週末の過ごし方

「帝国ホテル」の黒毛和牛のローストビーフ
自慢の手土産 #93

2022.07.26

写真・図版

日本を代表するホテルが誇る風格のローストビーフ

今回のテーマの”華やぎの食卓”に、この上なくマッチするギフトが「帝国ホテル」の「黒毛和牛のローストビーフ」だ。通販の進化によって、一流の名店のローストビーフを気軽に買えるようになったが、やはりほかとは一線を画す風格がある。

1893(明治26)年に、明治天皇の誕生日の午餐会で提供され、1958(昭和33)年の開店以来、日本初のブフェレストラン「インペリアルバイキング サール」の看板メニューであり続けるなど、帝国ホテルの歴史と共に歩んでいると言っても過言ではない。そんなローストビーフを家庭でも楽しんでほしいと、昨年から通販でも購入可能になったのだ。

ホテルにとっても大切なローストビーフをいかにオリジナルどおりに再現し、感動をそのまま伝えることができるか、ホテルの料理をすべて監修する杉本 雄さんが試行錯誤しながら完成させた自信作。一番にこだわったのは「肉選び」だった。「レストランやご宴席のローストビーフにはサーロインを使用していますが、お取り寄せには赤身肉ながらほどよい脂肪分のある黒毛和牛のランプ肉がベストでした」と話す。脂の入り方が均一でバラツキがないため、カットして3〜4人で取り分けても、どの部分もおいしいのだ。

次ページシェフが厳選した肉の感動の味わい

1 2 Next

買えるアエラスタイルマガジン
AERA STYLE MARKET

装いアイテム

おすすめアイテム

あなたへのおすすめ

トレンド記事

  1. 写真・図版

    日本ではあまり見かけない!?
    定番バーバリーの、マフラーの意外な巻き方とは?
    ファッショントレンドスナップ164

    カジュアルウェア

    2022.11.15

  2. 写真・図版

    トム・クルーズが引き金? ボア付きジャケットの人気が再燃!
    着こなし方のポイントを解説。
    ファッショントレンドスナップ 166

    カジュアルウェア

    2022.12.02

  3. 写真・図版

    上白石萌歌さんと巡る、横浜“昭和クラシック”紀行。
    第1回 ホテルニューグランド

    週末の過ごし方

    2022.12.01

  4. 写真・図版

    貴島明日香さんと行く、ニューノーマル時代の“一人飲み”案内。
    第5回 下北沢 胃袋にズキュン はなれ

    週末の過ごし方

    2022.11.30

  5. 写真・図版

    ジョージ ジェンセン
    [俳優・桜田 通、美しきジュエリーと。]

    小物

    2022.12.01

紳士の雑学