カジュアルウェア

SHOWCASE
人生を変える、ただひとつのカメラ。

2023.06.08

ファッションエディターの審美眼にかなった、いま旬アイテムや知られざる名品をお届け。

400_1 230213_AERA STYLE MAGAZINE16688_F01
本体もレンズも高価だが、長年使えるしリセールバリューも極めて高い。『ライカM11』¥1,298,000、『ズミクロン M f2/35㎜ ASPH.』¥495,000/ともにライカカメラ(ライカカスタマーケア 0570-055-844

私事で恐縮だが、昨年秋に自費出版で写真集を上梓させてもらった。全280ページ、すべて編集者であるぼくが、ライカのデジタルカメラで撮影したものだ。2015年にM型ライカと出合ってから、ぼくの仕事と生活は大きく変わった。

海外出張のときに、カメラマンを伴わないと取材ができないことに不自由さを感じて、思い切って手に入れたのが『ライカM TYP240』。編集者ごときがクルマを買える価格のカメラやレンズを買うなんて、分不相応だとわかってはいたが、こればかりは仕方ない。高級機械式時計や旧車に通じる圧倒的な質感や、操作の楽しさ、デジタル特有のイヤらしさを感じさせない上品な描写もさることながら、このカメラはぼくの人生をも変えてくれるような気がしたのだ。

かくしてその予感は的中する。自分の心に映った映像を表現してくれる〝第二の目〟として。ビスポークスーツや本格靴にもマッチする、装いの工芸品として。そして、そんな素晴らしい道具を愛する者どうしの、コミュニケーションツールとして……。この8年、『ライカM TYP240』はさまざまな形で、ぼくの人生を豊かにしてくれたのだ。

このカメラを所有している間、M型ライカは幾度となく進化したニューモデルを発表してきた。なかでも昨年登場した『ライカM 11』は、操作性といい画質といい、決定版とも言える完成度だ。正直言ってとても欲しい! しかしぼくは、たぶん傷だらけになった今のライカを手放すことはないだろうな、とも思っている。8年前のデジタルカメラなんて普通なら型落ちと言われそうなのだが、ライカの描写とその価値は不思議と決して色あせないのだ。だからもし今、かつてのぼくのように、ライカを買うか買わないか迷っている方がいたら、自信を持って最新の『ライカM 11』をおすすめしたい。このカメラは今後10年、あなたの人生をきっと楽しくしてくれるよ、と。

山下英介(やました・えいすけ)
ライター・編集者。『MENʼS Precious』などのメンズ誌の編集を経て、独立。現在は『文藝春秋』のファッションページ制作のほか、webマガジン『ぼくのおじさん』を運営。

<<<岡山で見つけた愛すべきモノづくり。 はこちら

   サンマとイワシ、そしてワラビー。 はこちら。>>>

アエラスタイルマガジンVOL.54」より転載

Photograph: Ryohei Oizumi
Styling: Hidetoshi Nakato (TABLE ROCK.STUDIO)

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、<br>トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは? <br>ファッショントレンドスナップ199

    ポロ ラルフ ローレンのマドラスジャケットで、
    トレンド感満載のスタイリングを完成させるポイントとは?
    ファッショントレンドスナップ199

    カジュアルウェア

    2024.05.14

  2. 浅草「中華料理 博雅」で味わう、<br>絶品“人情”シュウマイ!<br>マッチと町中華。【第14回】

    浅草「中華料理 博雅」で味わう、
    絶品“人情”シュウマイ!
    マッチと町中華。【第14回】

    週末の過ごし方

    2024.05.24

  3. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>心を解き放つ、「皐月」のスーツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    心を解き放つ、「皐月」のスーツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.05.17

  4. 水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】<br>─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    水上恒司、感性を刺激する旅へ。 【前編】
    ─マセラティ MC20 チェロを駆けらせ、八ヶ岳を目指す─

    特別インタビュー

    2024.05.09

  5. 笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で<br>マッチが“昭和”にタイムスリップ!? <br>マッチと町中華。【第13回】

    笹塚の超穴場町中華「昭和軒」で
    マッチが“昭和”にタイムスリップ!?
    マッチと町中華。【第13回】

    週末の過ごし方

    2024.04.26

紳士の雑学