週末の過ごし方

スイーツ紳士も童心に返る
ホットケーキの名品ここにあり
[喫茶店ランチを愛す]

2018.04.13

写真・図版 本庄真穂

写真・図版
「ホットケーキ」¥750。深いコクが特徴の「香咲ブレンド」¥660。まろやかな「ロイヤルブレンド」¥660、軽めの「アメリカン」¥660に加え、「アイリッシュコーヒー」¥900も。「カスタードプリング」¥550、「バナナタルト」¥550のほかに、「焼きチーズカレーライス」¥1,000、「トマトとチーズの煮込みハンバーグ」¥1,450、「きのこのチキンクリームグラタン」¥1,400などオーブンを使ったフードメニューも充実している。

時代の荒波にもまれ、ニッポンのビジネスマンは今日も行く。だからこそ、ひと息つける安らぎの場所は確保しておきたい。そこで、喫茶店ランチである。心と体をほぐし、英気まで養える、そんな都会のオアシスを紹介していく。

パンケーキではなく、ホットケーキ。昭和を代表する家庭料理のひとつ。キッチンから立ち上る甘やかな香りと母の笑顔とミルクと。そんなノスタルジーに浸るかどうかはさておき、どこか幸せの象徴のように感じるのは私だけではないと思う。
「母がこの店を珈琲専門店としてオープンさせたのが1984年。ホットケーキは、彼女がスタッフにまかないとして作っていたもの。それが常連さんの目にとまってメニュー化されたんです」

お母さんがホットケーキを作りはじめると、常連客は目を見開いてその様子を追い、「それが食べたい」とねだったという。甘く香ばしい香りが鼻腔をくすぐり、うっとりしながら焼きあがるのを待つ。その時間まで含めて“幸福の味”だったのではないだろうか。以来、粉の配合を変えて何度も何度も試作を繰り返し、いまの味わいに至る。

写真・図版
2代目の岩根 愛さんとともにご主人のジョナサンが厨房に立つ
写真・図版

たっぷりした厚みにナイフを入れると、外はサクっ、中はふんわり。この食感が最後まで続く。そこにバターの塩気、カラメルシロップの甘みとかすかな苦み、ホイップクリームのコクが出合い、えも言われぬ味に。知っているのに知らない味わい。家庭料理をプロの逸品に昇華させるとはこういうことなのだ。
「オリジナルのレシピがあるのはもちろんですが、銅板で焼いているのも理由のひとつ。銅は熱伝導率に優れているので、外側が香ばしく焼けるのはもちろん、中がもったりしないんです。お菓子と熱伝導の関係性をなめちゃいけない」と笑うのは、2代目を継いだ岩根 愛さん。

キラー通りから少し脇道へ。グリーンが映える可愛らしい外観に臆せず飛び込めば、スイーツ紳士も童心に帰る、幸せの味が待っている。

写真・図版

<<ふわふわ卵のサンドイッチ

  つまみのようなオープントースト>>

Photograph:Keiko Ichihara

プロフィル
本庄真穂(ほんじょう・まほ)
神奈川県生まれ。編集プロダクションに勤務のち独立、フリーランスエディター・ライターとなる。女性誌、男性誌、機内誌ほかにて、ファッション、フード、アート、人物インタビュー、お悩み相談ほか、ジャンル問わず記事を執筆。記憶に残る喫茶店は、山口県・萩にあるとん平焼きを出す店名のない喫茶店。福岡県・六本松の『珈琲美美』、神奈川県・北鎌倉の『喫茶 吉野』に通う。

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ144
    レザースニーカーの新エースは、オン・オフ使える二刀流。
    おまけにイタリア生まれでコスパ最強!?

    カジュアルウェア

    2022.06.14

  2. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ145
    夏の定番スタイルをオシャレに激変させる究極の一撃!
    その必殺技アイテムの使い方を解説。

    カジュアルウェア

    2022.06.20

  3. 写真・図版

    時間を忘れる喫茶店
    [部長の名店。ひとり気ままにノスタルジックランチ]
    パーラーキムラヤ

    接待と手土産

    2022.06.17

  4. 写真・図版

    3%台の超難関テスト、出費、体力消耗……
    過酷な女子プロゴルフ界で際立つ鉄人・小祝さくら。

    週末の過ごし方

    2022.06.15

  5. 写真・図版

    俳優・塩野瑛久が魅了する、ジュエリーの真価。
    #02 フレッド

    小物

    2022.06.22

紳士の雑学