カジュアルウェア

コートの種類を徹底解説。
コートのおすすめブランド別の特徴や歴史を一挙解説!

2022.09.08

写真・図版

冬のコーディネートを作るうえで欠かすことのできないアイテムのひとつがコート。素材やシルエットはもちろん、細部のデザイン、防寒性、機能性など、コート選びで重視するポイントは人それぞれです。そんな冬のコーディネートの主役であるコートには、さまざまなルーツや歴史があります。この記事では、主なコート10種類の歴史や特徴、オススメの人気ブランドを紹介します。コート選びで迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

チェスターコート

写真・図版

まずは、世代や性別を問わず高い人気を得ているチェスターコートについて解説します。

歴史、デザイン、素材の特徴

チェスターコートの正式名称は「チェスターフィールドコート」。ルーツは19世紀までさかのぼり、チェスターフィールド伯爵が仕立てて着用したことからブームとなり名付けられました。

チェスターコートは、スーツのような襟元やウエストが絞られたすっきりとしたシルエットで長めの丈が特徴です。ビジネスからフォーマルで着用されるほか、アレンジ次第ではカジュアルシーンでもおしゃれに着こなせます。

本来のチェスターコートはボタンが隠れる「比翼仕立て」ですが、近年ではボタンが表に出たものも多く見られます。チェスターコートに使用される代表的な素材はウールやナイロンなど。TPOに合わせた素材選びをオススメします。

スタイル、コーディネート

チェスターコートが似合うシチュエーションとしてまず挙げられるのはビジネスシーン。スーツとの相性は抜群で、上にさっとはおるだけできちんとした印象になります。もちろん、フォーマルシーンでも活躍します。つやのある上品な生地の物を選べば、クラス感のあるコーディネートに仕上がります。チェスターコートは襟元が大きく開くため、冬場は首にマフラーやストールを巻くことで、着こなしにアクセントが加わります。

カジュアルシーンにチェスターコートを採り入れるのなら、 チェック柄や凹凸のある織りの生地などが好相性。丈が長めでタイトなシルエットなので、インナーやボトムスはコンパクトにまとめるとすっきりしたコーディネートが完成します。

チェスターコートの定番ブランド

TAGLIATORE(タリアトーレ)

タリアトーレは、イタリアの老舗レラリオ社の2代目ピーノ・レラリオによって1998年にスタートしたブランド。絶妙なウエストシェイプで、大人の色気が演出できるシルエットが特徴です。

LARDINI(ラルディーニ)

チェスターコートのブランドとして名前が挙がることの多いラルディーニは、1978年にルイジ・ラルディーニによって立ち上げられました。ラルディーニのチェスターコートはすっきりとしたシンプルなシルエットが特徴で、近年ではリサイクルカシミを採用したサステイナブルなものも発表されています。

Paul Smith(ポール・スミス)

1970年に創立されたイギリスのブランド、ポール・スミスのチェスターコートも人気です。遊び心にあふれたチャーミングな要素と上品さを兼ね備えたデザインは、幅広い世代から支持を集めています。

ステンカラーコート

続いてはステンカラーコートの紹介です。こちらもまた、ビジネスシーンを中心に活躍するコート。その歴史やコーディネート、主要ブランドについて見ていきましょう。

歴史、デザイン、素材の特徴

ステンカラーコートは、小ぶりでコンパクトな「ステンカラー」を持つコートを指します。正式名称を「バルマカーンコート」と呼び、スコットランドのバルマカーンで19世紀末ごろから着用されはじめました。シンプルなシルエットや、脇から首元にかけて切り替えがある「ラグランスリーブ」、ボタンが隠れる「比翼仕立て」などが特徴です。

素材はウールやカシミヤ、綿、ナイロンやポリエステルなどがよく使用されます。季節やシチュエーションに応じた素材選びをすることで、コーディネートの強い味方となります。ちなみに、「ステンカラーコート」は日本特有の呼び名です。

スタイル、コーディネート

チェスターコートが活躍する場として挙げられるのは、まずビジネスシーン。装飾の少ないシンプルなデザインはスーツと相性抜群です。マフラーやストールなどをプラスしてもいいアクセントになります。カジュアルに着こなしたい場合は、コートのテイストに合わせたきれいめスタイルがオススメです。

