週末の過ごし方

オーブン焼きトマトのソースのリングイネ カジキのソテー添え
[長尾智子 料理の歳時記]

2018.07.04

写真・図版

食材は旬の時期にいただくのがいちばん。出盛りの食材をいかに美味しく料理するか。料理研究家の長尾智子さんに教えていただきます。

夏の食材『トマト』

夏野菜の代表格。味をつけずにそのまま食べても美味しい。
火を入れれば、旨味が増して肉や魚のソース代わりにもなる。

「オーブンで焼いたトマトは形が残り、軽くクリアな味に仕上がります。レモンも一緒に焼いてソースにします。残ったソースがおいしいので、パンを必ず添えましょう。パスタは少し太めが合います。カジキマグロは脇役ですから、少なめで十分。ほかにイワシやアジ、サバでも」

写真・図版

<レシピ> 材料(4人分)
トマト 中7~8個
レモン 1/2個
にんにく 1/2片
カジキマグロ 大きめ2切れ
オリーブ油 大さじ1+小さじ2+小さじ1
塩、こしょう 各少々
ドライタイム 少々
チリペッパー ひとつまみ
パセリのみじん切り 2本分
パスタ(リングイネ)約360グラム
好みのパン 適量

<作り方>
1. トマトソースを作る。トマトは縦に4等分し、さらに一切れを4等分くらいに切り分けてバットに入れる。レモンを5枚の薄切りにして半分に切り、トマトの上に散らす。残りのレモンは搾りかける。全体に塩とオリーブ油大さじ1、チリペッパーを振り、ドライタイムを載せて200℃のオーブンで30分焼く。

2. 大きめの鍋にたっぷりお湯を沸かし、パスタをゆではじめる。

3. カジキマグロを焼く。カジキは1切れを4等分する。フライパンにオリーブ油小さじ2、にんにくを入れて弱火にかけ、香りが立ったら、にんにくを取り出して火を強め、カジキマグロを並べ入れて塩を振る。上下を返してこんがりと焼きあげる。

4. パスタがゆで上がったら水気を切り(少しゆで汁を残す)、オリーブ油小さじ1と塩少々、ゆで汁を加えて混ぜ、器に盛り分ける。1のトマトソースをたっぷりのせてカジキを添え、パセリをふる。パンを添える。

▼トマトとモッツァレラのサラダ

▼チキンソテー 焼いたミニトマト添え

プロフィル>
長尾智子(ながお・ともこ)
フードコーディネーター。レシピのみならず、調理道具、器、食文化全体を大きくとらえた独自の世界観が、性別を問わず支持を集める。「食べ方帖」(文化出版局)など著書多数。食卓上の楽しみを通販サイト「SOUPs」にて提案。こちらは被災地支援としても活動中。
https://soup-s.stores.jp/

Photograph : Masanori Akao
Food Coorditate : Tomoko Nagao
Edit : Mika Kitamura

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    1970年代と“いま”をつなぐ、
    オニツカタイガーのスニーカー。

    2021.06.22

  3. 写真・図版

    より開かれたパブリックな建築へ。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【後編】

    週末の過ごし方

    2021.06.22

  4. 写真・図版

    こと足りてないのがこれからのぜいたく。
    気鋭建築家ふたりが語る
    新たな価値としての“別荘”とは?【前編】

    週末の過ごし方

    2021.06.16

  5. 写真・図版

    昨年登場し大ヒット!
    梅雨の季節に使いたい、
    マッキントッシュのおすすめアイテム。

    小物

    2021.06.17

紳士の雑学

調べ・見立て