接待と手土産

「一坪茶園」の水出し日本茶
すべて実食! 自慢の手土産 #74

2021.11.04

写真・図版

作る人と飲む人の思いをつなぎ、日本茶の未来を創る

日本茶にはゆったりと急須で淹(い)れて優雅な時を過ごすという楽しみ方もあるが、もっと身近に感じてほしいと、シンプルさを追求した簡単な水出しティーバッグを推奨しているのが「一坪茶園」だ。お湯を沸かす必要がなく、水に入れるだけで、おいしいお茶を飲むことができる。

私はお茶好きで、湯を沸かしてお茶を入れるのを苦に思うことはないが、これを体験すると、確かに日本茶がグッと身近になった。手軽なだけでなく、水出しならではのまろやかさがあり、顔を近づけると茶葉のいい香りがした。

持ち運びに便利な透明ボトル付きのセットもあるが、お茶好きとしては飲み比べができる煎茶、ほうじ茶、玄米茶がセットになった「定番3種飲み比べセット(4860円税込み)」をお勧めしたい。

ティーバッグには、茶葉がたっぷりの7g。通常のティーバッグは、2.5gが平均だから、かなりぜいたくに味わえる。500㎖の水に入れて1時間から2時間、お好みの味になるまで待つだけだ。煎茶「空に高く」には、味も香りも一年で最も強くなる一番茶を使用。「お八ついらず」と名付けた玄米茶には、炊いてもおいしい米を丁寧に焙煎して使うなど、素材にも妥協なし。どのお茶も苦みや渋みが少なく、お湯で淹れるより甘みやうまみが強く感じられるほど。独特のトロミ感もいい。

次ページダブルワークで奔走しながら新しい日本茶を模索

1 2 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第4回 下北沢 発酵デパートメント

    週末の過ごし方

    2022.11.22

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館1階 メンズアクセサリー
    スタイリスト 星野聖人さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.11.25

紳士の雑学