週末の過ごし方

浅草『中華料理 ぼたん』の名物料理、
“江戸っ子”オムライスをパクリ!
マッチと町中華。【第15回】

2024.06.03

浅草『中華料理 ぼたん』の名物料理、<br>“江戸っ子”オムライスをパクリ!<br>マッチと町中華。【第15回】
「オムライスがあるのは、浅草の洋食文化の流れかな。すごく親しみやすい味で何度でも食べたくなります」

どんなときでもギンギラギンに人生を謳歌(おうか)するマッチがあの町、この町の味アリな中華料理店をめぐりながら、ラーメンをすすり、ときにはビールを飲みながら餃子を頰張る、わんぱくな大人のための食の探訪記。今回、訪れたのは、さまざまな文化が息づく浅草で70年以上愛される『中華料理 ぼたん』。ハイカラな街の個性を表すような“町中華のオムライス”を食べながら、マッチに浅草でしてみたいことについて聞いてみた。

前回の「博雅」に続いて、マッチが浅草の町中華を訪れるのは2回目。下町の人情と温かさに触れ、すっかりその魅力のトリコになったマッチが向かったのは浅草寺にほど近い「中華料理 ぼたん」。下町のシンボリックな風景としてもおなじみの東京スカイツリーは“江戸紫”色にライトアップされることでも知られるが、昭和23年に創業したこの店にも、上品な江戸紫の暖簾(のれん)が掲げられている。

近藤真彦さん03
昔からマッチの大ファンだという女将(おかみ)さんに「どの曲が好きですか?」と聞かれ「ギンギラギンはさすがに歌い飽きましたよ(笑)というのは冗談で、どの曲にもめちゃくちゃ愛があります」とマッチ

長年、マッチの大ファンだという女将の川瀬千明さんは「マッチに会えるなんて、真面目にこの仕事をしてきてよかったです。若いころはお友達もみんな、私がマッチと結婚する! と言っていたんだから(笑)」とうれしそう。マッチも「町中華でこんなに持ち上げられるのは初めてです」と笑いながらもまんざらではなさそうだ。

週末に限らず、観光客であふれる浅草には多くの名所や名物があるが「ぼたん」のオムライスもそのひとつ。三代目の祖父が洋食店で働いていたこともあり、メニューに加わったのだという。

近藤真彦さん04
「いつかホッピー通りに行ってみたいね!」と言いながらお店の許可を取って“青空ビール”を体験!

「オムライスは絶対にお願いしたいし、餃子と麻婆豆腐もいいね。あとは、やっぱりビールかな」と注文。浅草には昼から開く酒場がずらりと並ぶ“ホッピー通り”があるとスタッフから聞くと「それは楽しそう!」と興味津々。気分だけでも味わってもらおうと、特別にぼたんの軒先でビールを飲ませてもらう。「明るいうちから外で飲むビールは本当に最高。いつかホッピー通りにも行ってみたいです」と言うマッチに料理が運ばれてくるまでのあいだに、浅草でやってみたいことを聞いてみることに。

「ここに来るときにちらっと見えたんだけれど、浅草花やしきは行ってみたいな。もしかしたら、グラビア撮影とかで行ったことがあるかもしれないけれど、あの頃の記憶がちょっとぼんやりとしていて(笑)。お化けやしきは苦手な人も多いと思うけれど、僕は全然平気。どこからでもかかってこい!という感じです(笑)。ただ、幽霊の存在は信じている部分もあるかな。かなり前にツアーで大阪のホテルに泊まったとき、疲れて寝ていたら両足をずんと引っ張られてベッドの下に落ちたことがあって。あれは今でも忘れられない恐怖体験(笑)。もちろん、部屋には誰もいなかったからちょっとパニックになった」と、少し時季が早めの怪談話も。

近藤真彦さん05
餃子(5個)450円。「大きすぎないサイズ感と焼き目が最高! オムライスの前哨戦にぴったり」
近藤真彦さん06
麻婆豆腐750円。豆板醤で味の深みを出すのがポイント。「家庭的でほっとする味」とマッチ。
  • 近藤真彦さん07
    「そのまま食べるとしょうがの香りがふわっと鼻を抜けますね。これはなにも付けなくてもおいしいよ。肉汁で唇がテカテカになるね(笑)」
  • 近藤真彦さん08
    口福の表情。「絹ごしの豆腐というのがまたいい。お米もいいけれど、ビールにもすごく合います」

ビールを飲みながら餃子と麻婆豆腐をつまむマッチを眺めながら、女将さんも変わらず目がハート状態。厨房では三代目店主と息子さんが鍋を振りながらオムライスを調理している。

近藤真彦さん09
オムライス1200円。55年以上愛される店の看板メニューのひとつ。中身のチキンライスはラードを使い、強火でしっかりと炒める

常連客のファンが多いのはもちろん、この頃はSNSでも頻繁に見かける#ぼたんのオムライスは、ラードをたっぷりと使い、高火力で炒めることでチキンライスをパラパラに仕上げているのがおいしさのポイント。

