることのある「タキシード」が準礼装に当たります。主に、主賓として招かれて出席する結婚式や披露宴などで身に着けるものです。

●ディレクターズスーツ

ソリマチさんイラスト2

ディレクターズスーツは昼間に着られる準礼装のこと。結婚式や披露宴の際、新郎新婦の父親や主賓、上司などが身に着けるものです。スピーチを任された人も、ディレクターズスーツを着用することがあります。ディレクターズスーツの決まりとしては、黒や濃紺のジャケットにグレーのベストを合わせます。パンツは、グレーと黒のストライプの「コールパンツ」と呼ばれるものになります。

●タキシード(ブラックタイ)

ソリマチさんイラスト4

タキシードとはよく耳にはしますが、実際どういったものなのかよくわかっていないという人も多いでしょう。実はタキシードとは、夜間に着用する準礼装のことなのです。夜間の宴席や、ちょっとかしこまったパーティーなどでも身に着けることができます。タキシードの決まりとしては、ベストを着用するか、ウエストに「カマーバンド」と呼ばれる飾り帯を巻き付けることになっています。それに、黒の蝶ネクタイをつけます。このことから、別名「ブラックタイ」とも呼ばれます。結婚式などの招待状のドレスコードに「ブラックタイ着用」とあれば、タキシードを着て行かなければならないということです。

略礼装

最後に、略礼装について説明します。略礼装は最も一般的に着用されるフォーマルスーツで、ブラックスーツのことを指します。ブラックスーツは、時間を問わず着ることができます。結婚式や披露宴、二次会などに会社の同僚や友人として招待されたときには、略礼装がふさわしいです。社会人のマナーとして、必ず一着は持っておきたいのが略礼装のフォーマルスーツです。

ブラックスーツ

ブラックスーツは、前述したように黒色のビジネススーツとは異なります。ブラックスーツはジャケットとパンツが共布で、品の良い光沢感のある良質なウール素材で、しっかりと仕立てられたものになります。結婚式などの慶事から、葬儀や告別式など弔事にまで使用できる、きちんとしたものを買っておくと良いでしょう。「ブラックスーツには品の良い光沢感がある」と書きましたが、あまり光沢がありすぎるものは慶事には良いですが、故人をしのぶ弔事の場にはふさわしくないものとなってしまいます。一着だけで着回しをしたいと考えるならば、ブラックスーツの中でも、なるべく光沢感のないものを選ぶのがベターです。

ブラックスーツに合わせるネクタイは、慶事では白色やシルバーグレーなど明るめのもので、弔事の際は黒無地のものを結びます。ブラックスーツのジャケットがシングルの場合は、スリーピースといって、共布のベストも着るのが本来のルールです。しかし最近ではずいぶん簡略化され、ツーピーススーツのブラックスーツをフォーマルスーツとして着ている人も多くなりました。ワンランク上のフォーマルスーツを着て、他人と差をつけたい場合には、もともとの正式なルールであるスリーピースのブラックスーツを選ぶことをおすすめします。

結婚式での着こなしの注意点

wedding-1031493_1920

結婚式に招待されたなら、当然のマナーとしてフォーマルスーツ着用で出席します。いわゆる礼服としてお店で売られているものは、社会人として最低でも一着は持っておきましょう。

立場によってスーツの種類を選ぶ

結婚式や披露宴などの慶事の場では、立場によって選ぶフォーマルスーツの種類も変わってきます。まず主人公である新郎や、新郎の父親の場合は、正礼装を着用するのが基本です。次いで、親族や主賓に当たる人は、正礼装よりも少し格を落とした準礼装の、ディレクターズスーツやタキシード(ブラックタイ)を着ます。友人代表スピーチを頼まれた人も、できれば準礼装をするのが望ましいです。

同僚や通常の友人、同級生などの立場にあるならば、略礼装のブラックスーツになります。ブラックスーツを持っていないという人は、濃紺やダークグレーなどのダークスーツを着用するということになります。しかし、格式の高いホテルなどで行われる結婚式にダークスーツを着て行くのはマナー違反となる場合があり、社会人になったタイミングで、できるだけブラックスーツだけは用意しておきたいものです。

