旅と暮らし

ほの暗さに安らぎを感じる。懐深いカレーを求めて神保町へ
[喫茶店ランチを愛す]

2018.08.02

写真・図版 本庄真穂

写真・図版
ランチセットの「チキンカレー」は、サラダ、スープ、コーヒー(ブレンド、ウィンナーコーヒー、アイスコーヒーのいずれか)が付いて¥950。ランチセットはほかに「ナポリタン」¥950も。いずれも17時まで。18時までやっているケーキセットは、ケーキ+コーヒー(ブレンド、ウィンナーコーヒー、アイスコーヒーのいずれか)で¥670。夜はバーになり、生ビール(グラス¥400、ジョッキ¥600)やグラスワイン¥600などを提供。

時代の荒波にもまれ、ニッポンのビジネスマンは今日も行く。だからこそ、ひと息つける安らぎの場所は確保しておきたい。そこで、喫茶店ランチである。心と体をほぐし、英気まで養える、そんな都会のオアシスを紹介していく。

神保町でカレーを出す名店はたくさんあるが、ここラドリオで食べるカレーはほかと何が違うのかを考えてみる。味わいは驚くほどマイルド。トマトベースの滋味深いルーが、ほろほろと崩れるチキンを優しく包む。刺激的な味ではなく、家庭のそれとも違う。ただ、いつ食べても変わらずおいしい。そんな懐の深さと安心感がある。

「昨年で代替わりして、私が店長を務めることになりました。何も変えていないし、むしろ変えたくない。カレーは先々代のレシピそのままです。メニューやインテリアはもちろんのこと、特に私は“照明の暗さ”を変えたくなかったんですよね」。そう語るのは、69年続く歴史のなかで、7代目となる篠崎麻衣子さん。

写真・図版

そう、ラドリオは暗い。だが、窓があるから閉塞感がない。海の底に差し込む光を感じながら食べているような安心感。そのあたりに抜群の魅力を感じる。

さて、名物がもうふたつ。ひとつは日本で初めて出したことで有名なウィンナーコーヒー。苦さと甘さ、熱さと冷たさ。そのバランスが楽しい。もうひとつはかわら版。月に一度発行するこちらを楽しみに訪れるのは、私だけではないと思う。

神保町とカレー。奥が深く底がない、摩訶不思議なカルチャーである。

  • 写真・図版
  • 写真・図版

<<甘さを抑えた、紳士のためのフルーツサンド

  身も心もほどける最強オムライス>>

Photograph:Ryo Yonekura

プロフィル
本庄真穂(ほんじょう・まほ)
神奈川県生まれ。編集プロダクションに勤務のち独立、フリーランスエディター・ライターとなる。女性誌、男性誌、機内誌ほかにて、ファッション、フード、アート、人物インタビュー、お悩み相談ほか、ジャンル問わず記事を執筆。記憶に残る喫茶店は、山口県・萩にあるとん平焼きを出す店名のない喫茶店。福岡県・六本松の『珈琲美美』、神奈川県・北鎌倉の『喫茶 吉野』に通う。

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    すべて実食! 自慢の手土産。#3
    「呼(こ)きつね」のいなり寿司

    旅と暮らし

    2018.10.15

  2. 写真・図版

    ザ・ノース・フェイスのリュック
    自転車通勤にうれしいスペックが満載。

    旬のおすすめ

    2018.05.17

  3. 写真・図版

    馬場ふみか、がむしゃらのその先に何が見えた?
    [MUSE]

    旅と暮らし

    2018.10.16

  4. 写真・図版

    ネイビーレザーのモダンな薫り、トゥミの3WAYビジネスバッグ

    旬のおすすめ

    2018.10.18

  5. 写真・図版

    大山鶏と9種類の濃厚スープを味わう
    新感覚ラーメン[部長の名店]
    鶏ポタラーメンTHANK

    旅と暮らし

    2018.10.16

紳士の雑学

調べ・見立て