カジュアルウェア

環境問題にアイロニーで訴えかける、
ニッチ ジョーのTシャツ
【サステイナビリティーが息づく1枚。其の5】

2021.07.05

写真・図版
¥7,700/ニッチ ジョー

いまや一年中袖を通すとはいえ、やはりTシャツが主役になるのは夏である。ただ、素材やデザインなど千差万別あるなかで、何を選べばいいのか決め手を欠く諸兄のために、スタイルや色柄などタイプ別に厳選してお届け。今回のテーマは、“サステイナビリティーが息づくTシャツ”。長引く新型コロナウイルスの影響は、仕事だけでなく自身のライフスタイルを見つめ直すきっかけになったという人は多いだろう。いままで実感の伴わなかった環境への配慮や資源の有効活用もそのひとつ。自分が身に着ける衣類の原料や生産背景を知ることは、今後のモノ選びの指針となるだけでなく愛着にもつながってくる。

一風変わったブランド名は、“日常”という意味に加え、隙間産業を表す“ニッチ”と男女に共通する“ジョー”というニックネームが転じて、ニッチな人たちに着てもらいたいとの思いが込められたダブルミーニング。こちらのTシャツは、手榴弾入りのプラスチックカップが海に廃棄されたイラストと“PLASTIC BOMB(プラスチック爆弾)”の文字をフロントに配置。てらいのないストレートなメッセージは、逆張りや冷笑主義がはびこる現代においてすっと胸に入ってくる。在庫を持たず、オーダーが入った時点で工場に発注をかけるというスタイルも、生産ロスを防ぐ意味でサステイナビリティーの理にかなっている。手に入れるまで多少時間はかかるにせよ、持続可能な社会に寄与していると考えれば、待ち時間すらどこか心地いい。

問/HEMT PR 03-6721-0882

掲載した商品は税込み価格です。

Photograph: Ryohei Oizumi
Styling: Hidetoshi Nakato(TABLE ROCK.STUDIO)
Text: Tetsuya Sato

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  3. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第4回 下北沢 発酵デパートメント

    週末の過ごし方

    2022.11.22

  5. 写真・図版

    伊勢丹新宿店 メンズ館1階 メンズアクセサリー
    スタイリスト 星野聖人さん
    この人から買いたい、この一品

    特別インタビュー

    2022.11.25

紳士の雑学