美しい時計

ロンジン、 グッドプライスで購入できる名門ブランド

2017.06.24

写真・図版
「ハイドロコンクエスト“ブラックアウト”日本限定モデル」。300m防水のダイバーズ。ブラックPVDが精悍(せいかん)な印象。自動巻き、ケースはステンレススチール、直径41㎜、限定500本 ¥203,000(※1)

 西洋文化に造詣(ぞうけい)の深かった薩摩藩の第12代藩主・島津忠義は、西郷隆盛に江戸無血開城の褒美としてロンジンの懐中時計を贈ったといわれる。あの西郷さんの着物の懐には、ゴールドケースにホワイトダイヤルの懐中時計が鎮座していたらしい。
 
 1927年にリンドバーグは世界初の大西洋単独無着陸横断に成功したが、ニューヨークからパリ到着までの「33時間30分30秒」はロンジンの時計によって計測された。このときの経験をもとに、リンドバーグは飛行中の自分の正確な現在位置(経度)が決定できる「アワーアングルウォッチ」を考案。1931年にロンジンが製品化したが、航空時計の最高傑作として伝説的なモデルとなっている。
 
 1832年に創業したロンジンはスイスでも老舗の名門ブランドであり、185年にも及ぶ歴史があるだけに、こうしたエピソードはいくらでも探せる。偉人や冒険家たちが愛用しただけでなく、クロノグラフのパイオニアでもあることから、各種の世界的なスポーツ大会の公式タイムキーパーを務めてきた。スポーツ計時でも革新的なテクノロジーを開発した草分けだ。

写真・図版
(※2)

 その一方で「エレガンス・伝統・パフォーマンス」をスローガンとして、クラシカルで優美なモデルも定期的にリリースしている。1867年以降に製造された時計のデータがすべて記録されているほか、ミュージアムも整備されており、この充実したアーカイブから、歴史的な遺産とも呼べるモデルを縦横無尽に復刻できるのである。
 
 過去にこだわるだけでなく、技術革新にも取り組んでおり、今年は「コンクエストV.H.P.」をリリースした。
 
 年差±5秒の高精度クオーツだが、強い衝撃や磁場にさらされたときには針をいったん停止。それから自動補正する新開発のシステムを搭載している。
 
 これほどの歴史と実績を有するブランドにもかかわらず、超高価なモデルは見当たらない。手の届きやすいグッドプライスが中心になっており、さまざまな意味でコストパフォーマンスが極めて高いブランドなのである。

  • 写真・図版
    「リンドバーグ アワーアングルウォッチ90周年モデル」。大西洋単独無着陸横断飛行から90周年を記念した世界限定の復刻モデル(90本)。手巻き、ケースはチタニウム、直径47.5㎜ ¥633,000
  • 写真・図版
    「ロンジン マスターコレクション」。クラシカルなエレガンスを継承するコレクションに新色を追加。サンレイ加工によって放射状に輝く。自動巻き、ケースはステンレススチール、直径40㎜ ¥238,000
  • 写真・図版
    「コンクエストV.H.P.」。高精度クオーツに、新開発の自動補正機構を搭載したクロノグラフ。強い衝撃や磁気にさらされても精度を維持する。ケースはステンレススチール、直径42㎜ ¥196,000

問/ロンジン スウォッチ グループ ジャパン 03-6254-7351

掲載した商品はすべて税抜き価格になります。

Photograph:Fumito Shibasaki(DONNA)※1、Mitsuya T-Max Sada※2
Text:Keiji Kasaki(Team Spiral)

SHARE

写真・図版

ロンジン、 グッドプライスで購入できる名門ブランド

シェアする
Hatena Bookmark

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  2. 写真・図版

    ダウンベストを着こなすときに気にするべき2つのポイント。

    旬のおすすめ

    2017.11.02

  3. 写真・図版

    モンクレールで、これが欲しい。
    一着で二度美味しいダウンセーター

    旬のおすすめ

    2017.11.17

  4. 写真・図版

    メルセデス初のクロスオーバーモデルは、
    都会人のジレンマを払拭するか?

    旅と暮らし

    2017.12.01

  5. 写真・図版

    プロゴルファー・堀 琴音、束の間の素顔 #1
    [美女スナップ]

    旅と暮らし

    2017.12.04

紳士の雑学

調べ・見立て