紳士の雑学

夏までに理想のカラダを手に入れる 第2回
男35歳、夏服を格好よく着るためにやるべきこと

2019.06.07

写真・図版

格好いい着こなしに重要なのは
胸筋、広背筋、大臀筋(だいでんきん)の3つ

「今年こそは、夏服が似合う体になってやる」。そんな思いから始まったこの企画。前回、自らの体を可視化した藤森氏だが、想像以上におなかぽっこり、お尻ぺったりで、夏服を格好よく着こなす体にはほど遠いことがわかった。

そんな見た目を変えるため、今回からは実際に『GRIT NATION(グリット ネーション)』でトレーニングを開始。代表の林 周一郎氏から「ビジネスマンならスーツの着こなしも重要。夏服を含め、洋服が似合う体を目指しましょう」と檄(げき)が飛ぶ。ちなみに、「ただ痩せたい」と思うより、「痩せてどうなりたいか」という具体的な目標があるほうが、意欲は高まりやすいという。

「モテたい、スポーツをしたい、健康になりたい。理由はそれぞれ。藤森さんは、洋服が似合う体になりたいわけですよね。僕らは、その目標をかなえるお手伝いします」と林氏。そのためには、正しい動作を繰り返すことで作られるメリハリのある筋肉が欠かせないという。

写真・図版
「GRIT NATION」代表の林 周一郎氏

「格好いい着こなしで重要なのは、上半身なら<胸筋>と<広背筋>、下半身なら<大臀筋>の発達です。特に胸筋がないと、スーツのラペル(下襟)に隙間ができてしまう。胸筋があれば隙間も空かないし、なにより立体的な角度がついてシルエットが美しくなります。また、大臀筋がなければ、パンツのお尻の部分が余って貧相にみえますよ」と、ファッションにもやけに詳しい林氏。それもそのはず、林氏の前職は大手商社のアパレル担当。今回の企画にはうってつけで心強い限りだ。

「PUMP」トレーニングで
正しいウェートトレーニングを学ぶ

写真・図版

『GRIT NATION』は、曜日ごとに異なる「動作を鍛える」トレーニングメニューを提供している。藤森氏の目標のためにオススメされたメニューは木曜日に行われる「PUMP」だ。ウェートトレーニングをベースとして、効率的かつ正しい動作のなかで同じ筋肉に連続して刺激を与えることで筋肥大を促す。正しく鍛えられた筋肉は、スーツを格好よく着こなすカラダ(姿勢)を作る。

「胸筋と広背筋を鍛えるには、プッシュとプル。つまり、押す動作と引く動作です。押す動作は胸筋を、引く動作は広背筋の筋肥大を促します」と林氏。

  • 写真・図版
    ダンベルプレス
  • 写真・図版

ダンベルを使ったプッシュ系の代表は「ダンベルプレス」。ベンチに仰向きになり、ダンベルを持ち上げ、降ろす。このとき、胸筋がしっかりと動いていることを意識すると効果的だ。一方、プル系の代表は「ワンハンドローイング」。片手と片ヒザをベンチにのせ、逆の手でダンベルをゆっくりと引き上げて降ろす。

もちろん、これ以外にもさまざまなトレーニングが存在する。『GRIT NATION』のグループトレーニングで自分の筋力や普段の運動量に合ったダンベルの重さや動きを学んだ藤森氏、「さっそくダンベルを購入して、家でもトレーニングします」と意欲的だ。

筋肉量が多い下半身を鍛えれば
基礎代謝が上がって痩せ体質に

  • 写真・図版
    スクワット
  • 写真・図版
    直後、足は子鹿のように……

上半身の次は下半身。林氏は、「下半身はプッシュ系。スクワットが効果的です。大臀筋を含め、下半身全身に筋肉がつきます。足の開き方や両足、片足で行うなど、方法もさまざま。慣れてきたらダンベルで負荷をかけてもいいでしょう。股関節を柔らかくするヒップヒンジという動作も下半身トレーニングの効果を向上させます。下半身は筋肉が大きいので、しっかりとトレーニングをすれば基礎代謝も上がり痩せやすい体質になります」と教えてくれた。これを継続すると、ぺたっとしたお尻が、立体的でセクシーに生まれ変わるという。「パンツの変なだぶつきも解消ですね」と藤森氏。

  • 写真・図版
    プッシュアップ(腕立て伏せ)
  • 写真・図版
    筋力が足りない場合はヒザをついて腕立て伏せ

スクワットは、正しいフォームさえマスターすれば、道具を使わなくてもできる。普段の生活でも、意識的に階段を利用するといいだろう。また、上半身の道具なしトレーニングなら腕立て伏せがオススメ。手をつく位置やフォームによって、大胸筋だけでなく、腕、肩など、部位別に効果的なトレーニングも可能。上級者なら、懸垂も広背筋を中心とした部位の筋肥大には効果がある。

今回、鍛えたのはいわゆる「表層筋」、目にみえるわかりやすい筋肉だ。しかし、それだけを鍛えていても夏服が似合うカラダになるのは難しい。林氏も「正しい姿勢も大事です」と語る。そして、その姿勢こそ、悩みの種であるぽっこりおなかに効くのだとか。そこで次回は、大人の男のオーラを醸し出す姿勢トレーニングに藤森氏が挑戦。乞うご期待。

<<第1回はこちら

  第3回はこちら>>

写真・図版

6/10-6/14 『KARADA Re-BOOT WEEK』
@品川インターシティ

ビジネスパーソン必見!すこやかなライフスタイルを楽しく気軽に体験してもらう一週間を品川で! 心身をリフレッシュさせる朝活・昼活・夜活プログラムの他、フィットネス体験やプロスポーツ体験、ヘルシーメニューを振る舞うキッチンカーなどが「品川インターシティ」に大集合。常設ブースでは、GRIT NATIONが提案する15分のエクササイズで、忙しいビジネスパーソンもリフレッシュ間違いなし。

期間/2019年6月10日(月)~6月14日(金)
時間/朝活CONTENTS// 8:00-8:45
   昼活CONTENTS// 12:00-13:00
   夜活CONTENTS// 18:30-19:30
   KARADA RE-BOOT MENU(常設)// 13:00-17:00
場所/品川インターシティ(東京都港区港南二丁目15番2号)アトリウム、セントラルガーデンおよびPRONTO 品川インターシティ店

https://shinagawa-reboot.com/index.html

【主催】日鉄興和不動産株式会社
【協力】住友生命保険相互会社 / 大塚製薬株式会社 / PRONTO 品川インターシティ店 / 花王株式会社
【特別協力】GRIT NATION

Text:Tukasa Sasabayashi
Photograph:Naoko Katayama

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    俳優・町田啓太と考える、装う美学。
    グレースーツを「睦月」にまとう。

    週末の過ごし方

    2023.01.17

  2. 写真・図版

    「てのしま」の寿司詰め合わせ
    すべて実食!自慢の手土産 #103

    週末の過ごし方

    2023.01.20

  3. 写真・図版

    リモートワークに便利な一着。
    ポロニットを選ぶときの条件は!?

    AERA STYLE MARKET

    2023.02.01

  4. 写真・図版

    帽子の裏歴史と意外と語られないコーディネートの基本
    ファッショントレンドスナップ171

    カジュアルウェア

    2023.01.31

  5. 写真・図版

    「メゾン ド アイビー」のジャラハニー
    すべて実食! 自慢の手土産 #104

    接待と手土産

    2023.01.27

紳士の雑学