そして、上記はあくまでも一例を記したにすぎません。結婚式が行われる会場の格など、場合によっては当てはまらないことも多いのです。カジュアルな雰囲気の会場で、まだ年齢も若いような新郎新婦の親族がディレクターズスーツやタキシードの準礼装を着ていると、浮いてしまう場合もありえます。そういったときには、ブラックスーツがふさわしいといえます。自分の年齢や置かれている立場、新郎新婦との関係性の深さ、会場がどういった場所なのか等をよく考えて、臨機応変に対応することをおすすめします。

シャツ

結婚式に着て行くブラックスーツに合わせるシャツは、白色の無地のシャツがふさわしいです。たとえ真夏の結婚式においても、半袖のシャツを着ることはNGで、長袖シャツにします。襟の形は、レギュラーカラーかウイングカラーのシャツを選びます。レギュラーカラーとは最も標準的な襟の形で、TPOを問わずに着用できる一般的なもの。誰にでも似合う、一番無難な襟の形です。

ウイングカラーというのは立ち襟になっており、襟先が前に折れた形をしているものです。折り返した形が鳥の羽に似ていることから、その名がつきました。ウイングカラーのシャツはブラックスーツだけではなく、準礼装のディレクターズスーツにも合わせられるものです。結婚式や披露宴に招かれることが多く、フォーマルスーツを着る機会も多い立場にあるという人は、ウイングカラーのシャツも一枚用意しておくと安心でしょう。

ネクタイ

結婚式で着用するネクタイは、基本的に白いものかシルバーグレーなど明るい色味のもの。淡色の無地やモノトーンのストライプ柄、小紋や小さめのドット柄も、ブラックスーツ姿が華やかになるためおすすめできます。間違っても、弔事に使用する黒色のネクタイや、目立ちすぎる派手な柄のものは避けてください。

その他、フォーマルスーツの中でも正礼装のイブニングコート(別名ホワイトタイ)には白い蝶ネクタイ、準礼装のタキシード(別名ブラックタイ)には黒の蝶ネクタイを合わせるものだということも、覚えておくと良いでしょう。

結婚式の際に履いていく靴は、基本的に黒を選びます。ひもで結ぶタイプのきちんとした革靴が、フォーマルスーツには似合います。デザインはシンプルなプレーントゥや、つま先に横一文字のシームが入ったストレートチップになります。

いくらドレッシーなタイプのものでも、ブーツなどは履いていってはいけません。また、ヘビ柄やワニ柄などのものも避けます。結婚式の場では、あくまでもプレーンな黒の革靴がベストです。

その靴に合わせるソックスは、黒のものにします。ロングホーズと呼ばれるひざ下丈のソックスが良いでしょう。短めのスポーティなソックスは、結婚式にはカジュアルすぎます。ひざ下丈の黒のソックスならば、脚を組んだ際にもすね毛がのぞくようなこともなく、ブラックスーツや靴と同色なので自然に見えます。

その他の小物

結婚式というフォーマルな場でもスタイルにこだわりたい人は、小物で自分らしさを演出すると素敵になります。まずはジャケットの胸ポケットからのぞかせる、チーフ。上質なリネン素材のものを選び、3つの角をきっちりと折ったスリーピークスと呼ばれる折り方をしてポケットに挿すのが基本のスタイルです。

結婚式で着るシャツの袖口は、折り返しのあるダブルカフスという形になっていることもあります。こちらには、必ずカフリンクスをつけます。カフリンクスはゴールドかシルバーの土台に、シェルやパールなど白系の飾りのついたものがふさわしいです。

スーツに中折れハットなどの帽子を合わせるのは一見上級者風ですが、結婚式という場では良くありません。結婚式の主役は、新郎と新婦です。その新郎よりも目立ってしまいかねないような、華美な装いはマナー違反となってしまいます。

