特別インタビュー

ポール・スミス=はがねのつるぎ説
[渋谷直角 男が憧れる、男の持ち物。]

2020.10.22

写真・図版
今年の秋、ワードローブをアップデートするなら主役級シャツを狙いたい。ブリティッシュクラシックにユーモアをちりばめた新作は、シルエットからも品を感じさせる。ブラックベースなら遊び心ある大人な印象に。シャツ各¥27,000/ポール・スミス(ポール・スミス リミテッド 03-3478-5600

多才でいてファッションフリーク、渋谷直角の愛用品からそのセンスを探ってみる──。

「ドラクエは“はがねのつるぎ”を買えるようになったあたりが一番楽しい」とよく言われます。実際プレイしてると確かによくわかるのですが、ゲームの主人公にとっては「絶対ツライはず」なんて思っちゃいますね。初めてポール・スミスのシャツを買ったときを思い出すのです。

高校生のとき、それまでアメカジだったのにUKものに目覚めて、英語を読めもしないくせに「i‒D」や「THEFACE」などの洋雑誌をパルコで買うと、そこにポール・スミスの広告が載っている。UK好きには憧れブランドでした。

何年かしてバイト代を握りしめて最初に渋谷のお店で買ったのは、やはりシャツ。ポール・スミスらしい派手めな柄で、試着した瞬間「あ、もう違うわ」と。アメカジじゃない自分の姿が新鮮で、オシャレレベルが上がった錯覚と、ポール・スミスを着てるという「新しいオレ」の満足感がすごい。ところが帰宅してみると、自分の持ち服と決定的に合わない。あるのはほとんど汚いアメカジばかりで、そもそも10代の持ち服なんてバリエーションが少ないから、ポール・スミスのシャツだけ異常に浮くのです。

「なんか……、全体的には変だぞ?」と思いだしたらもうダメ。せっかくのポール・スミス、出番が来ないままずっと寝かせることに。アレは悔しかった。まさに“はがねのつるぎ〞はなんとか買えたけど、「やっぱヨロイと盾もないとダメだ〜!」。でも総額いくらよ!?と考えると気が遠くなって。ファッションの最初の挫折のひとつですよね。時間をかけて、少しずつ装備を増やすしかない。それもゲームと同じく楽しい時間だったでしょうけど、当時の自分にはもどかしくて仕方なかった。ポール・スミスの服を難なく採り入れられるようになったのは20代後半でした。でもそのころは太っちゃって、また別の似合わなさに悩むのですが、それは完全に自分のせいです!


<<初めて渋谷で買った、ベースボールキャップ。 はこちら


「アエラスタイルマガジンVOL.47 AUTUMN 2020」より転載

Photograph: Tetsuya Niikura(SIGNO)
Styling: Masahiro Tochigi(QUILT)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太、共に育ちゆくモノたちと。

    特別インタビュー

    2020.11.19

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ84
    令和はバーシティジャケット、昭和はスタジャン。
    ルイ・ヴィトンが新作で発表し人気再燃中のアウター登場!

    カジュアルウェア

    2020.11.04

  3. 写真・図版

    気になるあの子。女優 石橋静河
    [MUSE]

    特別インタビュー

    2020.10.30

  4. 写真・図版

    吉沢 亮の季節が来た!

    特別インタビュー

    2020.11.17

  5. 写真・図版

    世界限定300本、歴史的な復刻モデルを別注。
    セイコー プロスペックス×男はつらいよ
    ×ビームス ジャパンの復刻モデルが登場!

    腕時計

    2020.11.20

紳士の雑学

調べ・見立て