接待と手土産

すべて実食! 自慢の手土産。#20
「玉英堂」の虎家喜

2019.04.08

写真・図版

縁起のよい虎模様をかぶったお菓子は、なによりも使い勝手がよい。

手土産を選ぶときは、幅広いラインアップから、贈る相手を思いながらセレクトするのが理想的だが、忙しいビジネスパーソンは、なかなかそうはいかない。ふだんからいくつか持ち駒をキープしておくのも手だ。味よし、ルックスよし、軽くて、嵩張らず、個別包装でオフィスでも配りやすく、常温保存が可能。安定感があり、どこに出しても恥ずかしくない上質感のあるもの。こんな数々の基本をクリアしたものこそラインアップにふさわしい。

そこで持ち駒のひとつにぜひ加えたいのが「玉英堂」の虎家喜(とらやき)だ。先代の店主が生まれた時に考案された虎家喜は、玉英堂の店主が3代に渡って寅年生まれだったことから、名付けられもので、中国では寅年が3代続けて生まれると子孫が繁栄すると言われる縁起のよさにもあやかっている。

「虎家喜(とらやき)」は、どら焼きに似た和菓子で、皮はふわふわと柔らかい。その皮の間からちらりと見える餡がまた旨い。粒が丸々残っているかのようなつぶ餡で、和三盆と粒の大きなザラメ糖を合わせて作った蜜でしっとり感も加わっている。使用する小豆は、高級小豆と言われる大粒で、味、香りともに豊かな北海道産の大納言。これを甘さ控えめに仕上げ、ふくよかな豆の味が感じられる絶品の餡を作り上げている。

手土産の諸条件を満たしつつ、特別感もある玉英堂の虎家喜。店舗は日本橋の1店舗のみだが、平日は21時までオープンしているので使い勝手もいい。困ったときの虎家喜とまでは言わずとも、ぜひ手土産のラインアップに加えておきたい逸品なのだ。

※一部、初掲出時と内容を変更いたしております。

写真・図版

玉英堂
東京都中央区日本橋人形町2-3-2
営業時間/月~金曜9:30~21:00・土曜9:30~20:00・日曜・祝日9:30~17:00
定休日/不定休
価格/虎家喜1個280円、10個入り3,000円(箱代込み)
問/03-3666-2625
※価格は税込み

◎おすすめの手土産を探しているなら……

Photograph:Hiroyuki Matsuzaki(INTO THE LIGHT)
Styling:Keiko Katanozaka
Edit & Text:Mayo Morino

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    ファッショントレンドスナップ106
    イタリア生まれのGジャンが人気急上昇。
    そのブレークの理由とは?

    カジュアルウェア

    2021.06.02

  2. 写真・図版

    サステイナブルなバッグコレクションの最新作。
    ロンシャンならではの職人技が光る、
    都会的でシックなコレクション。

    バッグ

    2021.06.07

  3. 写真・図版

    八ヶ岳で“避暑ワーケーション”のすすめ。
    仕事後は日本ワインと絶品イタリアン。

    週末の過ごし方

    2021.06.11

  4. 写真・図版

    心まで洗われるようなピュアホワイトがまぶしい、
    サントーニのスニーカー。

    2021.06.10

  5. 写真・図版

    革靴に匹敵するクオリティを追求!
    サイドゴアブーツタイプの
    レインシューズ「防水 誠十郎」が発売。

    2021.06.01

紳士の雑学

調べ・見立て