喪服としての着こなしの注意点

AE0824s_26364

葬儀や告別式に行く際のフォーマルスーツを、特に「喪服」といいます。喪服は亡くなった人を偲び、喪に服す気持ちを表すために、できるだけ目立たない黒のフォーマルスーツとなります。

立場によってスーツの種類を選ぶ

実は、葬儀や告別式で着る喪服のスーツにも種類があります。それは慶事と同じく正礼装(正喪服)、準礼装(準喪服)、略礼装(略喪服)の3種類に分けられます。「ブラックフォーマル」とも言われます。弔事においては、亡くなった人の遺族の気持ちを汲み取って、決して失礼のない装いをしなければなりません。まず、正喪服は「モーニングコート」になります。ジャケットとベストは黒で、パンツは黒かダークグレーのストライプ模様の入ったものが正式です。シャツは白無地、ネクタイは黒無地になります。葬儀、告別式にて正喪服のモーニングコートを着るのは、遺族と三親等までの近しい親族だけです。

次に準礼装の準喪服についてです。準喪服とは、正喪服よりも一段格が下がるもので、ブラックスーツになります。ブラックスーツはフォーマルスーツとして一着は持っておくと良いと前述しました。慶事にも弔事にも着回すためには、品質の良いウール素材でありながらも、光沢の少なめな生地のブラックスーツを選ぶのが無難です。

そして最後に、略礼装の略喪服について説明します。男性の場合は、地味な平服が略喪服となります。具体的には、黒や濃紺、ダークグレーなどのダークスーツを指します。ここで勘違いをする人もいるのが「ダークカラーのスーツなら略喪服だから、告別式に着て行ってもいいのか?」ということです。当然、これは絶対にNG。略喪服は訃報を聞いて弔問(仮通夜)に駆けつける際や、三回忌以降の法事にて着用するものです。葬儀や告別式には、きちんとフォーマルなブラックスーツで行きましょう。

最近では遺族や、故人と近しい親族でも、準礼装の喪服であるブラックスーツを着る機会が増えました。遺族が準喪服を着ることも、マナー違反ではありません。

シャツ

ブラックフォーマルである喪服のブラックスーツに合わせるシャツは、当然のことながら白の無地が鉄則です。特に葬儀や告別式に参列するときに、白無地以外のシャツはマナー違反に当たります。

ただし、会社にいるときに突然の訃報が入り、急いで弔問に駆けつけるといった場合には、柄入りのシャツでも許されます。しかし訃報を聞いてからある程度の時間が経った場合は、やはり白無地のシャツに着替えてからにしましょう。会社のロッカーなどに、いつ何があっても慌てずに済むように、白無地のシャツを常に用意しておくというのも良い方法です。

ネクタイ

ブラックスーツで葬儀や告別式に参列するときには、無地で光沢のない黒のネクタイを合わせます。結び方は通常通りでもかまいませんが、ネクタイにディンプル(結び目の下にできるくぼみの部分)を作ることは、ブラックフォーマルにおいてはマナー違反となります。また、ネクタイピンをつけることも不適切です。

葬儀や告別式に参列する際の靴は、黒色のものを選びます。ブラックフォーマルの鉄則として「殺生」や「死」を連想させる革製品や毛皮製品を身に着けていくことは、大きなマナー違反となります。しかし、靴はその限りではありません。できるだけ光沢のない、本革なのかどうか判別しにくい黒の靴を履いていくのがマナーです。金具や装飾のついた靴は、いくら黒でもNGになります。特にヘビ模様やワニ模様などの靴は、絶対に避けてください。

その他の小物

葬儀や告別式は、故人とのお別れをするしめやかな場です。華美な装飾品は、すべてマナー違反となります。男性がブラックフォーマルの喪服を着るときには、あまりバッグは持ちません。どうしても持ちたい場合には、黒色で光沢のない、手で持つタイプのバッグを選びます。革や合皮のバッグでも、シンプルなデザインであれば特に問題はありません。リュックタイプやショルダーバッグなどは、カジュアルでブラックスーツには合わないので、避けるようにしましょう。