近藤真彦さん11
ケチャップのまろやかな酸味がマッチの食欲を刺激。「スプーンが止まらない!」
近藤真彦さん10
合間に熱々のスープをすすりながら「町中華のごはんものに付いてくるスープって心底、癒やされるよね」

薄焼き卵に包まれたオムライスはビジュアルが端正で“飾らない江戸っ子”の美意識が表れているようでもある。スプーンでひとすくいして「豚の脂の甘みと頰がキュッとなるようなケチャップの酸味のバランスが最高です!」とマッチ。蕎麦屋に限らず町中華も長っ尻は野暮と、一気に完食する。

近藤真彦さん02
浅草の粋な男をイメージして、暖簾(のれん)前で決めポーズ。「日脚がだいぶ伸びてきたね。このまま飲みに行きたくなっちゃうな(笑)」
近藤真彦さん12
許可をいただき「ぼたん」のスタッフ専用の自転車を拝借! 「乗り物好きなので、つい」といつでもお茶目なマッチ

「じつは、東京スカイツリーが開業したときに登ってみたいと思って出かけたことがあるんです。そのときはすごい人で泣く泣く諦めたんですけれど、近々、再チャレンジしてみようかな。それで花やしきに行って、浅草寺にお参りして、ぼたんでオムライスを食べる。余力があったらホッピー通りも(笑)。これが僕の理想の浅草エリア散歩コースです」

近藤真彦さん13
店主の川瀬茂高さんと女将の千明さん、店を支える皆さんと一緒に記念撮影。「町中華のオムライス、またすぐに恋しくなりそうです!」

中華料理 ぼたん
東京都台東区花川戸1-8-1
TEL/03-3841-5040
営 11:00~21:00
金曜休み 26席

近藤真彦(こんどう・まさひこ)
1964年生まれ。歌手、俳優、レーシングチームオーナー兼監督、実業家。1979年テレビドラマ『3年B組金八先生』でデビュー。1980年以降はソロ歌手として、『スニーカーぶる~す』『ギンギラギンにさりげなく』『ハイティーン・ブギ』『ケジメなさい』『愚か者』などなど、ヒット曲を多数発表。現在もコンサートやディナーショーで多くの観客を魅了し、そのスター性は健在。

☆マッチさんのコンサート情報などはコチラ!

<<マッチと町中華。一覧はこちら

<<Voicy「アエラスタイルマガジンの談話室」にてマッチさんとおしゃべりしました!

NEWS!
<マッチと町中華。>ステッカーが完成!

ステッカー

マッチさんが訪れた店舗には、ご本人からオリジナルステッカーをお配りすることになりました。記事掲載された店舗に足をお運びの際は、このステッカーを探してみてください!

Photograph: Akira Maeda(MAETTICO)
Styling: Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Hair & Make-up: GONTA(weather)
Text: Keiko Kodera

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 中野坂上の行列店「ミッキー飯店」でスタミナ補給!?<br>常連客もうなる“ミッキーライス”にマッチも汗だく!<br>マッチと町中華。【第16回】

    中野坂上の行列店「ミッキー飯店」でスタミナ補給!?
    常連客もうなる“ミッキーライス”にマッチも汗だく!
    マッチと町中華。【第16回】

    週末の過ごし方

    2024.06.24

  2. 【ポロ ラルフ ローレン】<br>「クールビズ」の最適解。<br>ポロシャツが主役となるこの夏のビジカジスタイル。vol.2

    【ポロ ラルフ ローレン】
    「クールビズ」の最適解。
    ポロシャツが主役となるこの夏のビジカジスタイル。vol.2

    カジュアルウェア

    2024.07.09

  3. うわさの“ちゃん系”、荻窪の「中華屋 啓ちゃん」へ。<br>白飯泥棒と評判のひと皿にマッチも大興奮!<br>マッチと町中華。【第17回】

    うわさの“ちゃん系”、荻窪の「中華屋 啓ちゃん」へ。
    白飯泥棒と評判のひと皿にマッチも大興奮!
    マッチと町中華。【第17回】

    週末の過ごし方

    2024.06.28

  4. 俳優・町田啓太と考える、装う美学。<br>エスプリ薫る「文月」のバスクシャツ。<br>【第二期】

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    エスプリ薫る「文月」のバスクシャツ。
    【第二期】

    週末の過ごし方

    2024.07.19

  5. 【マッキントッシュ ロンドンの“BREASY JACKET”セットアップ】<br>楽なのにきちんと装える。<br>夏こそ真価を発揮する“機能スーツ”Vol.02

    【マッキントッシュ ロンドンの“BREASY JACKET”セットアップ】
    楽なのにきちんと装える。
    夏こそ真価を発揮する“機能スーツ”Vol.02

    スーツ

    2024.07.17

紳士の雑学