旬のおすすめ

ニッポンの冬、ニッポンのコートを着る。
第6回 五大陸

2017.11.16

写真・図版

今冬のビジネススタイルの主役は、もう手に入れただろうか。いまだ思案中という方のために、合計6回にわたりニッポン発の6ブランドが今シーズン提案するコートを紹介する。第6回は、2017年の今年で25周年を迎えた五大陸だ。

設立は1992年。英国の伝統、フランスの華やぎ、イタリアの粋、アメリカの合理性、それらを日本の繊細な感性によって仕立てた、ジャパニーズ・ジェントルマン・スタンダードを提唱する。

五大陸は、設立以来ニッポンのモノづくり技術を積極的に採り入れてきた。それも、西陣織といった伝統技術と同時に、コットン100%ながら形状記憶性のあるシャツなど“かつて”と“いま”が融合しているのが興味深い。

25周年という節目を迎えた今年は、“ネクストジェネレーション”をテーマに掲げ、洋装文化を独自の視点で解釈・昇華してきたニッポンの美意識に改めてフューチャーする。

今回紹介するコートは、実はスーツのファクトリーで仕立てている。スーツ仕込みの細密な縫製により、ジャケット感覚のシルエットを実現している。まさに、ニッポンの正統派ジェントルマンにふさわしい一着だ。

写真・図版

ウールにカシミアを15%混紡した国産の生地は、ビーバー仕上げと相まってやわらかく、そして上品な光沢感を楽しませてくれる。芯地には、2層仕立てのセミ毛芯を採用。それにより適度な保形力を持たせながらも、軽やかな着心地を両立している。
コート¥130,000、スーツ¥99,000、シャツ¥14,000、ネクタイ¥10,000/以上五大陸(オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811)、マフラー¥23,000/ジョンストンズ、グローブ¥21,000/デンツ(ともにリーミルズ エージェンシー 03-3473-7007)、シューズ¥37,000/WFG×ペルフェット(ワールド フットウェア ギャラリー 銀座店 03-3572-6811)

写真・図版

100%カシミアを使用する日本製の生地は、言うまでもなく軽く、やわらかく、そしてラグジュアリーな光沢感が見どころに。ビーバー加工によって、見た目にも暖かさを誇示する。縫製は、すべて日本国内のファクトリーにて行われる。
¥140,000/五大陸(オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811)

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

←第5回 ダーバン

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Tomohiro Saitoh(GLOVE)
Hair & Make-UP:Ryo(COME HAIR)
Text:Masafumi Yasuoka(BEARD MAN)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    5シルエットの機能素材!
    ニューバランスのアパレルライン
    「MET24」からデニムパンツが登場。

    カジュアルウェア

    2021.04.26

  2. 写真・図版

    いまさら…な人のためのゴルフ入門
    GEAR 005名門ブランドの本気
    [先輩ゴルファーも認める ウエア&グッズを選ぶ。]

    カジュアルウェア

    2021.05.06

  3. 写真・図版

    宇垣美里が「時代」になる。[前編]

    特別インタビュー

    2021.05.07

  4. 写真・図版

    都心には「母屋」、別荘は「離れ」という
    しあわせな関係。
    【ニューノーマル時代の別荘探訪。】

    週末の過ごし方

    2021.04.27

  5. 写真・図版

    「母の日」に感謝の気持ちを伝えよう!
    贈り物にふさわしいブルガリの
    厳選されたギフトコレクション。

    小物

    2021.05.06

紳士の雑学

調べ・見立て