旬のおすすめ

ジバンシィで、これが欲しい。
クチュール魂を込めたストリートなカーディガン

2017.11.14

写真・図版

1927年パリ郊外にて生まれたユベール・ド・ジバンシィこそブランドの開祖。貴族系出身のジバンシィは、才能とチャンスに恵まれ、パリの実力派メゾンで経験を積んだ後の24歳という若さでコレクションデビューを果す。特に彼の名を世に知らしめる契機となったのが1954年。伝説的女優であるオードリー・ヘプバーンが主演を務めた映画『麗しのサブリナ』の衣装を手掛けたことから。当時の代表的なニュールックとは一線を画す、身体のラインをあえて強調しないことで表現したエレガンスは、新時代の美として絶賛を集めたのだ。以来、数々の名デザイナーがジバンシィの名を引き継ぎ、フランスを代表するモードブランドへと進化する。

このカーディガンは、そんなジバンシィの革新性とストリート・クチュールの達人として名高いリカルド・ティッシのセンスを絶妙にミックスさせた逸品。星条旗からインスパイアされたという赤と黒のボーダー柄が、シンプルにして反骨的な若々しさを感じさせる仕上がり。ポイントはジバンシィのアイコンとも言える背面の“Tカット”。背中中央に配された縦のラインにより、フロントボタンを開けて着たときなど、クラシカルなカーディガンとは異なるモードな表情を垣間見せるのが特徴的。アウターとしてはもちろんジャケットなどのインナーとしても、装いにさり気ないアクセントを添えてくれる、実に洒落た一着なのだ。

素材はウール。薄手ながら非常に保温性に優れているところもポイント。カーディガン¥81,000/ジバンシィ(ジバンシィ表参道店 03-3404-0360)

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

←ジル・サンダーで、これが欲しい。

 ラルフ ローレンで、これが欲しい。→

Photograph:Fumito Shibasaki(DONNA)
Styling:Eiji Ishikawa(TABLE ROCK.STUDIO)
Text:Tsuyoshi Hasegawa (04)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    忙しいビジネスマンのほったらかし投資術講座
    Vol.1 ほったらかし投資のススメ

    紳士の雑学

    2019.02.06

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  4. 写真・図版

    これで差がつく! スーツを綺麗に保つブラシがけの方法とブラシの選び方

    紳士の雑学

    2019.02.06

  5. 写真・図版

    ハードなライダースジャケットは小物使いが着こなしのカギ

    旬のおすすめ

    2019.02.08

紳士の雑学

調べ・見立て