喪服のときには、ネクタイピンやカフリンクスなどのアクセサリー類もつけません。男性のアクセサリーで唯一許されるのが、結婚指輪です。腕時計をつける場合には、2針や3針のシンプルな文字盤で黒のレザーベルトのものを選びましょう。金属製で特にゴールドの時計は、マナー違反とされます。

フォーマルスーツ選びでこだわりたいポイント

wedding-4288992_1920

フォーマルスーツは長く着るものなので、細部にまでこだわってから特別な一着を選びたいもの。フォーマルスーツを購入する際にこだわるべきポイントを、3点の部分に注目して説明します。

黒の濃さにこだわる

普段着の黒いビジネススーツとフォーマルスーツの一番の違いは、黒色の濃さにあります。フォーマルスーツでは黒色が濃ければ濃いほど格式が高くなり、質の良さや上品さを感じさせることができます。

たくさんの人がずらりと並ぶのが、フォーマルな席です。スーツの黒の濃さが薄目なものを選んでしまうと、列席している人たちからひとりだけ浮いてしまうような事態も考えられます。特別な場所で社会人として恥をかかないためにも、招待してくれた人に失礼に当たるようなことにならないためにも、フォーマルスーツはできるだけ黒色の濃いものを選ぶことをおすすめします。

生地にこだわる

フォーマルスーツは、質の良いウール100%で仕立てられてあることがほとんどです。対するビジネススーツは、ポリエステル混のものが多くなります。ビジネススーツは毎日のように着ることから、質感の素晴らしさよりも耐久性に優れていなければならないからです。

フォーマルスーツを着用する機会は、せいぜい年に1回~数回くらいでしょう。品質の良い上等な生地で作られたフォーマルスーツは、非日常な特別感を醸し出してくれます。フォーマルスーツ選びは、ぜひ生地選びからこだわりたいもの。オーダースーツを仕立てるならば、生地のサンプル見本帳(パンチブック)の中から好みのものを選ぶこともできます。

サイズにこだわる

最近では、従来のジャストサイズよりもタイトめな、体にスリムフィットする形のスーツを着る男性が増えています。ある意味消耗品であるビジネススーツならば、流行を追った形のものを選ぶというのも一案です。しかし、フォーマルスーツは数年の間、長ければ10年以上着る人もいるくらい長期間使うもの。その年の流行に合わせるのではなく、長年着られるようなオーソドックスなサイズ感のものを選ぶことが重要になります。また5年後、10年後と年数が経つと、体型が変化する人は少なくありません。フォーマルスーツはジャストサイズのものか、それよりも少しだけ大きめなものを選んでおくと、先々で後悔しないでしょう。

スーツの袖丈の長さについてはこちら>>

まとめ

冠婚葬祭などの公式な場で着る、フォーマルスーツについてまとめました。フォーマルスーツは日常的に着用するものではありません。その分、あまり詳しい知識を持っていなかったという人も多いのではないでしょうか。

社会人としてフォーマルな席で恥ずかしい思いをしないためにも、正しい知識を身に着けて、特別感のある一着を所有しておきたいものです。

スーツの基本知識についてはこちら>>
スーツのおすすめブランドについてはこちら>>
大人のパーティーウエア講座。 【第1回】ブラックタイ>>

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 浅草「中華料理 博雅」で味わう、<br>絶品“人情”シュウマイ!<br>マッチと町中華。【第14回】

    浅草「中華料理 博雅」で味わう、
    絶品“人情”シュウマイ!
    マッチと町中華。【第14回】

    週末の過ごし方

    2024.05.24

  2. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  3. ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソンの<br>新作Tシャツで春夏トレンドを手に入れる<br>ファッショントレンドスナップ198

    ユニクロ アンド ジェイ ダブリュー アンダーソンの
    新作Tシャツで春夏トレンドを手に入れる
    ファッショントレンドスナップ198

    カジュアルウェア

    2024.04.30

  4. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  5. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

紳士の雑学