接待と手土産

「天城軍鶏」の天城軍鶏セット
自慢の手土産 #91

2022.07.05

写真・図版

愛情たっぷりで育てられ、かみ締めるごとに深い味わい。

豊かな自然の中、平飼いで育てられ、飼育日数はブロイラーの3倍以上の110日から140日にもなる「天城軍鶏」は、触っただけで通常のブロイラーとの違いは歴然。一流シェフも認めるプロ愛用の鶏肉だ。自由に歩き回るので、当然筋肉が体に付く。そのため決して柔らかな肉ではないが、身が引き締まっていて、かみ締めるとうま味がじゅわっと口の中で広がるのだ。

丸どり一羽など、商品のラインアップはいくつもあるが、初めての人に贈るなら「天城軍鶏生肉メス(大、ガラなし)」が扱いやすい。もも、ムネ、ササミが2枚ずつ、個体差はあるがおよそ1kg前後の生肉が冷蔵の真空パックで届く。

この飛び切りおいしい軍鶏を存分に味わうには、シンプルな鍋料理がお薦めだ。この猛暑が続くなかで、鍋か、と思う人もいるだろうが、もちろん塩焼きでも、バーベキューでも文句のつけようがない。ただ鍋の場合は、肉はもちろん、うま味を吸った野菜がなんともおいしくて、余すところなく味わえるのだ。

引く手あまたのこの天城軍鶏を育てるのは、鶏舎のオーナーとしては3代目に当たる堀江利彰さん。元々は卵と食用のブロイラーを卸していたが、外国産などとの価格競争が激しくなるなかで、それなら反対においしい鶏を育てることにこだわろうと考え、比内地鶏、名古屋コーチン、薩摩地鶏の三大地鶏にも負けない鶏を目指したのが始まりだそう。

次ページ引く手あまたの軍鶏のおいしさの秘密

1 2 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ 166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学