旬のおすすめ

ニッポンの冬、ニッポンのコートを着る。
第6回 五大陸

2017.11.16

写真・図版

今冬のビジネススタイルの主役は、もう手に入れただろうか。いまだ思案中という方のために、合計6回にわたりニッポン発の6ブランドが今シーズン提案するコートを紹介する。第6回は、2017年の今年で25周年を迎えた五大陸だ。

設立は1992年。英国の伝統、フランスの華やぎ、イタリアの粋、アメリカの合理性、それらを日本の繊細な感性によって仕立てた、ジャパニーズ・ジェントルマン・スタンダードを提唱する。

五大陸は、設立以来ニッポンのモノづくり技術を積極的に採り入れてきた。それも、西陣織といった伝統技術と同時に、コットン100%ながら形状記憶性のあるシャツなど“かつて”と“いま”が融合しているのが興味深い。

25周年という節目を迎えた今年は、“ネクストジェネレーション”をテーマに掲げ、洋装文化を独自の視点で解釈・昇華してきたニッポンの美意識に改めてフューチャーする。

今回紹介するコートは、実はスーツのファクトリーで仕立てている。スーツ仕込みの細密な縫製により、ジャケット感覚のシルエットを実現している。まさに、ニッポンの正統派ジェントルマンにふさわしい一着だ。

写真・図版

ウールにカシミアを15%混紡した国産の生地は、ビーバー仕上げと相まってやわらかく、そして上品な光沢感を楽しませてくれる。芯地には、2層仕立てのセミ毛芯を採用。それにより適度な保形力を持たせながらも、軽やかな着心地を両立している。
コート¥130,000、スーツ¥99,000、シャツ¥14,000、ネクタイ¥10,000/以上五大陸(オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811)、マフラー¥23,000/ジョンストンズ、グローブ¥21,000/デンツ(ともにリーミルズ エージェンシー 03-3473-7007)、シューズ¥37,000/WFG×ペルフェット(ワールド フットウェア ギャラリー 銀座店 03-3572-6811)

写真・図版

100%カシミアを使用する日本製の生地は、言うまでもなく軽く、やわらかく、そしてラグジュアリーな光沢感が見どころに。ビーバー加工によって、見た目にも暖かさを誇示する。縫製は、すべて日本国内のファクトリーにて行われる。
¥140,000/五大陸(オンワード樫山 お客様相談室 03-5476-5811)

掲載した商品はすべて税抜き価格です。

←第5回 ダーバン

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Tomohiro Saitoh(GLOVE)
Hair & Make-UP:Ryo(COME HAIR)
Text:Masafumi Yasuoka(BEARD MAN)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    忙しいビジネスマンのほったらかし投資術講座
    Vol.1 ほったらかし投資のススメ

    紳士の雑学

    2019.02.06

  2. 写真・図版

    コーチの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.29

  3. 写真・図版

    フルラの財布。
    持って、返して、開いてみた

    旬のおすすめ

    2019.01.28

  4. 写真・図版

    これで差がつく! スーツを綺麗に保つブラシがけの方法とブラシの選び方

    紳士の雑学

    2019.02.06

  5. 写真・図版

    ハードなライダースジャケットは小物使いが着こなしのカギ

    旬のおすすめ

    2019.02.08

紳士の雑学

調べ・見立て