接待と手土産

「林屋」の焼あゆ
自慢の手土産 #90

2022.06.28

林屋の店先には鮎を焼く香ばしい香りが四六時中立ち込める。熟練の職人たちがこだわりの炭を使い、遠火の強火で丁寧に焼く。火が弱いと皮がしなびてしまい、香ばしさが失われ、ふっくらしないのだそうだ。塩も価格度外視で、赤穂の焼き塩にこだわっている。塩味を加えるだけでなく、素材のうまみを引き出す力があるそうだ。

焼きたては、それはそれは香ばしくて、この上なくおいしい。そのぜいたくな「焼あゆ」をそのままの状態で、通販でも注文できるのだ。届いたときの特別感は半端ない。竹籠を開けると、美しく串が打たれ、こんがりと焼き上げられた鮎が、竹皮の上にずらりと並んでいる。それを数分間、直火で温めると、なんともいえずいい香りがしてくる。湯気が立つ鮎に箸を入れると、真っ白な身がお目見えする。塩味(えんみ)の効いた香ばしい皮と相まって最高の味わいになる。

もうひとつ、筆者のお薦めは鮎ご飯だ。土鍋に米と水、少量の酒と薄口醤油を加えて、その上に鮎をぎっしりと並べて白米同様に炊く。ふたを開けたとたん、ふんわりと鮎のよい香りが鼻を抜け、いとも簡単に料亭さながらの一品が完成するのだ。どこに出しても自慢できるのが林屋の焼あゆ。届いたときの高揚感と、食べたときの感動を多くの人と共有したい。

写真・図版

林屋 本店
栃木県那須郡那珂川町小川171-8
営業時間/9:00〜17:00
定休日/不定休
価格/焼あゆ1012尾(AG-303996円、1214尾(AG-405184円など ※価格は税込み、送料別
問/0287-96-3222
https://nasu-hayashiya.co.jp/

<<すべて実食! 自慢の手土産 #89「辰屋」の神戸ビーフ

過去の手土産の記事はこちら

Edit & Text:Yuka Kumano

1 2 Next

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館地下1階 紳士靴
    スタイリスト 佐藤 魁さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.09.16

  2. 写真・図版

    ローマの旅路動画を公開!
    アンバサダーである山下智久が、
    ブルガリ本店&工房を訪問。

    週末の過ごし方

    2022.09.12

  3. 写真・図版

    黒スーツ(ブラックスーツ)はビジネスでOK?
    着こなしのポイントやコーディネートを解説

    スーツ

    2022.09.16

  4. 写真・図版

    「ポアール・デ・ロワ」のフルーツソルベ
    自慢の手土産 #98

    接待と手土産

    2022.09.21

  5. 写真・図版

    岩井千怜、川崎春花、尾関彩美悠 新ヒロイン続々誕生の一方で、
    ベテランが抱く思い「あと何回ゴルフが……」。

    週末の過ごし方

    2022.09.26

紳士の雑学