紳士の雑学

自分好みの鞄を探して。

2018.04.04

写真・図版 松山猛

写真・図版

男たちの持つバッグにも、時代が表れるものだ。戦後の男性風景には、革製の鞄がソフト帽とともに、日本のビジネスマン・スタイルの定番だった。男たちはそれに書類や新聞、人によっては愛妻弁当などを入れ、通勤電車に乗り込んだものだ。
ところが最近、ビジネスバッグの主流は、いわゆるナイロンなどの布を用いたものや、ナイロンと革を組み合わせたデザインのものとなってきた。それは昔と違って、紙類だけではなく、結構な重さのパーソナルコンピュータや、さまざまなモバイル機器などを持ち歩く人が増えたため、全体の重量を軽減しようと、軽い素材を用いたバッグに人気が出たからにちがいない。
だが僕は、昔ながらの革製ブリーフケースの存在感が好きだ。
革製のものは、手入れさえ怠らなければ長年の使用に耐えることができる。靴の色やベルトの色とそろえることによって、ファッションにもトータル感が増すし、最近の革には軽さを追求した素材も生まれているから、実用性の面からも問題はない。クラシックさがまた、新しさでもある時代なのだから、自分好みの革鞄を探してみよう。

出典:永久保存版「スーツ」着こなし事典(朝日新聞出版)

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    スーツにハイソックスを履いていないことは恥であると知るべし
    [男の服飾モノ語り]

    紳士の雑学

    2017.12.01

  2. 写真・図版

    ハイパフォーマンスを作る、超「姿勢」力講座
    【第8回】自覚症状が得られにくい首猫背

    旅と暮らし

    2018.04.16

  3. 写真・図版

    小さい、薄い。これが、いま欲しい時計の条件。[男の服飾モノ語り]

    美しい時計

    2017.07.10

  4. 写真・図版

    地元で大人気!
    丁寧な仕事が魅力の鰻の老舗名店
    [部長の名店]

    旅と暮らし

    2018.04.16

  5. 写真・図版

    ルイ・ヴィトンのスニーカー、前から横から、後ろから

    旬のおすすめ

    2018.03.16

紳士の雑学

調べ・見立て