素材は冬用ならウールやカシミヤ、春と秋用なら綿やナイロンなどさらりと着られる一着を選びましょう。

ステンカラーコートの定番ブランド

Brooks Brothers(ブルックス ブラザーズ)

アメリカの有名ブランドで1818年から続くブルックス ブラザーズ。ヘンリー・サンズ・ブルックスによって、ニューヨークの街角からスタートしました。アメリカンスタイルを象徴するブルックス ブラザーズは、落ち着いた大人のスタイルにぜひ採り入れたいブランドです。

AURALEE(オーラリー)

日本発のブランドのオーラリー。2015年に立ち上げられ、「第37回毎日ファッション大賞」ではデザインを手掛ける創立者の岩井良太が新人賞・資生堂奨励賞を獲得するなど、新進気鋭のブランドです。

トレンチコート

次に紹介するのは、ビジネス、カジュアルのどちらでも活躍するアウター、トレンチコートです。老若男女問わず好まれるトレンチコートについて解説します。

歴史、デザイン、素材の特徴

男女問わず人気のベーシックアイテムであるトレンチコートは、第一次世界大戦時に生まれました。イギリス陸軍が塹壕(トレンチ)の中で着る防寒着が原形で、名前もここから取られています。肩の飾り「エポレット」やラグランスリーブ、胸元のガンフラップ、ベルトの「Dリング」など、軍用コートをルーツに持つトレンチコートならではのディティールがちりばめられています。トレンチコートによく使用される素材は、バーバリーが考案した「ギャバジン」という優れた撥水性を持つ生地です。

スタイル、コーディネート

トレンチコートの着こなしのバリエーションはさまざまです。たとえば、腰のベルトをフロントできっちりと締めればシックな印象に。この際ボタンを留めるか、開けるかでも雰囲気が変わります。フロントを開けて中のレイヤードを見せるときは、ベルトを後ろで軽く結ぶのが一般的です。ウエストを絞らずゆるく結べばざっくりとラフな印象に、ウエストを絞って結べばタイトなシルエットになります。

マフラーやストール、帽子といった小物とも相性がいいので、コーディネートに遊び心を入れたい場合はオススメ。また、カジュアルスタイルではフーディーと合わせるのも人気のスタイルです。

トレンチコートの定番ブランド

Aquascutum(アクアスキュータム)

1851年に創業されたイギリスの老舗ブランド、アクアスキュータム。仕立て職人ジョン・エマリーによって、防水加工がされたウール生地が開発されたことでも知られています。アクアスキュータムを代表するアイテムがトレンチコート。洗練を極めたデザインと抜群の機能性が特徴です。

SANYOCOAT(サンヨーコート)

1946年にスタートした日本発のコートブランドがサンヨーコート。三陽商会によるコート専業ブランドで、「伝統と革新」「日本製」「こだわりの品質」をスローガンに上質なものづくりに取り組んでいます。メンテナンスをしつつ長く着られる「100年コート」など、生涯使う逸品を探しているならぜひチェックしておきたいところです。

Hevo(イーヴォ)

2010年にスタートした南イタリア発のブランドがイーヴォ。イタリアの名ブランド、サルトリオを支えたファビオ・ファルセッタをディレクターに起用し、スポーティーでスタイリッシュなアイテムを多数発表しています。

次ページ2ページへ

1 2 3 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    岩井千怜、川崎春花、尾関彩美悠 新ヒロイン続々誕生の一方で、
    ベテランが抱く思い「あと何回ゴルフが……」。

    週末の過ごし方

    2022.09.26

  2. 写真・図版

    前田拳太郎、櫻井佑樹、そしてバディな小物たち。
    #01 ネクタイ

    ネクタイ

    2022.09.28

  3. 写真・図版

    「あなたと歩く。ユニクロのジーンズ」第2弾!
    WEBムービー「ユニクロのジーンズ LIFE 篇」に、
    内田篤人を筆頭に、豪華出演者4名が登場。

    カジュアルウェア

    2022.09.15

  4. 写真・図版

    黒スーツ(ブラックスーツ)はビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2022.09.16

  5. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ158
    あいみょんで人気に火が付いたラコステのカーディガン。
    男女問わず愛される理由を解明。

    カジュアルウェア

    2022.09.27

紳士の雑学